みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して9ヶ月半です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
1頭だけ出走登録です。
重賞除外されたので、今週もポイント加算は期待できなさそう
(*ノωノ) →  3月上旬時点の指名馬進捗はこちら



今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



(出走予定)
3/20
阪神04R 未勝利 ダ1800

阪神05R 未勝利 芝1800

中京06R 未勝利 芝2000
ミスフィガロ

中山11R GⅢ フラワーカップ 芝1800

中京11R GⅢ 中日スポーツ賞ファルコンS 芝1400
ロードマックス

阪神11R 若葉ステークス 芝2000


3/21
中京04R 未勝利 ダ1400

阪神06R 1勝クラス 芝1200

中京10R 1勝クラス フローラルウォーク賞 芝1600

中山11R GⅡ フジTV賞スプリングS 芝1800



(レース前後短評)
展開のアヤで逃げる事が叶い、3着や2着に入っているだけマシではあるが、前半5F=63秒台より遅い超スローペースと姉がGI馬とは思えない程の低空飛行中。
少頭数の今回も運良く勝ち上がるより、だらしなく2着の方が馬主孝行だったりしてね。
サンデーRの6,000万募集馬でありながら、1角に入る前に内を締められない(しかも武豊騎手の指示を頑なに拒否する)など前途多難さは半妹も含めて相変わらず。
※右前脚跛行により競争除外
▽うまカレドラフト 東京農工1位

父ディープインパクトで池添学厩舎、牝馬なのに3,500万円とキャロットの募集馬にしては食指が動かなかった1頭。
年内最後の新馬戦に使って、中団やや前のポジションを取ったまでは良かったが、貯めても全然伸びず6着。
約2ヵ月半空けて奇跡のガラリ一変となるだろうか。
※貯めても伸びないところは変わっていないが、ポジション獲りに関しては3番手の外(実質4番手)を確保して4着。
レース全体上がり3F=34.0のところ、34.2と及第点の走りはしてくれた。ガラリ一変とまでは行かず。



デビュー戦は先行して4番手のポジションを取ったが粘り切れず、最後差されて4着。
前走も6着惨敗だったが、前日の1勝クラス(こぶし賞)より0秒2早い決着タイム。
それで0秒4差なら多少見直せる余地は残している。相手、展開、全部味方すればのハナシ。
直線で外から抜かれるとガクっと気落ちしてしまうのがネック。左回りでそこらへんもカバーできるだろうか。期待よりは諦めが多い。
※スタート直後に隣り(1枠1番)の馬とぶつかる。それが無くてもダメだったはずにしても、412kgと小さい馬体にしてはショックが少なかったのは奇跡的ではあった。
レースでは全く良いところが無く1秒5も離されれて10着。大作ステーブルなんだし、POG期間中の過剰な期待をしてはいけないだけの話だった。

ミスフィガロ
前走が2着で、距離を200m延長してきた。未勝利卒業の目処は立っており機は熟した感もあるが、右側から追い抜かれると脆いのがネック。
上がりも堅実に出せる割には差し届かずで惜敗が続いており、時計が出やすい阪神よりも幾分時計が掛かる中京が、条件としてもマシだろうか。
一戦ごとにレース内容は良くなっており、今回も勝ち負けに持ち込めそう。
※右側から追い抜かれることはなかったが、上り最速タイとは言え全馬同じような脚色になり、差し届かずの5着。
差して再先着したように実力は出し切ってくれたが、前残りの展開で逃げ切られた勝ち馬と0秒8差と、差し馬には不利な流れだったのも運が無かった。
フットワークが小さくチグハグなのもあって、そもそも上がり勝負で相当不利なのは痛い。
▽うまカレドラフト 早稲田4位

前半急がせないことが絶対条件なので距離が延長したのはプラスに考えたいが、肝心の精神面がストレスフルで、周囲に馬が居るだけでピリピリすると良さが全く出ないのが難点。
ゲート入りを嫌っていたことよりも酷い気性面の課題をクリアし、じっくり脚を貯められる展開なら重賞獲りも現実味を帯びてくる。
端的に言えば「桜花賞向きではない」と割り切れるかどうか。それが出来る黒岩厩舎とは思えないが・・・。
※前半5F=61.8で、上がり4F=47.4と比較的後傾ラップでこの馬にとっては向きそうな流れではあった。
ただ、この低レベルな勝ち時計・馬場コンディションに歯が立たず、外を捲って行こうとするも早々に脚が並んでしまって10着惨敗。
条件が一変すればまた違いそうだけど、やはりAmerican Pharoah産駒の芝重賞としてはこんなものだろうか。

▽うまカレドラフト 同志社2位

2歳王者が始動。1億2,000万円の募集馬、しかも2歳王者のFrankel産駒をファルコンステークスに使うとは、随分酷い扱いなもんだ(苦笑)
ここは叩き台なので、結果が全然ダメでも何も問題なし。
むしろショック療法で良くなる実績があるタイプだけに、馬券に絡ませない可能性すら大いにある。
まずは流れにしっかり乗れるか、ガス抜きがしっかり行えるのかを確認したい。
※前半3F=33.7、4F=45.1。さらに5F=56.2、6F=67.7。
この時期としてはタフな馬場、タフな流れを2番手追走。アタマ差で惜敗したが少しでも馬場の良いところを選んで、最後は脚色が鈍っての2着。
勝ったルークズネクストも、この馬としても持っている力は出してくれたが、終いの1F=12.4と持久力に課題を残す内容となった。本番では差し馬に屈する可能性が高い。
▽うまカレドラフト 近畿3位

モントライゼ
むしろトライアル番長はこちらだろうから、先行逃げきりを狙って結果を出せるかどうかに注目。
差しが極端に利く馬場だとお手上げだが、春の中京芝ならなかなか滅多に差し馬場にならないので、ここは重賞2勝目のチャンス。
※せっかくのチャンスだったが、出負けして十八番の4角先頭が叶わず3着。負け方がしょぼいのは悲しいが、あのペースで運ばれては白旗も致し方なし。
本番ではオーバーペース覚悟で奇跡の逃げ切りを果たそうとするも、これではオーバーペースでスタミナ切れになってしまうんじゃないだろうか。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)2位

ロードマックス
こちらも昨秋にトライアルで好走した実績があり、超高速馬場よりはタフ馬場が理想的。
本来はスピード不足なので1400mだと割引く必要すらあるのだが、改めて見直せる余地はある。
ただしこの馬は早熟で、3歳以降全く見せ場無しの可能性も一考。
※中団から伸びず9着。持ち時計を縮めるのが精一杯。

少頭数で楽な手応えのまま先行出来れば、重賞馬相手でも良い勝負ができる素質は確か。
GIでは5着だったが、馬体が小さい割には良く差を詰めていて、着差以上の健闘だったし内容も濃かった。
前半無理しない理想的なレースプランを、この春も崩さず行けるかが焦点となる。相手と展開次第ではあるが、トライアルで勝ち負けも十分に考えられる。
※レースプランを崩さず、ロングスパート合戦にも何とか踏ん張って2着。皐月賞の権利取りには成功したが、勝ったアドマイヤハダルには完敗。
POGとしては決して悪くない活躍ではあるが、このあたりの歯がゆいポジションを維持するだけではないだろうか。
▽うまカレドラフト 京大2位
セレクトセールで1.4億付いたトーセンさん&池江泰寿厩舎の評価馬も、ダートで芽が出ないまま。
3番手・4番手を確保して先行することが出来ても、持久力を求められる展開で歯が立たず。前走は
稍重で直線10.2%(4角11.2%)の含水率だった馬場では、踏ん張りが効く訳もなく8着。
それでも勝ち馬と0秒8差で収められたのはせめてもの救い。
今回も恨みの雨であるはずだが、案外含水率の高いダートで確変してしまうのかも。
※快勝したが、7F戦ではなく実質6F戦の内容。
左前脚が外に大きく向くフォームで、水の浮く不良馬場では無いと厳しいのかもしれない。
▽うまカレドラフト 横浜国立4位

ヴェルナー
長期休養明けで立て直した効果がどれほどなのかにもよるが、まともにレースをすれば勝ち負けできる素質は持っている。
含水率の高い脚抜きの良いダートなら、スピードを生かしたレースが出来る可能性も高い。思いのほかダートがあっているのかもしれない。
ゲートの出が悪い癖が出てしまったたりと、脆さも同居していた2歳時から成長した跡を見せてほしいところ。
※ダート自体はこなしていたし、水の浮くような不良馬場で追い上げて2着と及第点以上の走りは見せた。前が飛ばしてくれた方が良いのかもしれないが、済し崩し的に脚を使わされてしまった。
決め手を活かすためには前に行く方が良いので、短い距離もこなせるがもう少し距離が長い方が良さそう。
▽うまカレドラフト 大阪市立2位

気性難の馬を阪神1200mに遠征させる暴挙。期間内に勝ちたい気持ちは解るが、スローペースで引っ掛かったらどうするつもりなんだろうか。
前走だって超スローの、リステッドの意義を疑うようなレース内容。
たまらずに行く気に任せて道中から進出したが、結局先に抜け出した勝ち馬を捕まえられず2着と酷い負け方だった。
ドサ周りしに来て確実に仕留められない、格好悪いシーズン。これで負けるようならノーザンファームもサンデーRも、この馬に対しては匙を投げるしかなかったと判断したい。
昨年の丸ごとPOGに掲載された際は、早来の木村浩崇厩舎でグラビア付き2番目掲載。
ファーストフレーズが「この馬も素晴らしいですよ、とにかく見栄えが抜群」と、この時点でアカンと思ったがそれは正しかったと言うことになるだろうか。
ちなみに1番目は個人馬主のこの馬で、3番目はシルクのこの馬
※阪神大賞典のアリストテレス(菊花賞2着馬)に騎乗するため、ルメール騎手が阪神に居たのも遠征した一因だが重馬場で3着。前残りを捕まえに行くも届かずで、レース全体上がり3F=35.8のところ、35.9と内容も薄い敗戦だった。
気難しいところは随分マシだったが、雨が降ってしまうと持ち味は出るわけがない。こんなものだろう。

▽うまカレドラフト 明治1位

距離が短くても何とか対応できるスピードがある分、マイルに距離延長する自体はプラス。
勝負所で外と前が壁になったり、外に逸走したりと運の無さが目立つが、前走は残り1ハロンで他がバテて居るなかでも、何とか踏ん張ったのは立派。
先週出走予定が除外となり、中4週の間隔を空けたこと。それから降雨がこの馬にとって吉と出るか凶と出るか。
※小雨降る不良馬場で436kgと小さい馬体には明らかに不利。ブービー負けも仕方ないが、完全に凶と出た。
▽うまカレドラフト 北大7位

昨秋以降の成長力を見せてOPクラス入り。淀みないペースで逃げ切ることも差すこともでき、雨で時計が掛かる馬場になるのも決してマイナスにはならないかも。
強調できる勝ち時計ではないにしても、この馬としては相当タイトなレース展開を作って1勝クラスを勝ち上がったワケだが、その反動が無いか気掛かり。
本質はスローの2000m以上が合っているし、今回は1800mなのは割引材料。周囲が勝手に自滅してくれるなら、前走の再現が重賞でも叶う下地はある。
※最後方からジリジリと伸びたが13着が精一杯。濃い内容のレースをしてこなかったツケが一気に来た感じもする。

ヴィゴーレ
馬場が悪くてもハイペースでも懸命に走れる上、OPでも上がり最速をマークできたように能力自体は非凡。
全体時計が思った以上に遅い決着になれば、の条件付きだが善戦以上にやれる余地はある。
雨もプラスに働く可能性もあるが、実は雨だと全くダメな可能性も残している。
瞬発力勝負では分が悪いのは確かなので、タフなレース展開になって周りが自滅してこそ。さすがに本番では通用しないので、勝てないにしても2着や3着でトライアルの権利取りに集中だろう。
※周囲よりも先に自滅したのはこの馬で、重馬場には全く合わない様子の最下位。
▽うまカレドラフト 東京農大6位


スプリングステークスは池添学厩舎のヴィクティファルスが勝利。
手塚貴久厩舎の悪魔のイタズラ・・・じゃなかった、アサマノイタズラが2着で、
木村哲也厩舎のボーデンが3着。

時計の評価は一旦横に置いておくが、良馬場で行われてもそこそこ走れる下地があっての結果なので、弥生賞組よりも若葉ステークスやこちらが上位と考えても良いだけの内容だった。
ダノンザキッドは包囲網を突破するのに相当苦しくなったはず。

それにしても池添学厩舎が重賞で2連続馬券になるのは恐れ入った。
前の該当ケースはそれこそボンセルヴィーソまで遡るので、これはNorthern Dancerのクロス、トニービンの血が入っている以外に、何か共通点を探した方が良さそう。
それこそ「イ」が入っているとか。



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ