POGクリニック ~ヒトでPOGを戦う競馬ブログ~

仲間内のPOGで何年かに一回優勝している管理人が「騎手から競馬を予想する」切り口を応用し、厩舎や馬主のデータで「人物からPOGの戦略」を行ってみます。備忘録として内輪向けPOGに関する処方箋を出してもらうクリニックのようなブログ、次の方どうぞ~♪

騎手から競馬を予想するキシュランガイドの管理人は、仲間内のPOGで何年かに一回優勝しています。
備忘録としてPOGに関する処方箋?を出してもらうクリニックを頼ってみます。
【これまでの主な指名馬】
(GI馬)ダイワスカーレット・アヴェンチュラ・ディープブリランテ・オルフェーヴル・ジョワドヴィーヴル・イスラボニータ・ヴィブロス・ワグネリアン・レシステンシア・デアリングタクト
(重賞勝ち馬)フィーユドゥレーヴ・マイネイサベル・ザラストロ・ファンディーナ・ロックディスタウン・ミヤマザクラ・リアアメリア・ステラヴェローチェ
(GI好走)カレンブーケドール

みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して4ヶ月半です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
1頭も出走登録です。
立て直した効果がちゃんと出るでしょうか

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 


【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!



(出走予定)
10/16
阪神01R 未勝利 ダ1800
東京03R 新馬 芝1600

阪神03R 未勝利 芝2000

東京05R 新馬 芝1800

10/17
阪神03R 未勝利 芝1800

東京04R 新馬 ダ1300

新潟05R 新馬 芝1200

阪神05R 新馬 芝1600
(レース前後短評)
松永幹夫厩舎でライオンレースホース2,600万募集馬、募集価格はかなり強気。ダートに矛先を向けてから2戦連続4着。勝ち馬とはさすがに差があるが、内容は徐々に伴ってきている。
ムラっ毛があって加速も重心が沈まない点はネックだけど、前走では良く追い上げて3角と4角では大外を捲って行く気持ちの強さを見せていた。最後まで実にしぶとかった。
脚の使い方ひとつで馬券圏内も考えられる。体力強化と距離延長が実を結ぶだろうか。
※スタート直後に外へ突進しかけたが、すぐに前を向いて持ち直すとスピードの違いでハナへ。
相手に恵まれたのは事実だし、主導権を握って最初の400m~600mでは1F=13.4とすぐに息が入ったのも功を奏した。
それにしても良馬場で簡単に抜け出せたし、最後まで余裕たっぷりに逃げ切って快勝したのはフロックでは無いはず。
もう少しきつい流れで同じようなしぶとさが出せるかが課題だが、今回はスピードの違いで逃げただけで合って、JRAの競馬場でダート1800m=1分52秒台前半を求められても、好位で足を貯めれば決して無理難題でもなさそう。初戦の内容を考えれば、目下成長著しい。

国枝厩舎のキンカメ牝馬、2020年セレクトセールで1億8,700万円と高額落札。
ルメール騎手が調教に跨って「良い馬」と言い、国枝センセイも「楽しみでしょうがない」なんて言うのは珍しいけど、麻布商事(三木オーナー)だからなぁ。
何が良いのか具体的に言わないあたりはリップサービスだと思うよ。本当にバケモノなのかどうかはゲートが開けば解るはず。
暫定版や虎の巻を作って居た時点では、2月3日生まれ+20-21シーズンでGI2着だったのがプラスにならなかった。仮に大惨敗しても育成手腕はもとより厩舎マッチングの問題と片づけられる。
※新馬戦特有のゆったりとしたペースも幸いし、相手関係も楽だったのは事実。それにしても余裕たっぷりに残り400mでルメール騎手が追って、抜け出し快勝。
上がり3F=11.6-11.5-11.4と貯めてこれだけ出せたのは及第点以上。次走以降は締まったペースにも付いて行けるなら、軽視禁物となりそう。デビューの時点では確かに「良い馬」だった。


半姉はGI馬で全兄も重賞を勝ったが、ハーツクライ産駒だと母の軽いスピードが活かされてこないのが課題。
加えてバローズさんは、何故かGI馬の兄弟が鳴かず飛ばず。果たしてこのジンクスをぶち破れるかは今回の内容次第。
デビュー戦は出遅れながら良く追い上げるも、決め手の差で3着。勝ちに行く乗り方をしたが、コーナリングの加速がまだ弱いのがネック。
一度使われたことで早め先行・持久力勝負に強いところが出れば展望は開けるが・・・
※前後半が62.0-60.0と言う流れ。前走から2.5秒早い前半に脚を貯めて、残り1000mからはポジションを押し上げたがでロングスパートでスタミナを削がれてしまって、直線ではバテバテの3着。
持久力が足りておらず、先行してスタミナが削がれてしまうなど課題山積。やはりバローズさんの法則通り、ジンクス再適用になってしまったと考えて良さそう。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)1位

フェニックスループ(9位指名)
デビュー戦は6着だったが遠征した影響もあって、馬体重が446kgと細かった。中団から脚を貯めるまではスムーズなレースぶりで、末脚の決め手較べで劣っていたのが敗因。
フォームのぎこちなさが見られた6月頃は栗東坂路でラスト1Fだけ12秒台計測→ラスト2Fとも12秒台計測するようになった。トータルのタイムは変わっていないにしても内容が違ってきている。
まずは掲示板確保、相手の自滅待ちとは言え、最後の最後で追い込んで着順を上げられるか注目。
※馬体重は+12kgとなってくれたが、道中の前半5F=62.0に付いて行けず離れた最後方待機。
上がり最速の35.8では追い込んでくれたが、他がバテてくれたのに4着と内容はまだまだ。
一度使われた上積みは確かにあったが、まだ成長途上。距離延長もマイナスでは無いにしても決め手の弱さが直近の課題。年内は決め手を磨けるように成長を待つしかなさそう。

▽うまカレドラフト 近畿4位

シルクのエピファネイア産駒で、3,500万募集馬。牡馬としては決して高くないし期待されているのか?とも思ってしまう。美浦の宮田厩舎に入厩で人気していたようである。
調教動画を観ていると美浦の坂路ではストライドが伸びず、ディープインパクトっぽさは薄い。首も全身も上手く使えておらず、ルメール騎手を確保した割には中身がまだ出来上がっていない印象。
直線の平坦な部分では全然違った走りをしてくれることと、相手が自滅してくれたら馬券に絡む可能性はあるが、他がまともなら掲示板確保がやっとだろう。
※スタートダッシュが効かずに中団より後ろのポジション。ジッと我慢が出来ていたし、走破時計が遅いのも幸いした。
直線も最後まで希望の持てるステッキタイミングだったし、調教以上にレースで健闘して2着。
道中のペースが早くなる次走でも同じぐらいの内容は出してもらいたいし、その上で相手が自滅してくれれば未勝利卒業もすぐそこ。
一瞬の加速力だけはまだ成長途上で強みにならないので、1800mよりは2000mがベター。時計を詰められるように成長できるかに注目。
▽うまカレドラフト 同志社3位

サンセットクラウド
調教動画を観る限りは右へ左へふらつきながら栗東坂路を登っている。首が低く1800mよりも2000m以上がベターだし、時計勝負には今すぐ対応できる体制ではなさそう。
もともと矢作厩舎の好走命名法則から外れていて評価を下げたので、デビュー戦でマークされたらどんな走りを見せてくれるのかは楽しみ。まったくお話にならない内容かもしれないと一考。
夕焼け雲ってのは確かに綺麗だけど、商売ではなかなか名付けにくいよね。
※デビュー戦5着で、レース全体の上がり3F=34.2のところ、この馬自身が34.5。差し馬として初戦の内容は及第点に届かず。次走以降一度使われた上積みで克服してくるだろうか。
▽うまカレドラフト 宇都宮1位

重賞勝ちした半兄のクラージュゲリエと同じく5,000万円と相当強気な値段設定。
兄に比べてが西村厩舎が相当順調に函館に下ろせた点は評価できたが、エクラノーブルの作ったペースに完敗。
この馬に関してはエクラノーブル以外の2着馬以降に食い下がり、最後は良く追い上げて4着と健闘。決め手を活かすのかポジションを取りに行くのかが中途半端だったので、距離を延長して作戦を徹底できるかがカギ。
全兄・プロフェットと重苦しさは似ているが、相手なりに好走すれば馬券圏内はあり得る。
※スタートの出が悪かったのが全て。中団で足を貯めるが3角から外へ外へ張ろうとしており、4角出口では外へ流れてしまった。
稍重でレース全体の上がり3F=36.4のところ、自身が37.0で7着と歯が立っていなかった。
現状後ろから行く作戦はミスでしかなく、馬の後ろにつけることで嫌気が差してしまったのも戴けない。

▽うまカレドラフト 川崎医科5位

北海道トレーニングセールで3,300万円で落札。ダートで手堅く稼ぐ後輩が、母であるカシマフラワーのエーデルワイス賞勝ちを評価して指名した模様。
小手川厩舎がどんな風に管理していくのか、お手並み拝見と行きましょう。
※外枠ながらスタートはまずまず。少し行きたがって前に付けられたまでは良かったが、山田敬士騎手が賢明に制御して、どうにか内の馬へぶつかるのを回避するシーンがあった。
首の使い方が集中力を欠いており、差し馬に外から交わされて一気にやる気も削がれてしまった。勝ち馬と2秒0も離され8着だったが、見直せる余地はある。


美浦・稲垣厩舎のスクリーンヒーロー牝馬。キャロットが3,000万円で募集しており、母母がシーザリオと言う血統。
その割には体力不足が顕著で、1200mに下ろしてくると言う先行きの不安が募る使い方をしてきた。まだまだこの厩舎はPOG期間中の活躍は「頭と尾っぽはくれてやれ」で良いと思う。
※重馬場で見た目以上にスタミナをロスしたと思われるが、4角では加速したまま曲がれずに大外へロスが非常に痛かった。
今回は不利条件が全て揃っての14着も仕方ないが、距離を伸ばすか腹を決めて直線1000mに向かわせた方が良さそう。

▽うまカレドラフト 山梨5位

7月下旬にゲート試験に合格し、山元トレセンで秋デビューを目指して調整。ここまでは予定通りで、大きな頓挫も無く順調だった。
コース調教で良いタイムを出せるようになっている反面、坂路調教で苦戦しているのは社台F生産だからある程度は仕方ない。
持久力を問われる展開に持ち込まれた時にどれだけ踏ん張れるかがカギを握るが、相手なりにしぶとく粘って掲示板確保以上を目指して欲しい。
※スタートからスピードに乗らず最後方待機。追い出してからも前との差が全く詰まらず13着。上位人気を完全に裏切ってしまったし、闘争心に火が付くような場面も殆ど無かった。
ノーカウントは可能だけど、上積みが見られるまで少し時間を要しそう。




土曜日の予想


日曜日はたぶんできないです。


【PR】2022年あなたのお部屋に





POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して4ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
5頭も出走登録です。

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!


 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 

(出走予定)
10/09
東京02R 未勝利 芝1800

阪神03R 未勝利 芝1800
サトノアヴァロン(4位指名)

阪神05R 新馬 芝2000
アートハウス(11位指名)

阪神09R 特別 りんどう賞 芝1400

東京11R GⅢ サウジアラビアRC 芝1600


10/10
東京03R 未勝利 芝2000
メトセラ

阪神03R 未勝利 芝1600
ラクスバラディー(6位指名)

東京04R 新馬 芝1600

東京05R 新馬 芝2000
チェルノボーグ(10位指名)
ディサイド(13位指名)

阪神05R 新馬 芝1800


(レース前後短評)
母・アユサンと同じ手塚貴久厩舎-星野壽市オーナーのライン。食指が伸びなかったのは手塚貴久厩舎の成功例と共通点が少ないのが一番の理由。
POG本では「ストライドが大きくて操縦性が高い」とコメントがあったが、兄同様に一度叩いて今回が勝負ではないだろうか。
デビュー戦は500kg近い馬体の割に動きが幼く、前後半で64.2-60.0と貯めたのにメンタルからバテてしまって3着。
道中のペースがもう少し引き締まった場合、一瞬しか良い脚が使えなかった現状をどう打破してくるか注目。勝負処で踏ん張り切れなかった弱点を克服すれば、再度馬券圏内に入ってくるはず。
※展開が向かず時計勝負になったことを加味しても、0秒5差4着は大健闘の部類。メンタル面も立て直した効果が見受けられ、距離短縮もこなせた。
上位との差がまだあるが、この調子で次走もう少し際どい着差になるようなら未勝利卒業の目処も立ってくるんじゃないだろうか。
スタート直後の脚が遅いのも課題だが、1800m以上に限定して使うことで打破出来そうな余地はあった。
ラスト1F=11.8と苦しかった割に
最後まで比較的まっすぐ走れており、成長を待ちたい。少なくともアユサンの子供にしてはよくやっている方。

レディナビゲーター
社台OCでノーザンファームがべた褒めってのは、なんだか怪しい感じもしてきた。
デビュー戦は大きな出遅れも響いて2着惜敗。
前走は相手に恵まれても『どうやっても負ける2着』で、スローで貯めたのに差を詰められる脚が一瞬だけ。8頭立ての少頭数で進路取りにも失敗する散々な内容だった。
夏場を休んで成長を促したことで、ひと皮剥けていればアッサリ快勝も考えられるものの、基本は相手に恵まれて勝てるかどうか。
贅沢を言えば末脚勝負ではなく序盤から主導権を握り、イーブンペースを自分から動いて勝つ積極性も欲しいところ。
それが出来ないようだと今回も、決め手の弱さがネックになりそう。
※イーブンペースを先行して、残り150mまでは抜きつ抜かれつの競り合いに参加できていた。そこから脱落して0秒6差の7着。
相手には恵まれていたにしても、真っ直ぐ走れてはいるけどメンタルとフィジカルの
弱さが改善されるどころか悪くなっており、貯められない弱点がモロに出た。
ポリトラック中心で負荷をしっかりかけられなかったこともあり、敗因は明らか。距離を伸ばして良さが出るはずが、距離の壁にも当たったような負け方になってしまった。
道中&直線のフォームに余計なローリングが見受けられ、スピードを上げようにも上がらない状況だった。左手前でコレが出てしまうんだから、むしろ左回りでは無い方が良かったりしてね。
走ることがストレスになっているから立て直しはかなり大変。やはりノーザンファーム生産で社台OCなのに、リップサービスが過剰になっていたと考えた方が良さそう。
獲れなかった悔しさよりも、調教ペースに耐えられない馬だったガッカリ感で、ヤケ酒が進みそうだよ(吞めないけどね)
▽うまカレドラフト 立命2位

キャロットの牝馬なのに4,000万とだいぶ強気な価格設定。兄や姉も先行してナンボだったし、この厩舎とは合いそうな血統背景ではあるけど、この馬はデビュー戦が追走に苦労。
前半5F=64.5で、後半4F=46.9と落ち着いたペースで終始フワフワとした走り。見せ場らしい見せ場も作れず7着敗退。
コーナリングの加速も目を見張るような上手さは無かったし、一度使ったことで気持ちが入って強気に先行出来るようになれば、もっと着順も良くなるだろう。
それまでしばらく様子見。
※見せ場は作ったが少頭数で先行したばっかりに、目標にされてはまだ厳しかっただろうか。直線では脚の溜まった牡馬勢が相手で、食い下がるシーンを作る間もなく交わされて4着。
前走に比べたらフワフワした走りは影を潜めていたし、一度使われた効果はあった。直線でも食い下がれなかった後が中々しぶとかったし、相手が自滅したのもあったが十分に見直せる内容だった。
ただ、もう少し成長させる時間が欲しい。今回のようなレースが出来ればいずれ着差は詰まってくるだろう。


サトノアヴァロン(4位指名)
母のサトノシュテルンが母としてどれほど優秀か、その答えあわせもそろそろ行わないといけない。
デビュー戦は馬体の幅が薄いまま出走。川田将雅騎手の十八番で2番手抜け出しも、全く重心が沈まなず2着。
右へ左へふらつきながら良く伸びていたけど、このままでは厳しい。一度使われたことでメンタルも成長してくれればいい勝負にはなるだろうし、今後の展望も少しは開けるんだが・・・。
まだまだ成長途上で課題が山積しているので、着順は一旦度外視して少しでも見せ場を作ってほしい。
※2着惜敗・・・と書きたいが終始気性の難しいところを全開で、メンタル面の成長度合いが芳しくなかった。
前後半は50.2-12.1-45.9で追い較べに負けたのだが、パトロールフィルムを見てみると道中は川田将雅騎手が何とかフラつかないように制御するので精一杯。
最後の勝負どころでは11.2-10.8と急加速した反動か、内ラチ側にモタれかけてどうにか真っ直ぐ走らせようと外に向かって追っているほどだったた。
結果として終い1F=11.9と掛かった展開で、ジャスティンロックにごっつぁん差しを許してしまった。
なんだよ、里見さんの馬が三木さんに負けたってか。あれだけ酷けりゃ負けるけど、前走同様に直線で重心が沈んでなかったなぁ。
それでもスピードのあるところは見せてくれたし、勝ちに行って負けたのだから課題以外は収穫もあると、強引に考えようか。
いずれにしても少し時間かかりそうだし、相手に恵まれて勝てても1勝クラスで苦労しそうだな、こりゃ。

▽うまカレドラフト 慶早連合1位

アートハウス(11位指名)
三嶋牧場の藤井調教主任が「敢えて弱点を挙げるとすれば気性、レースで自滅するぐらい。それぐらいやる気にはあふれている」と、公式動画で一連のコメントをしてくれたのが背中を押しての指名。
8月22日に栗東へ入厩し、8月29日には終い1F=13.3も計測。想定通り順調に10月デビューをしてくれたが、ゲートが開いてどれだけやるかは半信半疑。
見せ場を作って馬券に絡んでくれたら御の字だが、想定している以上に圧勝or惨敗してしまうかもしれない。
※パドックでも気合十分だったし、本馬場入場でもスッと加速してバネの違いを見せてくれた。
ヴィンテージボンドがパドックでイレ込んで自滅し、相手に恵まれたとは言え快勝おめでとう!
前後半64.0-58.8と後傾ラップだったが、スタート直後のスピードが違っていて、もうその時点で勝負あったと言って良い。
最初の400mだけ少し折り合うまでカリカリしたところを見せていたが、向正面ではゆったりとしたフォームで余裕たっぷりに追走。
11.4-10.9と早いラップを抜け出し、3馬身差の快勝。最後の100mは手綱をそんなに動かさずに済んだから、ラスト1F=11.7でも中身は結構濃かった。
ただ、直線は左手前で右鞭の態勢でまだムチを打っていないのに、右(内)側へヨレるシーンが3度あった。まだ成長途上だし反対に左へヨレる訳でもなかったので、これは目を瞑っておくとしましょう。

ショウナンアデイブ
ショウナンの国本さんが「歩様が気に入った」とゾッコン。10億までは下りないなんて意気込んで落札した話題のディープインパクト産駒。
全兄のサトノスカイターフは4戦目で勝ち上がったけど、時計勝負になったらお手上げだった。
高野友和厩舎で開幕週に使うのが吉と出るか。全弟は全兄の苦戦ぶりを考慮しているのかどうか、さっぱり分からん。でもゲートが開けば大体察しが付くだろう。
ディープインパクト産駒で馬名に「ディ」ならPOG期間好走例はあるけれど「デイ」だもんなぁ。
アデイブじゃなくて「アデイヴ」だったら注目していたかもしれないけど、それでも5億だから食指は動きにくいよねぇ。
※パドックの時点でキョロキョロよそ見をしてて、慣れない環境に集中できていなかった。厩務員さんも背中に浜中俊騎手を載せる時に、どうにかして気をなだめようと顎の下から鼻面を抑え込むように手を伸ばして撫でていたからなぁ。
状態は悪くなかったし、最後までよく粘って2着確保は見どころ十分。今日は相手が悪かったし、相手の自滅待ちなのは仕方ないところ。
一回使われたことで気合が入り今回よりもパドックで集中してくれれば、未勝利卒業は時間の問題だろう。
ディープインパクト産駒にしては
直線で重心の沈み込みが足りていないので、距離短縮はしばらくしない方が良さそう。まだ成長途上なのでひと皮と言わずもうふた皮は剥けてほしい。
▽うまカレドラフト 芝浦工大1位

シルクの3,000万募集馬で音無厩舎。小雨降る中京の不良馬場を苦にせず、前後半が35.2-35.5と相手に恵まれた一戦だったが、力強く抜け出してデビュー戦快勝。
母の優秀さを改めて示してくれたものの、馬体重も408kgでまだまだ成長途上な印象は否めず。
時計が掛かる展開もあっていたように思えるし、1200mよりは1400mやマイルで活路を見出した方が良さそうな走りっぷりだった。1400mに距離延長もプラスになりそう。
兄姉同様の活躍が出来るかどうかの正念場。
今回は札幌でレコードを出したポメランチェが相手だが、時計勝負にならない展開なら逆転も可能。馬券圏内に入るのは十分可能性があるし、互角以上の走りができるか注目。
▽うまカレドラフト 立教5位
※この時期の完成度で競われると不利で、パンパンの良馬場を前後半34.5-11.5-35.3のタイムではちょっと歯が立たなかった。前を追いかけるスピードはキチンとしていたが、むしろ前半から飛ばした結果苦しくなったと評価した方が良さそう。
それでも0秒3差の5着で最後までレースには絡んでいたから、ラスト2Fの前脚が右(内)を向いたフォームも含めて、着順程悲観しなくても良いはず。
まだ成長途上でスピードを磨いている最中だろうし、この一戦だけで能力の限界だと決めるには根拠が乏しいし、キンサシャノキセキ産駒だからそもそも時期も早い。
いずれ兄姉同様の勝負強さを見せてくるだろうし、来年の2月以降にスピードやメンタルがもう少し立派になってくるだろうから、その頃に再度評価してみたい。
それとスタート直後とゴール前に、他の馬からぶつけられそうなシーンがあった。交わしていたのだが、他の馬を極端に怖がるような素振りを見せて、脚色が鈍ったのが気になるところ。
この馬が悪い訳では無いが、今の時点では闘争心を相手と比べると分が悪い感じ。


丸ごとPOGの表紙とノーザンファーム早来のトップと言う、鬼門中の鬼門をど真ん中で張ってしまった上に、「開幕週土曜日に行われる東京・芝の新馬戦」で「ノーザンファーム生産馬の1番人気」になると2000年以降で【0-2-0-3/5】と勝ち星なし。
こんな鬼門ど真ん中でも勝ってしまうんだが、パトロールフィルムを観ると前脚が内股気味になっており、パンパンの良馬場で時計勝負になると脆さが同居する印象。
早期デビューできるならグランアレグリア&ダノンファンタジー並みの内容が欲しかったし、それらと比べると内容の充実度はだいぶ落ちる。
今秋の追い切りもルメール騎手が「反応は良かったけど、少し重かったかな」とコメント。
前走の内容だけを考えたら掲示板確保が良いところで、良くて2~3着だけど「仕上がり途上でも時計面の不利を克服するバケモノ」なのか、今回で判明するだろう。
※超スローペースで、デビュー戦より1秒0遅い勝ちタイム。+10kgながら黒い馬体で毛艶はピカピカに見せる。パドックは馬糞が多い外では無く、敢えて内目を周回していたのも気になったところ。
まごついていた他のサンデーR2騎を置き去りにし、先に動いて重賞勝利。
賞金を稼いだのは良いんだが7頭立ての全く締まらないペースで終い3F=11.4-10.9-11.5と、貯めた割には数字以上に苦しそうに走っていた。
トップスピードに素早く乗せたのはさすがだけど、直線の残り400mではフォームがやはり内側へ脚が向いてしまっており、走破時計程に濃い内容では無かった。
次走朝日杯FSだろうけど上積みが無いと相当キツいはず。ホープフルSなら仕掛けてロングスパートがどこまで通用するんだろうか。
ルメール騎手のインタビューを聞いてる限りだと、年内はパスするのかな?成長途上でアラが出てもこれだけやれているんだし、むしろ正解だと思う。

▽うまカレドラフト 近畿1位

福島に下ろそうとして、結局2度スライドの末に新潟デビュー。他馬を怖がるメンタル面と、突然ムキになる闘争心が同居している模様。
素質だけで2着確保は及第点だが集中力が何度も散漫になっており、マイルではスピードが足りないのと、距離の融通もそれほど利かなさそうな硬いフォームが印象的だった。
前走の48.7-45.9の前後半で貯めても切れないのは仕方なかったにせよ、立て直してどれだけの上積みがあるだろうか。
距離延長は本来ならばプラスなんだけど、フォームが柔らかくなっていなければ馬券圏内確保がやっとになってしまう。レースチョイスがやや懐疑的。
※フットワークは軽くなっていたけど、前半で折り合いがついている割には首がローリングしていて、ここで無駄にスタミナを削ってしまった。
スピードが足りないのは相変わらずで、首の上下動も小さいまま。距離を伸ばして問題ないが、勝負所まで脚を貯められるようになるには、少しだけ時間が掛かりそう。
今回の3着は現状では良く頑張っていたし、器用さも足りないから直線の長いコースでこそだろう。

▽うまカレドラフト 東京都立1位

メトセラ
キタサンブラック*ドナブリーニの矢作厩舎、馬主はラ・メールさん。
主催者の好きな母馬だが、キタサンブラック産駒だし2歳のこの時期からガンガン活躍ってのは、土台無理な注文だった。
スローで貯めてレース全体の上がり3F=33.7のところ34.0と切れ負けたが、着差の割には相当頑張っていたし5着なら悲観する内容でもない。
最後は苦しくなって前脚が左に向いていたので、この辺りが改善されるようならもっとやれるはず。
一度使われたことで上積みが大きければ、馬券圏内に入るのはもちろん勝ちきったとしても全く驚けない。
※追い較べで負けてしまったが、一度使われた上積みは顕著の2着だった。
終いの1F=11.9で勝ち馬に突き放されてしまったのは戴けないが、2番手から抜け出して苦しくなってからも何とか伸びていたから、2000mに伸ばした方が良さそう。
相手に恵まれたら未勝利卒業も見えてきそう。良い脚を長く使えない弱点の克服がカギを握ってくる。


ラクスバラディー(6位指名)
3戦して勝ちきれず約2ヶ月間を空けてきた。
距離をマイルに戻し、積極策を仕掛けてくるだろうか。前走は追い出すと重心が沈まない重症で、併せ馬になると競る気力がなくなってしまっていた。
どスローで貯めてもストライドが伸びず、思っていた以上に重に近い稍重馬場も堪えていた。
フィジカル面だけでなくメンタルケアを施してきたと思うが、立て直しに失敗すれば素質がありながらまったく花開かずの可能性もある。
期間中の活躍を占う一戦となるが、まったく勝負にならない可能性も一考しておこう。
※2着惜敗だが、49.9-45.4の後傾ラップで急加速。ラスト3Fでは11.2-10.7のハイラップで抜け出し、ラスト1F=12.0と持久力の違いがモロに出た。
これだけ貯めても仕掛けが早すぎた。先行するセンスはあるが、直線ではわざと追い込み馬のようなレースをしなくてはならない不器用さがある。
騎手や厩舎を責める前に、作戦の柔軟なシフトチェンジをする段階にありそう。

▽うまカレドラフト 香川1位

半姉のグランワルツを昨年3位指名して痛い目に合ったが、その半妹は父:モーリスで堀センセイのところへ入厩していた。
この時期に使えるだけ数段マシ、あとは母の実力に下駄を履かせたのかどうかが分かると思う。
ノーザンファームのべた褒めコメントを信じるなら良い勝負に持ち込めるか、負けるにしても次走に繋がるはずだけどねぇ・・・。
※今の時点で8着は仕方ないけど、中身を作り直すぐらいに鍛え直さないと無理。首が無駄に横へ移動する事が多かったし、走ることに集中できていなかったのもマイナス。
一度使われて上積みがどれだけあるだろうか。しばらく時間が掛かりそう。


ラスール
半兄がシャケトラ、半姉に準OPを勝ったモルジアナが居る血統。どちらかと言えば母のサマーハは牡馬偏重だし、牝馬で馬体を引き締めようとしているらしいが、効果があるかどうか。
これまでの傾向+来年2月で定年の藤沢和雄厩舎であることを考えたら、食指は伸びない。シルクの募集馬である程度人気するのは仕方ないにしても、3倍を切るような1番人気はかなりやりすぎ。
※走破時計以上にタフなレースだったが、自身が苦しくなりながらも伸びていて1着。相手の自滅があったとは言え、上がり3F=11.2-11.5-11.6とまとめてレースセンスもある良い内容だった。
OPクラスで即活躍するのはハードルが高いにしても、立て直して万全の状態ならかなり良い勝負になる素質。馬体はこれ以上ムキムキにならないで欲しい。

▽うまカレドラフト 宇都宮大2位

チェルノボーグ(10位指名)
全兄のサトノフウジンが1926ポイント。ギベオンともタイプが違うのは少し嫌な予感がするが、動きの良さはリップサービス込みでも評判になっていた1頭。
藤原英昭センセイがダービーをもう1回取ってしまった直後なので、大ハズレの可能性もある。兄同様に考えれば、せめてシーズンの見せ場は作ってくれるんじゃないだろうか。
とんでもないバケモノで後続を完封してくれるかもしれないにしても、兄のような重苦しさが無いのは果たして吉と出るか凶と出るか。楽しみよりもダメだった時の恐怖や不安が勝っている。
※貯めるだけ貯めたが、末脚に関しては相手の自滅待ちのレベルだった。2着惜敗は成長途上ながら現状の力をちゃんと出せていたし及第点以上。
全体の底上げが必要だけど、放牧を挟んでもう一度鍛え直せば次走以降が楽しみ。

▽うまカレドラフト 日大3位

ディサイド(13位指名)
高野友和厩舎のディープインパクト産駒に、牡馬とは言え「ディ」が付いているから指名した実験要素満載の1頭。
それにしてもノースヒルズ生産馬で、馬主はJRA最年少馬主の21歳・慶応義塾に在学中の前田幸大氏。(前田幸治氏の次男とのこと)
そう言えば幸大オーナーは、小倉のダートで圧勝したコンクパールを持っていたなぁ。振れ幅は大きいけど、良い方に触れてくれたらついでに私も嬉しい。
しかし、うまカレドラフトで塾生(慶應単独では参戦せず早慶連合のみ)が指名しないって、どう言う事よ(笑)
チェルノボーグと潰し合いになるのは想定していなかったけど、どちらかが勝ってくれるなら結果オーライってことにしよう。
※レースに参加できていなかったし9着なのも仕方ない。調教を積んで状態が良くなって、芝以外のコース適性も考えながらになるだろう。
スタート直後に寄られた不利もあったが、その後のフットワークがレースで通用するレベルに無かった。まだ成長途上だろうし参考外にしても、競走馬としては中身がスカスカ。

▽うまカレドラフト 芝浦工大6位

母のスペシャルディナーはタガノブルグ(橘Sを勝ち、NHKマイルC2着)のほか、プラタナス賞を勝っていながら朝日杯FSでも4着だったタガノビューティーを輩出するなど、繫殖実績が豊富。
半兄同様の鮫島一歩厩舎ではなく、五十嵐忠男厩舎へ。色気を持っていると考えることもできるが、シーズン前の特集では強く推せる材料が無かった一頭。
活躍されたら歯ぎしり地団駄モノだけど、それはもう皆さん笑ってやってくださいよ。
※相手の自滅もあったが、ラクに抜け出して快勝。スローで余裕があったとは言え、ラスト1F=11.1-11.1-11.9を真っ直ぐ抜け出してきた。
道中の引き締まったペースに対応できるようなら夢は広がるね。



土曜日の予想

日曜日の予想



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ4ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
2頭も出走登録です。
牝馬戦線に、指名馬が嵐を巻き起こしてほしいです
( ´艸`) →  指名馬リストの8月末進捗はこちら

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら


※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 

【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!




(出走予定)
10/02
中京02R 未勝利 芝2000

中京09R 特別 ききょうステークス 芝1400


10/03
中京04R 新馬 ダ1800

中山05R 新馬 芝1800
ウィズグレイス(5位指名)

中山09R 特別 サフラン賞 芝1600
シゲルイワイザケ(18位指名)


(レース前後短評)
牧場はキングカメハメハ産駒なのに「ディープインパクトのようにも見える部分がある」と言い、友道センセイも「キンカメっぽくない」とジャッジ。不思議なコメントの答え合わせ第二弾。
雑誌が出た時点では芝のスピード能力に関してコメントが無かったものの、デビュー戦は2着惜敗。
貯めてヨーイドンのレースで自身は最速上がり3F=33.1だったが、最後の1Fは11.8を要しており「負けてなお強しとは言えない」内容だった。
距離延長は友道厩舎なので既定路線で理に適っているにしても、手前側の脚方向へヨレそうになった持久力不足が改善されているか。一度使われたことでどれだけやれるかにも注目。
※ゲート内で落ち着きの無い仕草も見せていたが、悪いなりに出てフワフワしながら4番手の内目を追走。
4角では外を回してそこから加速。まだ体幹が頼りなくフラつきそうになるシーンもあったが、抜け出して快勝。
手応えに余裕があったとは言え、終いの1F=12.5とだいぶ掛かっていたし、抜け出す際に前脚が内(左)を向いていたように、まだまだ中身がしっかりしてくる前の段階。
走破タイムを詰められたのは評価出来るが、内容の濃さには懐疑的。
今後の成長でキンカメ産駒特有の「厳しいペース・展開を乗り切るタフさ」を養えるかどうか。それともディープインパクトっぽい緩さが残ってしまうのだろうか。
友道厩舎とノーザンファームの育成手腕がどんな風に発揮されるかに注目。

▽うまカレドラフト 立教1位

デビュー戦はスピードに乗るまでが大変で、道中も気合を付けっぱなし。それでもスピードに乗るやいなや大外を回して快勝。
本来は距離はマイルよりも1800m以上あった方が良いはずなだが、適性を測る&レース数を使いたい意図があるなら少頭数のOPを使うのはアリ。
前走が平凡な走破タイムだったし、ベターな条件ではない中で相手なりにどれだけやれるか。これでソコソコ勝負になるようなら、2歳重賞に挑む口実も出来てくる。
※逃げないつもりが掛かってしまい、結果としては勝てたけれども、吉田隼人騎手の表情が晴れないレース内容だった。
思っていた以上に1400mでやれることは分かったが、メンタル面の脆さも同居していることまで証明してしまった。
武幸四郎厩舎がどのようにメンタル面のケアをしてくるか、そしてこの馬はマイルで通用するスピードを伸ばせていけるかが、今後の参考にもなってきそう。

▽うまカレドラフト 中央7位

母父がゼンノロブロイって時点でかなり割引きたい、シルクの3,500万募集馬。
牡馬でこの価格、しかも池江泰寿厩舎ってのも食指が動かなかったが、モーリス産駒でまさかの中京ダートデビュー。
おそらく適性を考えた上でのローテーションだと思われるが、仮にダートで全く歯が立たないとなるとかなり悲惨。まずは無事に完走して欲しい。
※発馬が悪かった。道中は捲ってポジションを上げたが、そこでスタミナを消耗してしまい、直線ではバテバテの最下位。
一度使って次走で立て直せるなら、今回はノーカウントにも出来るが・・・。


ウィズグレイス(5位指名)
他頭数の中山で使えるなら使う、除外されたら東京開催と思っていたところ、運良く抽選突破。
相手に恵まれた感もあり早速デビュー勝ちを決めてもらいたいところだけど、スピードに乗る際の動きが芝でも再現できるかが唯一の懸念材料。
国枝厩舎だし、今回はタイムと内容は一旦置いておこう。
※3着とは僅差でも課題の多い敗戦となった。スタートがあまり早くなかったのは仕方ないが、2角でペースが落ち着いたのに前が塞がってポジションをあげられなかったのが響いた。
スピードに乗るのが遅かったため、3角から手を動かしたがだいぶズブい面を出してしまった。
残り100mぐらいで進路が狭くなったのもあり、能力で3着を確保できるはずが5着と、負け方が後ろ向き。
東京開催で仕切り直しにしても1800m以上の距離で見直したい。
マイルは忙しいだろうし、相手に恵まれないと苦しいはず。やはりカレンブーケドールと同じようにオークス狙いとなるだろう。

▽うまカレドラフト 宇都宮4位

シゲルイワイザケ(18位指名)
デビュー勝ちを決めた後、早くからサフラン賞に目標を定めていたので、福永祐一騎手を確保。
この体制で、現時点でどれだけマイルでやれるかを測ることは決して悪くない。
仮に2000m以上の馬って事であればオークスに向けた切替になるだろうし、マイルでも行けるとなれば渡辺薫彦厩舎が3年連続で重賞を獲りに行く強気のローテーションを組んでくるだろう。
相手が少し骨っぽいけど、この馬が主導権を握っていけるかにも注目。もしかしたらお得意の「差し馬転換」が始まるかもしれないが、エピファネイア産駒だしそれはそれで面白そう。
※前が止まらない馬場バイアスもあり、前後半49.6-46.2のスローペースで4~5番手の内を突いて、道中は無理せず。
終いの切れ味勝負に持ち込む不利な流れだったが、上がり3位(上り最速は2頭)で差してきて写真判定の末ハナ差凌ぎ切って3着。
将来は差し馬にしたいようなビジョンも見えたが、勝ちに行くよりも着実に賞金加算を狙ってきたような走りだった。
直線もなかなか進路を見出せず苦戦していたが、遜色無い戦いが出来たのは収穫だった。
マイルは少し短い印象ではあったが、成長次第では厳しいペースもこなして牝馬同士のマイル重賞も案外こなしてくるのかもしれない。
現状では1800m以上で見直したいところ。

▽うまカレドラフト 愛知学院3位

リアグラシア
今のところ気性面の課題を抑え込んでお利口さんではあるけど、気難しくカッとなりやすくスタート直後に行き脚が付きにくいのが姉同様にネックとなっている。
前走は前後半タイム48.4-46.9の稍重馬場を上がり3F=33.7の最速で見事に差し切って未勝利脱出。
最後まで何とかバテずに走れていたが、終いの1Fは12.0と掛かっていたようにマイルではかなり忙しい印象。
今回はマイルだと少し忙しい馬が相手なので、相手なりにどれだけやれるか。
展開のごっつぁんと他が自滅してくれれば馬券に絡める可能性もある。本質は姉同様に1800mや2000mの馬だと思われるが…マイル適性が突如覚醒するだろうか。
※前が止まらない馬場でスローペースと不利な条件だったが、最後は際どい着差の4着までよく追い込んで来た。
上がり3F=11.4-11.0-11.3とかなり苦しい流れを差してきて、最後は伸びなくなってしまったのは能力の限界だと思うが、未勝利を勝ち上がってからかなり成長を見せてきた。
走破タイムの速いレースでは姉同様に苦しいと思うが、距離を伸ばして差し脚の良さが出そうな能力をしっかり見せていた。
こうなると持ち味を活かすも殺すも木村哲也厩舎の匙加減次第。

▽うまカレドラフト 明治3位


・・・これらを踏まえて土曜日の予想
日曜日は出来るかどうかわかりません




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。
POG2021-2022シーズンも可能な限り
短信(レビュー)を行って振り返りをしたく思います。

それから、2022-2023シーズンに向けて
より戦略的な指名でPOGを楽しめるように、
ヒトの部分も定期的に観察し、策を練っていきます。

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



9月の2歳戦データ

今期から2歳戦の結果・データをPDFにてお配りいたします。

厩舎と騎手の勝ち星集計も公開していますので、ダウンロードして閲覧してください。

※二次製作の元データとしての使用はご遠慮ください。当方は一切の責任を持ちません。
※データはJRA-VANのTARGET frontier JVを使用して抽出しています

レース数
6月:29
7月:61(重賞1)
8月:68(重賞1)
9月:87(重賞2)
===============
合計:245(重賞4)


印象に残っているポイントのみ
重賞勝利
・札幌2歳ステークス(G3)
美浦・岩戸孝樹厩舎(木村哲也厩舎より一時転厩) ジオグリフ
道中のペースが結構引き締まっていたが、上がり最速の36.1を楽な手応えで出し、大外まくりで快勝。走破タイム以上に展開も向いてくれた。
岩戸孝樹厩舎としては久しぶりの2歳重賞制覇。木村哲也厩舎のくくりで考えても、ここは確勝級の相手だったし、デビュー戦の内容からしても重賞を一つ勝ったこと自体はなんら驚かない。
差しが決まる展開には滅法強いし、道中のペースがタイトになっても問題ないことが証明されたが、ゲート内でエキサイトするなど気性面でカッとなりやすい点が課題。
(そう言えば別の馬が放馬して、外ラチを超えて行ったよなぁ)
この点さえ自滅さえしなければ、マイルでは無い2000m以上のGIが狙いどころになってくるだろう。一応その方針らしいので、首尾よくホープフルSと弥生賞(またはスプリングS)、皐月賞の活躍を期待してみたい。

・小倉2歳ステークス(G3)
栗東・長谷川浩大厩舎 ナムラクレア
小雨が降る良馬場で走破タイム以上に中身の濃いレースだった。代打騎乗が父・ミッキーアイルの主戦騎手である浜中俊騎手だったのも大きくプラスに働いたと考える。
いずれ伸びて来るであろう予感を裏切って(?)、長谷川浩大厩舎が堂々の初重賞制覇。前半のハイラップも余裕で付いて行き、追い出しを我慢して大外を回す余裕がありながら、レースの上がり3Fを11.2-11.6-11.5の流れを最後までしっかり伸びていたのは大きな収穫。
1200mはもちろんの事、マイルまで距離が伸びても問題ないと勝手に思っている。貯めれば貯めただけ伸びるのも良いし、終いの1F=11.5だったのも秀逸。
ミッキーアイル産駒全体に言える「GIでも勝ち負けとなるか」については、この馬に関しては今後の成長次第でいよいよ突破する可能性も秘めている。


・伊藤圭三厩舎
ダートの鬼が月間&年間首位、JRA唯一の未勝利月ゼロ厩舎
月間4勝の最多勝利は伊藤圭三。昨シーズン以前から続くダートで4勝中3勝と、堅実に勝ち星を量産。
シーズン最初の1勝クラス特別戦となったヤマボウシ賞も、コンバスチョンで快勝。10月はダートの1勝クラスで更なる活躍を見せてくれるだろうか。
JRAの厩舎で21-22シーズン、未勝利月が無いのは伊藤圭三厩舎のみとなった。昨シーズンよりも混戦度合いが上がっており、各厩舎のエース級が出撃し始めるこれからが勝負どころだが、そう言ったレッドオーシャンとは殆ど関係なく安定した成績を残しているのは、獲得ポイントの少なさはさておいても「お見事」と言うしかない。


・武幸四郎厩舎
全国でも単独4位、関西1位へ躍り出る
18-19シーズンから9勝→10勝→10勝で、月間の勝利数も多くて2勝止まり。未勝利月は5~6カ月あり、昨シーズンも未勝利月が5ヶ月あったのが嘘のような急進ぶり。
札幌競馬場で圧倒的人気のドーブネで勝利すると、中山のダート・未勝利に中京の芝・新馬とPOG期間だけで合計3勝。これは開業後、初の快挙となった。
(2歳戦で2勝+3歳未勝利も合わせて3勝以上なら2度ありました)
特に芝では切れ味の鋭さに加えて、展開の読みも素晴らしく「満を持して追い出して」から馬の持ち味を存分に引き出したレースが目立った。
この勢いが10月以降も見られるか注目。


・友道康夫厩舎
月間3勝で、6月の出遅れを巻き返す
本来ならばもっと早くから上位を伺っても良かったほどだが、冬場を順調に使えた2歳馬が増えたからと言ってもPOG戦略を原点に戻すようなスタンスであることを再認識させてくれた。
シーズントータル&競走馬の一生を捉えると、重賞やGIを勝つような馬をわざわざ早期デビューさせる理由・メリットは薄めとって事も言えるだろう。
月間3勝で5位タイ迄上昇してきたが、9月は芝の1800mで1勝・2000mで2勝と、やはり2000m以上で持ち味が出やすい友道康夫厩舎らしい内容だった。


・田村康仁厩舎
3カ月勝利無しから月間3勝、やはり突騰ぶりは健在
15-16シーズンではメジャーエンブレムが大活躍した田村康仁厩舎。
18-19シーズンでもアネモネSをルガールカルムで制するなど、ノーザンファーム生産馬が1勝クラスの特別戦を勝ち上がる活躍を、忘れた頃に行っているのが特徴的。
牝馬だとホーリーエンブレム、ランズスルーイットが居るが、どちらも暫定版などで注目しないとジャッジしている。
そうなると18-19シーズンで葉牡丹賞をシークレットランで勝ったように、牡馬の活躍があるだろうか。
ゲート試験を受ける為に入厩して9月下旬に放牧に出されたスプレッドアウトと、ネイチャーセラピーが該当となる。
いつも活躍が突然やってくるのは取捨選択が悩ましいが、今期は育成手腕をこちらの気分など無視して存分に発揮してもらいたいものである。


【勝利数上位】
1位 9勝
伊藤圭三厩舎(9月4勝)

2位 8勝
岩戸孝樹厩舎(9月3勝)☆

3位タイ 6勝
武幸四郎厩舎(9月3勝)
手塚貴久厩舎

5位タイ 5勝
友道康夫厩舎(9月3勝)
藤原英昭厩舎(9月2勝)
杉山佳明厩舎(9月2勝)
清水久詞厩舎(9月1勝)
安田隆行厩舎

11位タイ 4勝
吉村圭司厩舎(9月2勝)
音無秀孝厩舎(9月2勝)
須貝尚介厩舎(9月1勝)
池上昌和厩舎(9月1勝)
武井亮厩舎(9月1勝)
栗田徹厩舎
清水英克厩舎

18位タイ 3勝
田村康仁厩舎(9月3勝)
斎藤誠厩舎(9月2勝)
田中博康厩舎(9月2勝)
国枝栄厩舎(9月2勝)
斉藤崇史厩舎(9月1勝)
加藤征弘厩舎(9月1勝)
矢作芳人厩舎(9月1勝)
林徹厩舎(9月1勝)
松永幹夫厩舎(9月1勝)
中内田充厩舎(9月1勝)☆
長谷川浩大厩舎(9月1勝)☆
奥村武厩舎
黒岩陽一厩舎
大橋勇樹厩舎☆
宮田敬介厩舎




みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ4ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
2頭出走登録ですが、あろうことか直接対決です
そんなの望んでねえよ
ヽ(#`Д´)ノ → 指名馬リストの8月末進捗はこちら


指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら



※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。




 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 



(出走予定)
09/25
中京03R 未勝利 芝2000


09/26
中京03R 未勝利 芝1600
マイシンフォニー(15位指名)

中山05R 新馬 芝2000

中京05R 新馬 芝2000


(レース前後短評)
全姉は期間中に葵Sなどを勝ったディアンドル。その姉が1,600万募集馬だったのに、弟は4,000万募集馬と、かなり下駄を履かせてきた印象。
池添学厩舎で活躍する傾向と合致せず見送ったが、デビュー戦は調教で真面目に走らない上に前をカットされる不利(制裁は無し)もあったとは言え、8着と負け過ぎ。
短期放牧を挟んで見違えるような動きを見せてきた。一度使われた今回ばかりは見直せる余地はある。
※レコード決着だったレースで出遅れてしまったのが痛かった。
大外を回しながら道中追い上げており、3角や4角では先頭に並びかけるような勢いで上がって行ったが、ロングスパートが堪えて5着敗退。
勝ち馬と0秒6差と着順程負けていなかったし、一度使われたことで粘り強さは出てきた。
何か一つでもきっかけが掴めれば、もう少し際どい着差にもなるだろう。

サウンドビバーチェ(12位指名)
デビュー戦は掛かって脚が残らず7着。2戦目は前が詰まって6着と、勝負所で運の無い2連敗。
マイルで相手なりに走れるかどうかも大事だけど、やる気に正しくスイッチが入ってこなかったのがメンタル面に影響しなきゃ良いんだが・・・そのあたりも含めて高柳大輔厩舎の力量を測るにはちょうど良い機会になりそう。
まずは掲示板確保を狙ってもらおうとして、突発先行を仕掛けるのか。それとも切れ味勝負に一縷の望みを託すのか、この辺りにも注目。
※雨が降って重馬場になったところに突発先行を仕掛けてくれた。4角では外に振られそうになってしまったロスがありながらも外を回し、競り合いを何とか制して快勝。
思った以上に早く勝ち上がってくれたことは嬉しいが、パンパンの良馬場でマイルを戦える力は足りないだろう。そうなると、雨が降るとか馬場回復が遅れているなんて時には、十分勝負になるのかも。
全体の走破時計が掛かることが絶対条件なので、案外距離を伸ばした方が良さが出るかもしれない。もしくは相手が弱い時には強気に出られるスネ夫君的な存在かな?


マイシンフォニー(15位指名)
前走は2戦目で勝ち上がり・・・と言えるぐらいの内容だったし、最後大外を差されてしまっただけの2着。
距離を短くしたのはプラスとは言えないが、いずれにしても牝馬路線に2000mのGIは無いので、マイルを遅かれ早かれ使うしかあるまい。
余程の事が無い限り馬券圏内には入るだろうし、相手の急襲がなければ勝ち上がれるメンバーが相手。それだけに内容も伴った勝ち上がりを求めたいが、1600mではそれも酷なのかもしれない。
※雨で馬場が渋ったのはプラスに働かなったし、結果として距離短縮はマイナス。0秒3差の4着で、差す競馬に徹して及第点の走りは出来た。
レース全体の上がり3F=36.5のところ、自身は36.3で走れたし悪くなかった。とは言え、本質は良馬場のマイルで結果を出せないレベルなんだろうなと思わせる敗戦。
松永幹夫厩舎が牝馬を預かるってことは、こう言うなんだってことを改めて突き付けられた。

▽うまカレドラフト 京大1位

18-19シーズンで指名したシティーオブスターの全弟。ハーツクライ産駒なのに芝で良さが出なかった兄なのに、シルクで4,500万で募集し美浦の武井亮厩舎に入厩。
AWで結果を残した母・テルアケリー(Tell a Kelly)の良さを出すには、むしろ芝のスピードタイプの種牡馬がシックリ来るような気がしてならない。
全兄よりもスムーズなデビュー戦となるだろうか、それとも調教が動かない今回は全兄よりも酷い内容となるか。
※肝心の状態が芳しくないとは言え14着、しかも道中のペースがそんなに早くなかったのに追いどおしで、レースに参加できていなかった。
この一戦で判断するのは無理だが、テルアケリーの子供ってどれもこんな感じでレースに行ったら目も当てられない。
次走当たりで体調良くなってもダメだったら、出資者が不憫だけどこりゃ諦めるしかないだろうね。結局AW(オールウェザー)って何だったんだろうって話だし。


前田幸治オーナー所有で社台ファーム生産のキズナ産駒。
同じ母からはほとんど牝馬が出てJRAで勝ち星なしと言う状況。夏前にデビューの予定が秋デビューとなったが、牡馬で一変となるだろうか。
丸ごとPOGでは「キズナに似てパワフル」「首を使って重心が低い走り」「クラシックディスタンスが良さそう」「胸が深く心肺機能が高い馬の印象」と特徴が上がっていたが、そのとおりの走りを見せられるなら今後が楽しみになる。
※前後半67.1-61.5がと、重馬場で全体の走破タイムが掛かってしまったのは仕方ないのを差し引いても、かなりだらしないレースになってしまった。
貯めるだけ貯めたレースで他馬の脚が上がったとは言っても、ラスト2Fが11.6-11.7の展開で最後までしっかり伸びて2着確保は立派。
もっと道中のペースが引き締まる展開になって、終いにこの走りができるなら更に視界は開ける。


ルーラーシップ産駒ならキセキやディアンドルが居るにしても、それで「エース」と付けられる根拠には乏しいはず。しかも杉山晴紀厩舎だから牡馬でクラシックは?が付く。
母母のリッチアフェアーからはローブティサージュが出ているにしても、母・ガラアフェアーからは2020年の君子蘭賞を勝った半姉のボンオムトゥックが出た程度。
2019年の当歳セレクトセールで8,856万円付いたにしても、少し値段が吊り上がった印象を受ける。果たしてエースと名付けるのに相応しい走りは出来るだろうか。
※レースレベルが低い中とは言え3着を確保。全体時計が掛かった方が良いだろうし、最後は勝ち馬に前をカットされるなど、少し可哀想なレース内容だった。
良馬場など条件が変わって、もっとやれるのかもしれない。距離は2200m以上に伸びない方が良いのかもしれないが、スピードの能力がキッチリ伸びてくれるかどうかに掛かってくる。




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

このページのトップヘ