みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ4ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
2頭出走登録ですが、あろうことか直接対決です
そんなの望んでねえよ
ヽ(#`Д´)ノ → 指名馬リストの8月末進捗はこちら


指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら



※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。




 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 



(出走予定)
09/25
中京03R 未勝利 芝2000


09/26
中京03R 未勝利 芝1600
マイシンフォニー(15位指名)

中山05R 新馬 芝2000

中京05R 新馬 芝2000


(レース前後短評)
全姉は期間中に葵Sなどを勝ったディアンドル。その姉が1,600万募集馬だったのに、弟は4,000万募集馬と、かなり下駄を履かせてきた印象。
池添学厩舎で活躍する傾向と合致せず見送ったが、デビュー戦は調教で真面目に走らない上に前をカットされる不利(制裁は無し)もあったとは言え、8着と負け過ぎ。
短期放牧を挟んで見違えるような動きを見せてきた。一度使われた今回ばかりは見直せる余地はある。
※レコード決着だったレースで出遅れてしまったのが痛かった。
大外を回しながら道中追い上げており、3角や4角では先頭に並びかけるような勢いで上がって行ったが、ロングスパートが堪えて5着敗退。
勝ち馬と0秒6差と着順程負けていなかったし、一度使われたことで粘り強さは出てきた。
何か一つでもきっかけが掴めれば、もう少し際どい着差にもなるだろう。

サウンドビバーチェ(12位指名)
デビュー戦は掛かって脚が残らず7着。2戦目は前が詰まって6着と、勝負所で運の無い2連敗。
マイルで相手なりに走れるかどうかも大事だけど、やる気に正しくスイッチが入ってこなかったのがメンタル面に影響しなきゃ良いんだが・・・そのあたりも含めて高柳大輔厩舎の力量を測るにはちょうど良い機会になりそう。
まずは掲示板確保を狙ってもらおうとして、突発先行を仕掛けるのか。それとも切れ味勝負に一縷の望みを託すのか、この辺りにも注目。
※雨が降って重馬場になったところに突発先行を仕掛けてくれた。4角では外に振られそうになってしまったロスがありながらも外を回し、競り合いを何とか制して快勝。
思った以上に早く勝ち上がってくれたことは嬉しいが、パンパンの良馬場でマイルを戦える力は足りないだろう。そうなると、雨が降るとか馬場回復が遅れているなんて時には、十分勝負になるのかも。
全体の走破時計が掛かることが絶対条件なので、案外距離を伸ばした方が良さが出るかもしれない。もしくは相手が弱い時には強気に出られるスネ夫君的な存在かな?


マイシンフォニー(15位指名)
前走は2戦目で勝ち上がり・・・と言えるぐらいの内容だったし、最後大外を差されてしまっただけの2着。
距離を短くしたのはプラスとは言えないが、いずれにしても牝馬路線に2000mのGIは無いので、マイルを遅かれ早かれ使うしかあるまい。
余程の事が無い限り馬券圏内には入るだろうし、相手の急襲がなければ勝ち上がれるメンバーが相手。それだけに内容も伴った勝ち上がりを求めたいが、1600mではそれも酷なのかもしれない。
※雨で馬場が渋ったのはプラスに働かなったし、結果として距離短縮はマイナス。0秒3差の4着で、差す競馬に徹して及第点の走りは出来た。
レース全体の上がり3F=36.5のところ、自身は36.3で走れたし悪くなかった。とは言え、本質は良馬場のマイルで結果を出せないレベルなんだろうなと思わせる敗戦。
松永幹夫厩舎が牝馬を預かるってことは、こう言うなんだってことを改めて突き付けられた。

▽うまカレドラフト 京大1位

18-19シーズンで指名したシティーオブスターの全弟。ハーツクライ産駒なのに芝で良さが出なかった兄なのに、シルクで4,500万で募集し美浦の武井亮厩舎に入厩。
AWで結果を残した母・テルアケリー(Tell a Kelly)の良さを出すには、むしろ芝のスピードタイプの種牡馬がシックリ来るような気がしてならない。
全兄よりもスムーズなデビュー戦となるだろうか、それとも調教が動かない今回は全兄よりも酷い内容となるか。
※肝心の状態が芳しくないとは言え14着、しかも道中のペースがそんなに早くなかったのに追いどおしで、レースに参加できていなかった。
この一戦で判断するのは無理だが、テルアケリーの子供ってどれもこんな感じでレースに行ったら目も当てられない。
次走当たりで体調良くなってもダメだったら、出資者が不憫だけどこりゃ諦めるしかないだろうね。結局AW(オールウェザー)って何だったんだろうって話だし。


前田幸治オーナー所有で社台ファーム生産のキズナ産駒。
同じ母からはほとんど牝馬が出てJRAで勝ち星なしと言う状況。夏前にデビューの予定が秋デビューとなったが、牡馬で一変となるだろうか。
丸ごとPOGでは「キズナに似てパワフル」「首を使って重心が低い走り」「クラシックディスタンスが良さそう」「胸が深く心肺機能が高い馬の印象」と特徴が上がっていたが、そのとおりの走りを見せられるなら今後が楽しみになる。
※前後半67.1-61.5がと、重馬場で全体の走破タイムが掛かってしまったのは仕方ないのを差し引いても、かなりだらしないレースになってしまった。
貯めるだけ貯めたレースで他馬の脚が上がったとは言っても、ラスト2Fが11.6-11.7の展開で最後までしっかり伸びて2着確保は立派。
もっと道中のペースが引き締まる展開になって、終いにこの走りができるなら更に視界は開ける。


ルーラーシップ産駒ならキセキやディアンドルが居るにしても、それで「エース」と付けられる根拠には乏しいはず。しかも杉山晴紀厩舎だから牡馬でクラシックは?が付く。
母母のリッチアフェアーからはローブティサージュが出ているにしても、母・ガラアフェアーからは2020年の君子蘭賞を勝った半姉のボンオムトゥックが出た程度。
2019年の当歳セレクトセールで8,856万円付いたにしても、少し値段が吊り上がった印象を受ける。果たしてエースと名付けるのに相応しい走りは出来るだろうか。
※レースレベルが低い中とは言え3着を確保。全体時計が掛かった方が良いだろうし、最後は勝ち馬に前をカットされるなど、少し可哀想なレース内容だった。
良馬場など条件が変わって、もっとやれるのかもしれない。距離は2200m以上に伸びない方が良いのかもしれないが、スピードの能力がキッチリ伸びてくれるかどうかに掛かってくる。




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ