みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して10ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
1頭出走登録ですが、あとは消化試合です
ヽ(#`Д´)ノ →  3月上旬時点の指名馬進捗はこちら

今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



(出走予定)
4/3
中山05R 未勝利 芝2000

阪神05R 1勝クラス ダ1800

4/4
中山05R 未勝利 芝2200
チャックネイト


(レース前後短評)
昨夏にデビューした時は、未勝利卒業までそれほど時間も掛からないと思わせるほどの走りをしていたが、9ケ月ぶりの出走と伸びに伸びた。
歩様が悪くなりやすく再放牧に出されたとは言っても、堀センセイが「全身が硬めで右トモをかばう様子がある」とジャッジ。ハーツクライよりもファルブラヴの悪い方が前面に出た感じ。
※長い休養期間を感じさせない走りを見せ、先行抜け出しで快勝。
前半から極端にペースアップさせる馬が居なかったのも功を奏したし、レース全体の上がり3F=36.0の中でラスト1Fで11.8をマークできたように、レースの内容は決して悪くなかった。
抜きんでた決め手がない代わりに最後までジリジリと伸びるので、2000mよりも長い距離が向いているように思える。1勝クラス卒業を焦らない方が、将来性も拡がってきそう。

▽うまカレドラフト 青山学院1位

ハムレボ
千代田牧場の生産馬・他人の指名馬とは言え、気の毒な内容である。大竹厩舎としても策は尽くした感がある。
デビュー以降の大敗は馬場云々の前にメンタル・フィジカルともに、かなりズタボロになっていた。
立て直しの効果すら感じさせなかったが、今回はどうだろうか。
※逃げて10着。逃げ馬としてのレースぶりは板についてきただけに、終いの粘りが欲しい。それでもこれだけ走れていれば、負けたなりにもまだ長い目で見られる。

現状ではベターなダートに戻してきた。フットワークは芝向きなので、前走芝を試したくなったのはまだしも、スピードが足りないのにマイルへ再挑戦するのは不可解で9着惨敗。
高橋亮厩舎としてはたたき台として使ったのか、適性を勘違いして使ったのかが明らかになる。ダートで見違えるように快走出来るなら度外視出来るが、後者なら指名したい馬の預託先としてリストに入れないで良い。
※今回は2着惜敗だが、後方から追い込んで0秒6差と前に追いつけなかったのは不満。
週明けのコメントは「前回は出しに行ったが、今回は無理せず前半ゆっくりさせた。この方が良いのかも」と菱田騎手。
賞金をわずかでも多く稼ぎたいのは理解できるが、適性判定がブレる。これでは後者だな。

半兄のハートレー以外の兄弟が燻ぶっている血統で、国枝センセイが昨年春(取材)の段階で「滑らかでバランスの良い馬体」「性格も良い」と言っていたが、デビュー戦では案外の結果。手を出してはいけない血統だったのかもしれない。
東京よりは中山でこそだろうし、向こう正面から捲って前走は2着。時計は満足できなかったので2200mを選択したのは理解できるしまだマシ。
とは言え、混合戦に使うしかなかったのは悪い予感しかしない。今回は掲示板に入れれば御の字。
※脚を貯めたが切れずに8着。レース全体の上がり3F=35.1のところ、自身が35.2と強調材料が出てこない。現状ではこんなものだろう。
▽うまカレドラフト 日大4位

チャックネイト
7,992万円 (2019年 セレクトセール)の金子馬で堀厩舎。デビュー戦は馬場の悪い内側を通って最後までしぶとく追い上げて3着同着迄持ち込み、前走は2着と健闘。
2200mなのはベターでも、トリッキーなコースなのにコーナリングで加速出来ない弱さも前面に出てしまった。
最後の直線でどうにか追い上げたのは本当に頑張っているが、ラスト1F=12.5では相手の自滅待ち。
今回も馬券圏内に絡んでお茶を濁せるか。
※1番人気ながら3着でお茶を濁してきた。レース全体の上がり3F=35.1のところ、自身が35.3と結果として済し崩し的に脚を使わされ、外を回されたところに現状の限界がある。
今回はラスト1Fが11.6と粘れたので、2200m以上のレースに限定すれば夏場以降の成長は楽しみ。POG向きではないが、実に堀厩舎らしい使い方。




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ