みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して8ヶ月半です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
3頭も出走登録です。一つでも上の着順を獲ってもらいましょう



今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



(出走予定)
02/20
阪神01R 未勝利 ダ1800
スペキアリス(19位指名)

東京05R 未勝利 芝1800

東京09R 1勝クラス フリージア賞 芝2000

阪神09R 1勝クラス つばき賞 芝1800
02/21
東京03R 新馬 ダ1600

東京04R 未勝利 芝2400

阪神05R 未勝利 芝1800



(レース前後短評)
スペキアリス(19位指名)
粘り込める力が無い中で、何とか好位に取り付いて直線に向くぐらいはしてくれている。
決め手がないからダートなのは仕方がない。今回も入着が精一杯だろう。
※先行して3角では外を上がっていくシーンもあった。0秒6差の6着に負けたにしても、まだ健闘してくれているだけマシで、仕方ないかと諦めは付く。
さすがに期間中の勝ち上がりは無理そうだが、惜しい走りを続ければ少しでもポイントを稼いでくれるかもしれない。


サンデーRが国枝厩舎に預けたキンカメの6,000万牝馬。秋にはJCで4着のカレンブーケドールを相手に調教パートナーを務めて、先輩を煽るほどの動きを見せていた。
レースでは出足が鈍いのが響いて5着。
上がり4位をマークするなど非凡な才能は見せたが、競り合いになった時に内側から交わされると脆い部分も残しており、今回も終始外を回してきそう。
メンタル面の課題を克服しないと馬券に絡む前進は見込めないのが難点。
※横山武史騎手が上がり2位タイで差してくるが、同じ脚色で伸びてきたのは親父殿と、これまた不運な4着。
勝ち馬と0秒7離されているように、今の時点で勝ち負けに絡むのは厳しそうだ。
今回は内に馬を置いて合わせるのは嫌だとばかり、に外へ外へと伸びて行って危うく外のサトノミューズ(丸田恭介騎手)にぶつかりそうになるシーンもあった。
いくら東京コースにぶつけたい足捌きだからと言っても、右回りがもっと目も当てられない可能性もあるが、阪神の外回りなどに遠征してほしいってものである。
▽うまカレドラフト 東京農大7位

堀厩舎としても鞍上が確保できなかったのか、デムーロ騎手→石橋脩騎手と追おうとするタイプの乗り替わりとなった。内枠に入ったのも運が無い。
素質は確かだが、1勝クラスを勝ち上がれる持久力が付いているかが焦点。
思い切った競馬をしないと、持ち味が出ないのが悩み。差し届かずではないか。
※まさかの淀みないペースで逃げ切り。1勝クラスを勝ち上がれるだけの持久力に進境があったと言うしかない。
強調できる勝ち時計ではないにしても、この馬としては相当タイトなレース展開を作って、粘り込んだのだから大したもの。
現時点でやれることはすべてやった感じ。幾分スタミナに勝ったタイプなので、距離は2200mとかあと少しあった方が、持ち味がより活きてきそう。


レッドジェネシス(5位指名)
長い直線の2000m以上、開催後半で先行有利ではない舞台がベターなので、レース選択は妥当。
前半4F48.6-後半4F46.8のペースを、ラスト3Fの上がり勝負で他の馬がグンと加速した際に、他を凌駕するような伸びが無かったのは不満。
成長は感じさせるが、最後にスタミナや持久力を問われる展開にならないと辛い。そこさえ叶えば1勝クラスでも勝ち負けになる。
※スタミナと持久力を問われる展開にはなったが、東京の2000mで外枠を引いた不運が大きく響いた。
レース全体35.1のところ、上がり3F=35.5。
勝ち馬と0秒5差の6着だが、川田将雅騎手が十八番の二番手を取りに行った結果である。
最後まで脚が残っていなかったので、そもそも上のクラスでどうにかと言うレベルでは無いだけの話。
強い勝ち方で未勝利卒業をしたわけではないし、このあたりの成績が妥当だったと言うこと。
つくづく東サラと相性が良くないな。

▽うまカレドラフト 東京農大1位

ヴィゴーレ
OPでも上がり最速をマークできたように、能力自体は非凡。
ようやく自己条件に矛先を向けてきたが、相手の自滅待ちで持久力がもっと欲しいし、コーナリングの加速が物足りない。
今回は直線でスピードに乗ったときに、まだ勝負の目が残っているだろうか。
※加速が鈍いのは相変わらずで、洋芝のオーバーシード開催に加えて、全体時計が思った以上に遅い決着だったのも幸いした。
クビ差でも内側から差し切って1勝クラス卒業。
相手の自滅待ちだったのは確かだが、重賞で掲示板に乗った実力は伊達ではなかった。
OPではラスト1Fが12.0秒ぐらいかかるタフなレース展開でこそ、だろう。
▽うまカレドラフト 東京農大6位

いくらフサイチパンドラの孫とは言え、ダートに狙いを絞って指名するにしても2月デビューじゃ計算が立ちにくい。
坂東牧場なので、必要以上に振り切った配合や生産をしてくる。
それがハマる時は良いけど、ミッキーアイルとかが合いそうな母馬なので、食指は動かない。
※先行したが4角で手応えがなくなり1秒8差の5着。他人の指名馬だが、坂東牧場生産馬が浮上するには、もう少し条件が揃わないと厳しいのでは?と感じさせる。
棚から牡丹餅のように、思わぬ形で定点観測出来ただけヨシとしなくては。

歩様が硬くなりやすい体質で、加速がぎこちないのがネック。前走は大外を回ったのと、もともとのスピードが不足している分も響いて、上り最速でもハナ差の4着。
いくら尾関厩舎とは言えダート変わりはまだしも、マイルに距離短縮するのは解せない。1週待てば中山の1800mとかあっただろうに。
※芝の2400mに出してきていました。大変失礼いたしました。
結果は勝ちましたが、最後はルメールの左ムチで外に居る2着馬にぶつかりに行くような、あまりクリーンさを感じさせない勝ち方。終い1F=12.1と掛かったのも減点材料。
スピードに長けていない分は向正面でポジションを押し上げて、しぶとさを活かしたレースぶりは評価したいが、不器用さは相変わらず。
小回りではない2400m以上の1勝クラスで、しばらく揉まれた方がよさそう。
▽うまカレドラフト 山梨大3位

ハムレボ
ダート戦よりは芝だし、マイルよりは2000m以上が適鞍。大竹厩舎がショック療法的な使い方をしてきた。
デビュー以降の大敗は馬場云々の前にメンタル・フィジカルともに、かなりズタボロになっていた。
千代田牧場の生産馬・他人の指名馬とは言え、気の毒な内容である。
立て直しの効果すら感じさせなかったが、今回はどうだろうか。
※今回は調教再審査の裁定が下った馬に7馬身先着もドベ3。
ドベ4とは10馬身差、芝で浮上のきっかけすら掴めず。

デビュー戦は先行して4番手のポジションを取ったが粘り切れず、最後差されて4着。馬体重が414kgまで絞れてしまい、増えて来るまで少し苦しいのは変わらないはず。
数字以上に先行馬に厳しい展開だったと考えれば、もう少しやれてもおかしくない。
※6着惨敗も、前日の1勝クラス(こぶし賞)より0秒2早い決着タイム。0秒4差なら多少見直せる余地は残した。
阪神で先行こそ出来たが、直線で外から抜かれるとガクっと気落ちしてしまった。
苦しくなって前脚がやや内に向いてしまうフォームも、大きな足枷になってしまっている。リフレイムがクイーンCで大敗する前から、オーナーのリズムもあまり良くない。
脳内であまりにも高過ぎる下駄を履かせたと反省。



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ