みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ11ヶ月です。
シーズンも残り1カ月!
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
2頭も出走登録していますが、積み増しは出来ないでしょう。
ヽ(#`Д´)ノ 実験大失敗だよ!!→  3月上旬時点の指名馬進捗はこちら


今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


お知らせ

POG本が発売中です!
なかなか書店へ買いに行けないそこのあなた!
通販で買ってみるのも、良いですよ(^0^)

1秒でも早く、取材情報を入手せよ!



(出走予定)
5/1
阪神02R 未勝利 ダ1400
ギレルモ(18位指名)

東京03R 未勝利 ダ2100

阪神03R 未勝利 芝1600

阪神05R 未勝利 芝1800
コーディアル(14位指名)
ヴァジュランダ

東京11R GⅡ テレビ東京杯青葉賞 芝2400
5/2
阪神03R 未勝利 ダ2000

東京06R 未勝利 芝1800

東京07R 1勝クラス 芝1600

新潟10R 1勝クラス しゃくなげ賞 芝1200


(レース前後短評)
ギレルモ(18位指名)
芝では歯が立たないので、現状はダートがベターで距離も据え置き1400m。
1か月前の前走は、デビュー以来最高の0秒7差・7着まで粘ってくれた。ダイワメジャー産駒らしい先行力が出てきたが、スピードを要求される稍重のダートでも生きるか?の試金石。
もはや出走してくれるだけありがたいレベルなので急な前進は見込んでないが、含水率が上がった馬場でやれるとなると、夏以降にもう少しやれそうな期待も持てるんだが・・・。
相手が骨っぽいなりに掲示板に入れば御の字、悪くても入着出来るぐらいにはあると思う。
※枠内で何度も立ち上がろうとし、スタートタイミングをジラせてしまう。ゲートが開いた瞬間にウィリー状態になってしまって大きく出遅れ、万事休すの11着。
芝でもダートでもフラフラと走っており、乾いたダートの良馬場でないと勝負にならない。むしろダートに限って言えば、距離を伸ばした方が面白いのかも。


もはやデビューの時点から東京2100m専門って感じの、スピードが足りないジャスタウェイ産駒。
差して伸びず9着→8着→8着→6着。これまで浮上の兆しを見せてくれそうな内容が見いだせていないが、間を空けた分ぐらい少しは前進したところを見せられるか。掲示板に乗れれば御の字。
※せっかく内枠に入ってスタートもまずまず決めたのに、押してもスピードが出ないので位置取りは中団。向正面では早くも8の字方向にローリングするようなフォームになってしまい、残り1000mからは先行集団から置かれてしまって11着。
前に行った人気馬でもバテており、レース中盤が12秒台前半で推移するかなりタイトな流れではあった。しかし、4角では後ろに居たはずの馬合計6頭に交わされ、うち2頭はレース全体の上がり3F=38.7よりも遅い上がりだったにもかかわらず、交わされていったのは他人の指名馬とは言え大いに不満。

デビューが遅れた武幸四郎厩舎に入厩したゴドルフィン。
ハーツクライに母方はMachiavellian*A.P.Indyとコッテコテのアメリカ血統。これで芝に挑むのは期待よりも不安が先に立ってくる。
年々少しずつ波がありながらも上昇してきたゴドルフィンが、どんな競馬をさせてくるだろうか。
・・・それはそうと、この馬とは直接関係ないけど西南学院大学のサークルって、7位でヨカヨカ指名しているんだよね。
日本のGIを勝っていない種牡馬産駒を21-22シーズンも指名してくるんじゃないだろうか。そうなった軽視しない方が良いのかも。
※ゲートが開いた瞬間に1秒ほど固まってしまい、そこからソローッとスタートを切ったロスが響いてしまった。4角でも外に膨れそうになりながらスピードに乗ってポジションを押し上げており、8着はあったが現状ではよく頑張ったと評価できる。
さすがに残り200mでは脚がなくなっていたが、残り600m~200mを11.2-11.2のハイラップでも前との差を僅かずつでも詰めていたし、相手なりに走れていたからこそスタートを改善しないといけない。

▽うまカレドラフト 西南学院6位

コーディアル(14位指名)
新馬戦で負けたオヌールは、フローラSで及第点の8着。それと比較しても未勝利をウロウロしている場合じゃないんだよねぇ。
馬場状態と天候がこれ以上悪くならなければもっとやれる馬だとは思うが、1番人気に快勝で応えてもらいたい。
馬券圏内を外すとは思えないレベルにはあるんだが、高野友和厩舎だし末脚不発・調整失敗で差し届かずの可能性はある。
※勝ち上がったのは良いけど、58.7-46.9とやや前傾ラップで終いの2Fは11.8-11.9と完全なごっつぁん勝ち。+14kgだったのは成長分も込みだろうが、気難しい仕草を何回も見せて走るフォームが外(左)に傾きながらだったし、相手の自滅で勝ち上がっただけ。
中2~3週で期間内1勝クラスに出ても良いけど、末脚と決め手だけでは少し苦しい感じ。相手が自滅するような番組だったらいいんだけど、夏場と秋口は1~2勝クラスで揉まれる必要がありそう。
古馬になったらマイルも選択肢に入るが、POG期間内は気性面の課題があっても1800m以上がベター。

ヴァジュランダ
前半からペースが上がると脆い馬だが、阪神の1800mでは前半3F=35.6以下で飛ばしていく馬が居ないと観て、距離短縮したのは間違いではない。
相手が自滅してくれないと浮上出来ないのは事実だが、この馬も逃げてマイペースで粘ることが出来るようになってきたので、今回は勝ち負け。
粗暴行為でやらかしたオヤジから息子に乗り替わってるけど、ペース判定が下手では無いしスローペースに落とすのは上手い部類なので、適性そのままに乗れればマイナスにはならないだろう。
※早いペースを追走して直線では一度抜け出すも、かなり締まった流れでスタミナが最後に切れてしまい、1/2馬身+クビ差競り負けて3着。
この馬の力は出し切ったし、鞍上のペース判断も決して悪くなかったが、思った以上にテンが早くて&最後の坂がこの馬には相当堪えた感じ。
仮に3番手ではなく4~5番手に控えていたとしても大きく着順は変わらなかっただろうし、未勝利卒業には済し崩し的に脚を使わされてしまうような、低レベルのメンバーが相手でないと苦しい課題が残った。


9ケ月ぶりの出走で未勝利を卒業。内容が悪くないとは言え、社会科見学のように重賞にぶつけるのは堀センセイらしい。
前半から極端にペースアップしない展開が理想なので、青葉賞はまだ理解できる。抜きんでた決め手がなく最後までジリジリと伸びるタイプなので、東京替わりはベターでも重賞でいきなりとは少し考えにくい。
ヤネが堀センセイのところなのに、超レアケースの相談役なんだし・・・とは言え、馬券圏内に全く入れない訳でもなさそう。展開次第では周りが自滅して、前残りで見せ場以上を作る可能性はある。
※何が何でも権利を取る訳でもなかっただろうけど、柴田善臣騎手が馬をかなりやる気にさせて直線追っていたし、自分からハミを取って最後まで伸びていた。現状では0秒2差の5着が精一杯。
レース全体が中だるみになってくれたにしても、前半がかなり締まった流れになり、この馬にとってはスタミナを消費させられる流れになっていた。
それでも最後までしぶとく伸びていたし、周りが自滅してくれなかっただけの話だろう。決め手がもっと上の馬だったら違った結果もあっただろうが、内容は相当濃かった。
自己条件で力を付け直せば期間後になるが、秋以降は楽しみが増えてきそうなレースぶりだった。

▽うまカレドラフト 青山1位

レインフロムヘヴン
スプリングステークスは天国からの恨み節(雨)がモロに響いて大敗。馬自身が雨と名付けられているのに雨が天敵になるとは・・・。
それはさておき、1勝クラス時に比べてペースが引き締まるであろう2400mなので、無理して逃げずに2~3番手で脚を貯められるかに掛かっている。
逃げて脚を貯められるなら理想的な展開で勝ち負けまで考えて良いが、まずは権利取りを目指してと言うところになりそう。
展開次第では掲示板を外す可能性も残っているが、ペースが上がって喜ぶのはスワーヴエルメぐらいだろうし、この馬向きの流れになるんじゃないだろうか。
※前半から引き締まった流れになり、欲しいポジションよりずいぶん後ろを追走。そこから上がり2位の33.8で追い込んで6着。
こちらも堀厩舎だが、デビュー以降時計が掛かる展開に慣れてしまったツケをここに来てお支払いなのは仕方ない感じ。マイペースで運んで最後あれだけの脚を使えるのが分かっただけでも大きな収穫だし、勝ち馬と0秒3差の接戦に最後まで喰らい付いて行った内容は十分評価できる。
春先からだんだん成長しているのは確かだし、こちらも期間後のレースぶりが楽しみになってきそう。


レッドヴェロシティ
いかにも中山の超スローペースな、時計が掛かるレース向きで東京変わりは明らかなマイナス。ここしか使いようが無かったし、恵まれた前走で1勝クラスも卒業してしまったんだから仕方ない。
前に行けないと案外脆い不思議な面も持ち合わせているので、叩きあいになって現状どれだけ粘れるかが焦点。
これまでの走りどおりなら良くて入着が良いところ。掲示板に乗れれば御の字だがかなり厳しいはず。
※デビュー以降、時計の面でも実際の負荷もMAXなレースだったが、中だるみのペースをジリッと上がって行けたように、眠っていたレースセンスをすべて出してくれた。3着なので優先出走権は無しだが、年明けの頃はまだコーナーワークが頼りなかった馬が急成長を見せてくれた。
最後は他がバテ掛けた所を急襲するしかなかったが、レース全体がグダグダなレベルだった為にどうにかなった感じ。成長を続けてくれれば菊花賞や2022年以降の天皇賞(春)が楽しみになってきそう。
ちなみに主催者の先輩は、種牡馬別に「これが良い」と思う馬をピックアップして毎年取っていく御仁なのだが、ワールドエース産駒を指名してこんな結果を出すんだものな。
やはりステラヴェローチェ強奪しといてよかったよ(^^;)
▽うまカレドラフト 山梨大6位

リスグラシューの全弟も全く鳴かず飛ばず。2コ下の半弟も牡馬だし、牝馬が生まれるまでは静観で良さそう。
前走は休み明けとは言え雨の影響もあって大敗、時計勝負は厳しいはずだが、馬場重化はもっとダメだった。
ダートは合わないはずで矢作先生がミスったように思うぐらいだが、使っていくうちに粘り強さが出る面はあるので、ひと叩きした効果がフルに出れば・・・だろうか。
苦しくなると前脚が右を向いてしまう癖があるので、ロングスパート合戦に持ち込まれないことが絶対条件。そうなるとますますダートよりは芝、しかも阪神よりも東京に遠征させて見直すべきだと思う。今回は周ってくるだけではないだろうか。
19-20シーズンの反省から下調べを念入りに行った立教が、指名した結果と言うのがねぇ・・・来期にデスノートのような影響がないと良いんだが。
※この馬に関しては推進力を産み出そうとすると余計な首の動きが出てしまい、これではどうやってもJRAでは通用しないフォームになってしまっている。(首が上下ではなく時計回りへ回転するように動いてしまう)
11着に敗れたが、芝とかダートとか厩舎とか関係なく、まずはフィジカル面の矯正が出来ないとダメ。レースリプレイはJRAのHPにも載っているので、パトロール映像で確認していただければ「これがアカン走り方」ってのが一発でわかると思う。もはや教材レベル。

▽うまカレドラフト 立教5位

ダノックスさんの牡馬、しかもディープインパクト産駒で国枝厩舎。
当歳セレクト9,180万円でも、全兄や半姉はスピードが足りなくてかなり苦戦していた。初戦の13着は負け過ぎとは思えないし、今回も2桁着順は仕方ない。入着出来たら万々歳だろう。
宇大のサークルも念入りに調べてディープインパクト産駒を4頭指名しており、その一番手がこの馬。何かしら満足の行く指名だったらしいが、来期にデスノートのような影響がないことを祈ろう。
※最後方待機で追い込み、なんとか8着まで押し上げる。但しラスト1F=12.1と超スローの上がり勝負のクセに最後は持久力が持たないと言うグッダグダなレースで、この馬は最後まで脚色がそんなには変わらなかったから、と言う内容で評価は上げられない。
勝ち馬とは1秒3差、3着と0秒5も離されており、周りの自滅によってどうにか着順が上がっただけ。スタートダッシュが効かないのは仕方ないにしても、じっくり貯め過ぎで上がりの脚色も見劣っていたのだから、今日のところは相手に恵まれたと言うしかないだろう。
▽うまカレドラフト 宇都宮大3位

身体が小さいので増えているかどうか、走りがレベルアップしているか。1400mよりも長いマイルでじっくり運んでどこまでではあるが、素質は確かなので今後に繋がる走りが出来てくれると面白い。
スタートから行き脚がついて好位を取れるようなら、今回アッサリ快勝でも驚けない。
スピードを鍛えてないと1400mでは通用しないはずだから、マイルに伸びるのはむしろプラス。
夏以降にもっと良くなるだろうし、1勝クラスでしばらく揉まれるうちに才能が目覚めるんじゃないだろうか。
※6R(ダノンマデイラ)のリプレイを見るかのような、同じ国枝厩舎-三浦皇成騎手の追い込み不発。こちらもどスローの上がり勝負で、上がり最速で追い込んでくるもクビ+アタマ差及ばずの3着。
終始外を回した結果スムーズなレースにはなったが、コーナーワークで広がった差を詰められなかったのは作戦負けでしかない。まして厳しいペースではなく距離も延長したのだから、ポジションを取って内目に回らないといけないんだが、東京競馬場で三浦皇成騎手にそのあたりを求めても出来るならとっくにGIを取っていただろうし、やはり無理なんだろう。
馬体重も390kgと増減なく、この馬の本格化はかなり先になりそうだが、現状の力は十分示せた。

▽うまカレドラフト 同志社6位

ドナウブルー*モーリスでも、1200mドサ周りとは現実は残酷だなぁ。
こんな名前になった時点でお察しくださいではあるけど、雨が降って馬場が悪くなるのがプラスにはならないだろうし、前半急かさないのが絶対条件で新潟1200mに拘る理由もよくわかりませんねぇ。
流石に前走のような先行粘り込みは叶わないだろうし、今回は中団から見せ場なく入着・掲示板だったら御の字ってところじゃないだろうか。
※他の馬が馬場とペースにだいぶ消耗している中、先団に取り付きラクな手応えで外を上がって行けるほど、手応えは抜群。馬場重化と大勢が決して流した分ラスト1F=13.1を要し、勝ちタイムも1:12.0だったがこのクラスではレベルが違っていた。
新潟Bコースで4角の含水率は、朝の時点で17.7%とほぼ不良馬場。レース中に雨が降ったのもあり、重馬場発表だったレースがほぼ不良馬場のコンディションで行われたにしても、全く問題なかったのだから恐れ入ると言うしかない。次走はどうなるかも1200m・1400mの良馬場重賞なら中団から差してくるのがベター。

▽うまカレドラフト 京大6位


POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ