みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して10ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬は皐月賞に1頭出走登録です。
先週はオークスへ、首の皮一枚繋がりました。
今週も一つでも上の着順が取れることを期待します。
( ´艸`) →  3月上旬時点の指名馬進捗はこちら


今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


お知らせ

POG本が発売間近ですね
間に合う方は発売当日にご自宅に届く、予約注文がご利用可能です

1秒でも早く取材情報を入手!



(出走予定)
4/17
新潟04R 未勝利 ダ1200

阪神05R 未勝利 芝2200

阪神11R GⅢ アーリントンカップ 芝1600


4/18
新潟01R 未勝利 ダ1800

中山01R 未勝利 ダ1800

阪神02R 未勝利 ダ1400

阪神03R 未勝利 芝1600

中山05R 1勝クラス ダ1800

新潟06R 未勝利 芝1400

阪神06R 1勝クラス 芝2000

中山11R GⅠ 皐月賞 芝2000


(レース前後短評)
ここまで芝でもダートでもダメだったので、せめて先行してズルズルと後退した前走からダート1200mへ転戦。今回も静観が必要みたい。
※雨が降り稍重になった馬場とは言え、前半3F=34.3となかなか早い流れを中団で追走。レース全体の上がり3F=38.0のところ、自身38.2と及第点の走りをして、今回は6着に追い上げてきた。
勝ち馬から1秒1も離されており、未勝利卒業まではまだまだ遠いが僅かな前進は見せた。


スピード負けして4着、距離短縮でも4着。スタミナとの兼ね合いで2200m戦に伸ばしてきた。未勝利卒業の目途を立てるためには、トップスピードがもっと欲しい。
2歳時は時計勝負だと厳しかったが、使っていくうちに粘り強さが出てきていた。
苦しくなると前脚が右を向いてしまう癖があるので、ロングスパート合戦に持ち込まれると厳しい。自分から勝ちに行く競馬に期待。
※スタートで外にヨレて出遅れる。その時点で前脚が外(左)を向いてしまって押してもなかなか進んで行かない。雨が降って馬場が悪くなったのが致命的だったが14着は負け過ぎ。
▽うまカレドラフト 立教5位

勝った内容は胸を張れるものでは無いが、未勝利を卒業して今回は出られるから重賞に出してきた。
着順よりも現時点でどれだけやれるのか。強い馬の胸を借りて次走以降に繋げたいのであれば、使う意図は分からんでもない。
だが、さすがにそんなに甘くないでしょうよ。
2000mの自己条件が日曜日にあるんだし、マイルに縮めんでも良いのにね。
※追走で手一杯な上に、馬場も全く合わなくて最下位。笑って許される人も居るだろうけど、こういうところが杉野オーナーが持っていない所以。

ホウオウアマゾン
それにしても先週のNZTでも2頭出しした後輩が、今週も土曜重賞に二頭出し。
例年だったらもっと下位に沈んでいるはずが、今年はAクラスを私と争うぐらいまでに成長したんだから、褒めてあげなきゃいけないね。
それはさておき、ホウオウアマゾン。
馬場が渋っても少しぐらいならこなせるオールラウンドさ。NHKマイルよりは皐月賞なんじゃ?とも思ったが、チマチマ賞金を稼いで息の長い競争生活も悪くないね。
普通にやれば勝ち負けなんだろうけど、レコードの反動から立て直しが上手く行っているか。最近急に調子が悪くなった鞍上と言い、一抹の不安はある。
相手もかなり骨っぽいのが居るので、楽勝とは行かないはず。
※前半3F=34.7と馬場が悪くなった割には流れたペースだったが、終わってみれば重馬場で47.0-47.2とこの馬向きのレースラップを抜け出して快勝。
骨っぽい相手が重馬場で太刀打ちできなかったのも救いだが、着差以上の完勝。さすがはトライアル将軍。十分すぎるPOG貢献だろう。

▽うまカレドラフト 近畿5位

ダートに卸して3着、4着、3着。未勝利卒業の目処を立てに、新潟へ来たのは正解かもしれない。
本来なら福島1700mだった訳だが、1800mならペースも上がらず終いの粘りに多少でも前進は見込める。
やれるだけのことはやってくれているが、勝ちきるには決め手の弱さを展開でカバーするしかない。今回はもう少し際どい3着以上に持ち込めるだろうか。
※おそらく雨が降って不良馬場になったのが致命傷になった模様。ブービー負けは馬場のせいにするしかないが、1番人気に支持されてしまったのはやりすぎだった。

エリカルーチェ
芝では踏んだり蹴ったりでダートへ来たが、ダートでもバテるのが早い。
それはさておき、三木オーナーは来シーズンどころか今期もイケイケなんだが、他の馬で未勝利勝ったと思ったら、すぐ重賞に出してきた。
そんなオーナーが、新人の横山琉人騎手を騎乗させるようでは、里見さんのような栄光は相当先になるんじゃないだろうか。POGの指名馬に加える必要はまだなさそう。
※先行して向こう正面でスタミナ切れ。最下位敗退はこう言っちゃ悪いが当然とも言える。順番守って実績作ろうとしないオーナーは、馬主に関してはなかなか思うようにいかないよ。

芝からダート1400mに変更し、最後の直線に賭けて他の馬がバテたところを何とか交わす戦法だが、少し板についてきた。
展開がハマれば、ではあるけれども短期間で急成長したダート適性を活かし、今回は勝ち負けまで持ち込めそう。
終いの脚が平凡なのは厄介だが、前走はかなりキツいペースを耐えての結果。ラクに追走できるならもう少し前進があっても驚けない。
※今回は4着。2番手で粘って行ったのは良かったが、オーバーペースで交わされたのは良くなかった。現状は角田大和騎手よりも、新潟へ行っている古川奈穂騎手がやっぱりあっている感じ。
角田大和騎手としては出来る限りのことはしてくれたけど、ペース判断・レースの流れを正しく捉えることはまだまだ先になりそう。


約2ヵ月半空けた前走、貯めても伸びないところは変わっていないが、ポジション獲りに関しては3番手の外(実質4番手)を確保して4着。
しかもレース全体上がり3F=34.0のところ、34.2と及第点の走りはしてくれた。
ガラリ一変とまでは行かない馬を200m距離短縮でマイルに使うのは、首を傾げる。次走に期待なのかな・・・。
※最後方から追い込んで来たが、11着。レース全体の上がり3F=35.9のところ、この馬は35.4と及第点の走りはしたものの、マイルは全く合っていないはず。

トレデマンド
マイルに距離を伸ばして、前半急かず運んでどこまでだろうか。
やはりこの兄弟は牡馬でこそ。弟に関しては見直しが出来るだろうし、牧場のリップサービスもあるはずだが、この馬は運動能力に大きなハンデを抱えている。
重心が沈み込む場面が殆ど無い状況を脱することが出来るか。
※逃げたのは良かったのかもしれないが、46.6-48.5の前傾ラップで飛ばして6着。ペースを落ち着かせることも覚えないと現状はこんなもんでしょう。
▽うまカレドラフト 香川大1位

激しい流れに巻き込まれるのを回避すべく、ダート2100mを使って快勝したのに距離短縮してくるとは、苦笑いを通り越して怒りすら込み上げてきそうだよね。
1勝クラスに上がって大外から捲られる・外から交わされる事態は、どうしても起きるんじゃないだろうか。
調教変わりとしてこの辺りで1戦使うのは理に適っているけど、日曜日にわざわざ含水率の高いダート&距離短縮に使う必要はあるのかな?
※中団から全く伸びず8着。次走に向けて間隔調整なら仕方ないけど、来週から東京始まるんでっしゃろ???

まだ馬体が絞り切れていなくて重め残りなのに、2角で流れに乗ってポジションを上げに行って3着デビュー。
直線では一瞬伸び掛けたが、全体上がり3F=35.5と同じタイム。道中で長い距離をスパートした影響もあったはず。
ここで新潟へ転戦するのはまだしも、まさかの200m距離短縮するのは眉をひそめたくなる。
果たしてこのレース選択は吉と出るか、凶と出るか。
※重馬場が案外こなせるのが吉と出て、3着に追い上げてきた。勝ち馬から0秒6差なのはまだまだ課題山積。
▽うまカレドラフト 専修3位

未勝利勝ちが相当恵まれていたが、追走がマシになったことで1勝クラスでは常識に掛かってくるようになった。
競り合いを制して2着を2度確保は立派。1勝クラスを卒業出来るかは相手の自滅次第。それから、高速馬場への対応力を問われてしまうと一抹の不安はある。
※前半急がず後方から。追い上げて3着に惜敗だったのは運が無かったが、勝ち馬と0秒6差、2着と0秒4も離された内容は評価不可能。
秋頃までもう少し揉まれて行くうちに成長していくのを待ってみようか。
▽うまカレドラフト 近畿4位

馬場は稍主ぐらいならどうにか対応できそうだが、重・不良からの回復が遅いようなら苦しいと思われる。苦しくなると右へ張る癖があるので、極端な悪い馬場の対応力は疑問。
前半から忙しい流れを追いかけ、済し崩し的に脚を使わされる展開を経験していないのが、本番で試されるとは。良馬場で思いのほかペースが落ち着けば勝負になる余地は残している。
ノーザンファームが生産したエピファネイア産駒だし、極端な差し馬場で無ければ何とか凌ぎきるシーンも一考するが、上積みを無視して走ってきた内容だけで判断すると掲示板に載れれば御の字。入着(8着以内)でお茶を濁すんじゃないだろうか。
鹿戸雄一厩舎*Robert系種牡馬は、POGや重賞では中山 < 東京なので、この点は大きなマイナス。
※全然ペースが上がらず、好意から抜け出す横綱競馬で1冠。先輩の慧眼と運の強さに屈した。
ダービーでも菊花賞でも、なんとか行けるんじゃないだろうか。
鹿戸雄一厩舎はホープフルSで災難があったけど、どちらにしてもRobert系の扱いは大変上手。せめてもの救いになったんじゃないだろうか。

グラティアス
極端に悪い馬場よりは良い馬場の方がベターだが、半姉同様こなせる下地はある。持ち時計を大幅に詰める上に、母親並みに道中から飛ばして後続に脚を使わせるのが理想。
加藤征弘厩舎の事だけを考えれば渋った馬場の方がプラスだし軽視は禁物だが、基本的にはM.デムーロ騎手がどれだけアドマイヤマーズでやるような騎乗が出来るかと言うことに尽きる。
乗り方ひとつで馬券に絡むか、全然用なしになるかと極端な存在。
グイグイ引っ張る馬が居ないし、ゲートが開いた瞬間にダッシュが効くようなら、大阪杯のレイパパレのような逃げ切りもありそう。
※スタートした瞬間に終了。6着に終わったが、本来ならもっと上の着順を狙えた。

シュヴァリエローズ
前走がアドマイヤハダルに完敗。仕上がりきっていたので上積みは薄い。OPでは相手次第だがGIとなるとさすがに荷が重すぎる。
馬体が小さい割には身体が強いので、勝ちタイムが異様に遅い≒馬場が悪い場合は、馬券に絡む一考の余地あり。
前半無理しない理想的なレースプランを、GIで崩さず行けるとは考えにくい。万が一それがあるとすれば、実はとんでもない道悪の鬼だったケースかな。
※後方から追い上げて11着。現状はこれが精一杯だろう。
▽うまカレドラフト 京大2位

ステラヴェローチェ(2位指名)
ペースが引き締まる+吉田隼人騎手が前々で競馬するのであれば、十分勝負になる。馬場は不良だと良くないし、可能な限り重よりは稍重ぐらいが理想。
指名馬である親バカさを差し引いても、前走の5着はどスローで差して、仕掛けも遅けりゃ不利もあって・・・と誰でも負けるレースなのにこの不当評価。
朝日杯FS2着馬がグングン上昇する例が近年は少ないが、巻き返してうっちゃるまであって良い。
※スタートして後方から、じわじわとロングスパート。前に行かなきゃ良さが活きない騎手なのに、後ろから行っては3着にしかならない。
小回りでインを突いて、と内容はかなり濃かったのでダービーでの上積みに期待してみるか。

▽うまカレドラフト 日大2位

タイトルホルダー
前走は見事な勝利。前半無理せずに出たなりの位置で脚を貯められれば、侮れないのは確か。
馬場は悪くなればなるほど不利になるので、重馬場だと良さが無くなるだろうから、悪くても稍重でやりたいだろう。
誰も行かないなら逃げようとする可能性もあるが、さすがに後ろからの突き上げは前走よりずっと厳しくなるので、前半3Fでどれだけ貯金を作れるかが焦点。
乗り替わりだけで言えば、田辺裕信騎手は欲を出さずに差した方が良いと言う判断。掲示板に乗れれば御の字ではなかろうか。
※貯金を作れるスローペースで4角先頭まではほぼ満点の走り。それだけ他の馬が動けない状況に助けられた感じ。
強い内容ではなかったが、2着に残った運の強さは本物だった。


ヨーホーレイク
馬場がどれだけ悪くなろうがヘッチャラな馬が何頭かいるが、この馬もそのクチ。スプリングS上位2頭と同等の対応力はある。
むしろ高速馬場だとお手上げなので、アタマは無理でも2着・3着の相手に追加したい。
後ろから行くしかない&他がバテる展開が必須。条件がすべて絡めば確かに侮れない。タフな流れもお手の物ではあるが、勝ち時計が2分00秒台かそれより遅いのが理想。
つまり、稍重や良馬場になって時計が早くなると追走で手一杯となり、通用しない恐れがある。ハイペースは絶対に避けたいだろう。
※レースタイムは遅かったが、5着が精一杯だろう。馬場が稍重どまりだったのも、この馬にとっては不運。
▽うまカレドラフト 上智1位

ラーゴム
気性面の課題が全く解決していないまま重賞を勝ってしまった。本番で馬券に絡めるかどうかは気性面のケア次第。もし雨も降らずに良馬場だったとしたらまず通用しないはず。
但し、雨や馬場重化はどんとこいなのが救い。全馬で一番雨残りを歓迎できる立場なので、周りが困惑する程の酷い馬場だとしたらひょっとして・・・ではある。
こちらもヨーホーレイク同様に、高速馬場や高速決着だけは避けたい。
※雨の影響が少なかったこと以上に、途中からやる気をなくしてしまったのがすべてと言う感じ。ダノンザキッド(15着)に先着できただけマシだと思わないと。

レッドベルオーブ
高速決着のダメージ、なおかつ気性面のケア。兄や姉はマイルより長い距離で良い競馬が出来ていないなど、かなり他の馬に比べて課題が山積。
馬場は良い方が向いているので、雨の影響はメンバーでも一・二を争うほどモロに受けそう。
※気性面の課題は解決できず、酷い内容だが8着まで粘ったのはむしろ立派だと言うしかない。こうなると藤原センセイの力量ではなく、ノーザンファームでもお手上げだと言うこと。
▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)1位



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ