みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して10ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
1頭も出走登録です。
僅かな望みは叶うのか、それとも今期終戦となるのか
( ´艸`) →  3月上旬時点の指名馬進捗はこちら



今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



(出走予定)
4/10
阪神03R 未勝利 芝2000

中山05R 未勝利 芝2000

新潟06R 未勝利 ダ1800

中山11R GⅡ ニュージーランドT 芝1600

4/11
中山03R 未勝利 ダ1800

阪神06R 1勝クラス ダ1400

阪神09R OP 忘れな草賞 芝2000
ステラリア(20位指名)
ビッグリボン

阪神11R GⅠ 桜花賞 芝1600

(レース前後短評)
吉村厩舎にしては全く良いところなく、前々走12着→前走も中団から伸びなかったが、周りが重馬場の消耗戦でバテてくれたのも幸いして6着。
しかし、勝ち馬からは1秒5以上も離されており、あくまでもどんぐりの背比べだったらポイントが入るかもと言う状況。芝の未勝利であることを差し引いても決め手が弱すぎるため、さすがにそれを望むのは酷な状況。
※後方伸びず13着。雨でも降ってくれないと苦しいよね。
▽うまカレドラフト 同志社4位

ヴァジュランダ
3戦続けて3着をしたこともあり大崩れしない堅実性はあるが、前半・中盤の流れがかなり落ち着いてくれないと、持久力の無さが響いてしまう面がある。
前走も前半5F=61.2で先行して粘り、走破タイムを詰めることも出来たが、バテるのも早まっている。上がりタイムを求められる展開に置いて行かれる。
※今回は前半5F=61.4で逃げてキッチリ粘ったが、最後はフォームもバラバラになって前脚は完全に外を向くほどバテた。
岩田康誠騎手が根性で追い、ハナ差2着にしたのは収穫。終い1F=12.0と、時計が出やすい馬場を考えれば、現状ではベストだが内容にもう少し濃度が欲しい。

国枝センセイもキンカメ牝馬だとお手上げなのか、5着→4着と伸び悩み。前走は上がり2位タイで差してくるが、前に居る馬が同じように伸びていて不運な4着。
勝ち馬と0秒7離されていたように、相手がかなり自滅してくれないと厳しい状況。
左回りでは内に馬を置いて合わせるのは嫌なようで、メンタル面の強化がやはり課題になる。右回りでこのあたりが改善するのであれば、大外から目の覚めるような走りがあっても驚けないが・・・。
※前半5F=61.6と中山の時計も標準程度に落ち着いてきた。直線で右に馬を置きたいC.ルメール騎手は外を回すが、大外からプレッシャーを受けてしまう。
結果としてマイネル二騎の間に突っ込ませる技ありの進路取りで、やる気が入ったガンダルフが抜け出して快勝。
最後は外からプレッシャーをかけられた反動で、内側へ逃走しかける悪い癖も出した
しばらくは右回りで行くしかなさそう。
▽うまカレドラフト 東京農大7位

前走はダートで6着。今回も掲示板を目指すんじゃないだろうか。
一度使ったことで持久力も付いてくれるなら良いが、スタートは悪くないにしても距離が短くなるのがネック。
コーナー半径がキツくなる新潟で、最内をロスなく回れるなら更なる前進がありそう。
※後方から差して6着。レース全体の上がり3F=39.7のところ39.3と及第点以上の走りはしたが、1秒0差は致し方ないか。

オルフェーヴル×クロフネ。堀厩舎が2月中旬まで引っ張り、距離が短めの1400m戦ではあったが無理せず後方待機が功を奏して、34.9-12.3-34.6の後傾ラップを差し切り勝ち。
終いも11.2と文句ない内容で最後までまっすぐ伸びていた。
前半ゆっくり入れるのが理想なので、いきなり重賞でペースが上がるのだけがネック。ただ、素質はかなりのもので、飛ばして逃げる馬が居なければここだけはメイチの可能性もある。
ペース次第ではあるものの末脚炸裂で重賞勝ちまでありそう。まずは馬券に絡めば御の字ではなかろうか。
※ペースが特別早い訳ではなかったが、4角で手応えが無くなってしまった。
仕上がり具合が全然良くないのに、出走させたのは堀厩舎の基本方針に反するので、おそらくオーナーサイドの要望と考えられる。
最下位に沈むほどの馬ではなかったはずと思わせる内容だった。このレースは度外視して、次戦以降仕切り直しで本来の良い走りを見せてもらいたい。


ドゥラモンド
サトノブラーヴも指名している後輩がこちらも指名。
降雨の影響が軽微な中山で、改めて見直せる余地はある。
朝日杯FSでも、息の入らない展開で7着に入れたように素質は重賞でもヒケは取らない。
現状は高速決着のマイル戦がベターなので、時計が出にくい(芝丈が長いなど)条件が揃ったらアウト。朝の芝レースが馬券選択の取捨選択に響きそう。
※スタートがさほど良くなくて、すぐに内を突いてコーナーワークも利用してポジションを押し上げることになった。
結果これがバテるのを早めてしまい、4角では手応えが無くなり直線で無理をさせず11着。
使わなければならない事情はあれど、素質の高さが開花できない程調整が難航している。
早熟で燃え尽きたと捉えたくなるが、前半3ハロン目が11.3と序盤からキツめの流れが続いてしまうと合わない印象。
ドゥラモンドとしては不運も重なった大敗ではあるものの、レベルが高い相手にマイルだと持久力を済し崩し的に使い果たすリスクが存在することを証明した一戦だった。

▽うまカレドラフト 立命館1位

2月デビュー以降ダートで連続掲示板は確保しているが、フサイチパンドラの孫とは言え、貯めても伸びないのでこの時期ではかなり厳しい。
今回も掲示板が確保出来れば御の字。粘り強く先行してポイントをチマチマ加算していくしかないだろう。例えごっつぁんな展開であっても、少しでも際どい着差まで詰められるだろうか。
※今回はスタートがあまり良くなく、含水率の低いダートでは全然進んで行かない時点で勝負あった。道中強引にポジションを上げた結果、直線でバテて9着。
あまり強くない相手であっても、乾いたダートの適性に差があり過ぎた。

半兄と同じく斎藤崇史厩舎に所属する、ラウダシオンの半弟。
前走は稍重に近い重馬場のダートをこなせる下地があったにしても、とてつもないスピードを見せて快勝。
母馬の素質をまざまざと見せつける内容だった。
直線ではかなり遊んでいたがそこからもよく粘っていた。逃げれば強い。
1,400mダートもこなせる可能性も残しているため、200m延長はまだ納得できる。ここの内容次第では、秋はダート重賞やGIが見えてくる。
※良馬場なのに前半3F=34.2のペースで逃げてしまい、最後はスタミナのお釣りが無くなってしまい3着。
かなり力んで走るのでまだリラックスして逃げることが出来ず、現状では典型的なダート1200m専門でしかない。
パサパサのダートではスタミナの消費が早くなるので、含水率の高いダートがベター。今後1400m適性を見出すには雨が降った時まで、夢のまた夢となりそう。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)3位

ステラリア(20位指名)
距離を伸ばして決め手が全て活きれば・・・の話だが、マイルよりは1800m以上で活路を見出せそうな走りはしてきた。
但し、2:00.0を切るような勝ちタイムが見込まれるので、持久力を問われる展開に持ち込まれた時の一抹の不安はある。
逃げないとどうしようもない馬では無い分、最後に交わして終いをまとめるならオークス好走も視野に入る。
※腰を抜かした。59.3-58.7の後傾ラップなのに差しきって、1:58.0で快勝。
今の阪神はかなり時計が出やすいし、毎日杯のタイムを考えればこのタイムに1.5秒以上は加算するのが正当なんだろうけど、それにしても良いタイムである。

スタートして気性面をなだめるのに苦労したのは意外だったが、遠征で減った体重が戻って気力もみなぎっていた模様。
オークスは出られるからこそ、馬体は減らさないのが絶対条件。終いの1F=12.1だったのは不満だが、2400mに伸びれば社台RHの牝馬一番手評価は、やはりこの馬だろう。


ビッグリボン
素質は確かだが、持ちタイムを4秒詰めなくてはいけない苦しい立場。強力な同型が居るので、逃げに拘らずに差しや追い込みに回る可能性も一考。
ようやく全兄(キセキ)と同じ川田将雅騎手が手綱を握ることになったが、今の時点でのジャッジを下す理由がありそう。
※スタートから無理をさせず差しに回す。3着に粘ったのは前半に無理をしなかったのも功を奏した。持ちタイムをかなり詰めたように、高速馬場の野芝がベストマッチ。
上がり3位タイをマークできたのも現状としては実力+成長分以上に良く頑張ったと言える。
全兄と違って雨はやはりダメなんだろう。

▽うまカレドラフト 京大3位

左回りが向かなかった可能性はあるが、かなりレベルの高いクイーンCで2着と素質の高さを見せつけた。
前半急がせると良くないタイプなので、本番でトップマイラーを証明するのは正直苦しい。掲示板なら御の字、すべてが噛み合えば馬券に絡むかもと言う位置。
※ストゥーティの逃げ+メイケイエールの噴射で超ハイペース。これではさすがに苦しいが、終盤良く追い上げてきて5着は立派。
4着と5着が離れてしまったのは致し方無いので、減った体重を元に戻して&輸送をこなしてのオークス一本勝負だろう。
少なくともNHKマイルCへ行かせる馬では無いと思っている。


ククナ
野芝もこなせるが、基本は洋芝向きのパワータイプ。
春のクラシックは苦戦しそうだが、クイーンC3着だったようにすべてが噛み合えば、馬券に絡む可能性はある。
トライアルで全力→GIで垂れるがパターン化しつつあるので、殻を破れるだろうか。
※レコード決着の中0秒7差(5着と同タイム)の6着なら大健闘。最後方に構えたのが功を奏したが、GIではこの辺りが精一杯と言う感じ。
能力の上限はあるにしても上がり33.2もマークしていて通算で3300ポイントも稼いでいるんだし、指名して良いレベル。


サトノレイナス
持ちタイムの不安があるが、JF2着と実績は申し分ない。
ここ最近はJF2着馬は3歳春に極端にタレることが少ないが、その勢いに乗れるか。
逆転の可能性も十分だがマイラー色が強いので、オークスよりもここ一本に狙いを定めてきているのではないだろうか。
※一番伸びるところを通って上り最速32.9とバケモノ級の走りはしてくれたが、クビ差の惜敗。
持ちタイムの不安を吹き飛ばす走りで、胸を張って良い。
オークスはもちろんだが、これならばNHKマイルCに行っても十分に勝ち負けの内容。枠と4角出口のスムーズさを欠いた点も響いたが、ソダシが信じられない程のバケモノだったし、後ろから行く馬の宿命に泣いただけ。



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ