みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ11ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に△=他者がドラフト指名
   馬名の前に◇=リストアップも指名漏れ

・・・なお今週、私の指名馬
2頭も出走登録です。出てくれるだけでもありがたいレベルですが・・・



今年の指名リストはこちら
指名漏れ・見送りの特集はこちら



※2020年6月スタート、2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



(出走予定)
5/15
東京04R 未勝利 芝1400

東京05R 未勝利 芝1800
中京05R 未勝利 芝1400
フューチャーポップ(9位指名)
ヘネラルカレーラ

新潟06R 未勝利 芝1000
オクタヴィアン

中京09R 1勝クラス あずさ賞 芝2000
カイザーバローズ


5/16
中京01R 未勝利 ダ1400
トレサイーユ

新潟03R 未勝利 ダ1800
スペキアリス(19位指名)

東京05R 1勝クラス 芝1600
プラチナトレジャー

東京10R OP 青竜ステークス ダ1600
リフレイム


(レース前後短評)
馬体を絞り切る余地とスタートの拙さを残しながら、連続3着。重馬場も案外こなせるものの、勝ち馬から0秒6差と離されているのが課題。
ここまでの上昇度こそ薄めだが、堀厩舎だし馬体も前走でかなり絞っていた。スタートさえ決まれば僅差の勝負に持ち込める可能性は残している。
※今回はスタートこそ問題なくこなせたが、ローリングするような仕草を随所に見せてフラフラと走るような無駄なフォームになっており、全身を使って効率良く走れていなかった。
直線でも若駒のように首を高くして走ってしまい、ジリジリと伸びて来るので精一杯。競り負けて4着だったが状態の酷さを考えれば良く健闘したクチ。未勝利卒業は状態さえ立て直せれば目処がすぐに立ちそう。
▽うまカレドラフト 専修3位

アークライト
スタートも終いも加速はスムーズでは無く、相手にメチャメチャ恵まれた一戦を選んでも勝てない運の悪さ。
前走もほぼ同じ位置に居たアオイカツマを相手に内と外で競り合ったが、コーナーワークを利して4角では前に出るも、上がり3F=0.2秒差で先着を許しラスト1F=12.1とスプリント能力でもケチが付いた。今回も先行抜け出しで、ラスト200mから脚色が危うくなって差される展開となりそう。それとも他が自滅してくれてラッキーボーナスがあるだろうか。
※相手に恵まれたが、末脚較べでは上には上があるもので、最後に差されて2着。
現状の走りは出来ているものの、距離を縮めてもラスト1Fの持久力が無いのだから、課題解決ならず。仮に勝ち上がった後も苦戦するしかない。
▽うまカレドラフト 横国1位

グラヴィル
社台RHのLe Havre産駒だし、まずは様子見。国枝センセイも母父Sadler's Wellsで(古馬含めて)結果が出たのは20年以上前なんだし、事情は知らんけど母父Galileoを良く引き受けるもんだよなぁ。
※スタートはモッサリとしていて、スピードに乗るまで騎手の手は動きっぱなし。ところどころ気の若さから外(右)へヨレるシーンが何度もあった。直線は終いの脚を繰り出して良く伸びてきたが、坂を登り切ったあたりから前脚が内(左)を向くフォームになってしまった。
0秒8差の7着だが、ロスが大きかった分を加味すればかなりもったいないレースだった。
使っていくうちに差し・追い込みが板につくだろうし、非凡な瞬発力も見せてくるようになるだろう。距離はもう少し長くても良いはず。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)5位

シテフローラル
母:ジョコンダⅡの産駒を多く手掛ける堀厩舎であっても、万策尽きた感が強い。後ろ脚に身が入り切っておらず全身を使いこなせないフォームなのが大きな足かせとなっている。
前走も手応えの割に、最後は苦しくなって左右へフラフラ。何とか2着は確保できたが、まだ全身を上手く使えるようになるまで時間と経験が必要で、アテにしづらい。
東京開催はベターで、直線外を伸びてこられるかどうか。
※願っても無い大外枠。隊列が縦長になり中団待機で、労せずして内から2頭目を回り、徐々に前へ進出しながら外へ進路を確保し、距離ロスを最小限に留める。
直線は大外にスッと回した松山弘平騎手の好判断もあって、外を伸び競り合いを制して快勝。
まだ身体に身が入り切っていない印象もあるし強い勝ち方では無かったが、位置取りを誤らずにソツのないレースをすることは出来た。POG期間後も相手なりに走るレースをしてくるんじゃないだろうか。
▽うまカレドラフト 関西学院1位

今回も回ってくるだけだろう。馬体がなかなか大きくならない。
※1400mで忙しいなりにも前へ行く事が出来、バテない程度に足を延ばして4着と現状ではベストの騎乗はした。実質1200mを1:07.7で乗り切るレースで何とか前との差を詰めようとしていたし、力はつけてきた。
今回は▲角田大和騎手がインベタを徹底して、距離ロスを最小限にしてくれたことも効果があった。馬体が減りやすいのは競走馬として致命的だが、内枠でこそ見直したい。


ヘネラルカレーラ
こちらも回ってくるだけだろう。中京なのでまだどうにかなる可能性は残しているが、スピードの絶対値を問われたら白旗。
※追い込みにすべてを掛けたところ、終い1F=12.8とグダグダになった展開が向いてきた。この馬としては追走も大変だったはずだが、何とかバテずに交わすことが出来て3着に浮上。
勝ち馬と0秒3差は現状だと相当健闘している部類だが、自分から勝負を決めに行けない弱さも見せていた。この馬は中京がベスト。


芝の1200mで付いて行くスピードはあるが、極端な決め手がないのでダート→新潟の直線1000mに矛先を向けてきた。
現状はベターな選択だが、持久力を問われては負け続けているので、掲示板に乗れれば御の字だろう。
※初めての1000m戦にしては途中まで良い手応えだったが、追い出してからはジリジリとしか伸びず7
着。勝負所でもう一段粘ることはどうやっても出来ない感じで、スピードの良さを生かし切れなかった。


デビュー戦は快勝したが、1勝クラスで持ち前のスピードが通用するほどではないのが現状。
勝負所で馬自身が外へ外へ行こうとする癖が直らず、少頭数のレースに狙いを定めるしかない。
直線で他の馬と3頭併せでも持ち込めるようなら、新たな一面を見出せるんだが・・・。
※終いの4Fでロングスパート合戦、隣同士の併せ馬ではない競り合いだったが何とか粘り切って1勝クラスを快勝。外に行こうとする癖はなんとか、どうにかこうにか出さずに済んでいた。
前半がゆったりと流れ、川田将雅騎手十八番の2番手追走と、すべてがハマった感じのレース。2勝クラス以上で自分から相手を沈めに行くレースをするためには、中内田厩舎でもローカル開催の2600m戦や菊花賞が面白そう。
▽うまカレドラフト 横浜国立3位

サンデージャック
未勝利を卒業して、意味をなさない程のマイル重賞参戦で大敗。
今回のように2000mの自己条件を大人しく使っていれば良いものを、一周回ってから使わせたのはオーナーなのか厩舎なのか。
重賞を使ったことで、気配がグッと良くなっているなら救われるんだけどねぇ。
果たして今回は悪いなりにもどれだけメンタルが充実しているかと、このメンバー相手に粘れるかに注目。
※3番手の内を確保したまでは良かったが、1角で制御不能なぐらいに気難しい部分が出た。首を横に振って走るようでは、何をやっているんだと言いたくなる内容。
良く6着まで粘ったものの、ロスが大きく能力を出し切るまでには至らず。


芝からダート1400mに変更し、展開がハマれば・・・ではあるけれども、ダート適性を活かして常識の範囲内に収まるようにはなってきた。
相手の自滅待ちで終いの脚が平凡なのは厄介だが、少しでもラクに追走できるなら前進があっても驚けない。
※ダートは良馬場だったが小雨が降ってしまい、追走するのにやや苦労した結果5着。終いの脚は全体上がり3Fより0秒5も遅かった。展開が向かず相手も強かった。


スペキアリス(19位指名)
はぁ、ダートですか。
勝負所で脚が残ってないのは、芝でもダートでも同じですよ。
※モタモタしているなりに前へ行くが、1列前のポジションを取りに行こうとした瞬間に前が狭くなって、首を左に向けてしまう。これでは5番手あたりで我慢するしかない。
最後はいつも通りの持久力不足、二桁着順もやむなし。

前走は1800mでスローの瞬発力勝負と、苦手な条件が揃った。相変わらず勝負弱い点は見せていたが、上がり3F=33.6はステラヴェローチェと同じで、7着と崩れなかっただけに実力は確か。
距離をマイルに縮めてきたのは感心しないが、自己条件だからこそどれだけやれるかを測るなら理解はできる。
夏以降の飛躍に向けてこのレースチョイスは遅かれ早かれあっただろうし、仕方ない。
※前後半が48.8-45.9と極端な後傾ラップ。マイルにしては追走が楽だったが、作戦通りの最後方待機。結局切れ味で負けてしまい、調教代わりの8着。国枝厩舎の牡馬で外れるとこうなる典型例。

芝に見切りをつけるしかなくなったし、勝負どころでは唸るような伸び脚は全く見られず。メンタル面がキツい運動に対して諦めモードになっており、ケアがまだまだ長引きそう。
ダートで本領発揮となれば良いが・・・。
※芝スタートで逃げ馬が前を塞ぐと、堪らず首が何度か横を向いてしまった。最後の直線はバテた相手との差を詰めるに留まり、1秒2差の6着。
馬場適性以前にに走る気持ちがレースではほとんど発揮されていないのに等しい。

▽うまカレドラフト 同志社2位




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ