みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕してもうすぐ4ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
2頭も出走登録です。
牝馬戦線に、指名馬が嵐を巻き起こしてほしいです
( ´艸`) →  指名馬リストの8月末進捗はこちら

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら


※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 

【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!




(出走予定)
10/02
中京02R 未勝利 芝2000

中京09R 特別 ききょうステークス 芝1400


10/03
中京04R 新馬 ダ1800

中山05R 新馬 芝1800
ウィズグレイス(5位指名)

中山09R 特別 サフラン賞 芝1600
シゲルイワイザケ(18位指名)


(レース前後短評)
牧場はキングカメハメハ産駒なのに「ディープインパクトのようにも見える部分がある」と言い、友道センセイも「キンカメっぽくない」とジャッジ。不思議なコメントの答え合わせ第二弾。
雑誌が出た時点では芝のスピード能力に関してコメントが無かったものの、デビュー戦は2着惜敗。
貯めてヨーイドンのレースで自身は最速上がり3F=33.1だったが、最後の1Fは11.8を要しており「負けてなお強しとは言えない」内容だった。
距離延長は友道厩舎なので既定路線で理に適っているにしても、手前側の脚方向へヨレそうになった持久力不足が改善されているか。一度使われたことでどれだけやれるかにも注目。
※ゲート内で落ち着きの無い仕草も見せていたが、悪いなりに出てフワフワしながら4番手の内目を追走。
4角では外を回してそこから加速。まだ体幹が頼りなくフラつきそうになるシーンもあったが、抜け出して快勝。
手応えに余裕があったとは言え、終いの1F=12.5とだいぶ掛かっていたし、抜け出す際に前脚が内(左)を向いていたように、まだまだ中身がしっかりしてくる前の段階。
走破タイムを詰められたのは評価出来るが、内容の濃さには懐疑的。
今後の成長でキンカメ産駒特有の「厳しいペース・展開を乗り切るタフさ」を養えるかどうか。それともディープインパクトっぽい緩さが残ってしまうのだろうか。
友道厩舎とノーザンファームの育成手腕がどんな風に発揮されるかに注目。

▽うまカレドラフト 立教1位

デビュー戦はスピードに乗るまでが大変で、道中も気合を付けっぱなし。それでもスピードに乗るやいなや大外を回して快勝。
本来は距離はマイルよりも1800m以上あった方が良いはずなだが、適性を測る&レース数を使いたい意図があるなら少頭数のOPを使うのはアリ。
前走が平凡な走破タイムだったし、ベターな条件ではない中で相手なりにどれだけやれるか。これでソコソコ勝負になるようなら、2歳重賞に挑む口実も出来てくる。
※逃げないつもりが掛かってしまい、結果としては勝てたけれども、吉田隼人騎手の表情が晴れないレース内容だった。
思っていた以上に1400mでやれることは分かったが、メンタル面の脆さも同居していることまで証明してしまった。
武幸四郎厩舎がどのようにメンタル面のケアをしてくるか、そしてこの馬はマイルで通用するスピードを伸ばせていけるかが、今後の参考にもなってきそう。

▽うまカレドラフト 中央7位

母父がゼンノロブロイって時点でかなり割引きたい、シルクの3,500万募集馬。
牡馬でこの価格、しかも池江泰寿厩舎ってのも食指が動かなかったが、モーリス産駒でまさかの中京ダートデビュー。
おそらく適性を考えた上でのローテーションだと思われるが、仮にダートで全く歯が立たないとなるとかなり悲惨。まずは無事に完走して欲しい。
※発馬が悪かった。道中は捲ってポジションを上げたが、そこでスタミナを消耗してしまい、直線ではバテバテの最下位。
一度使って次走で立て直せるなら、今回はノーカウントにも出来るが・・・。


ウィズグレイス(5位指名)
他頭数の中山で使えるなら使う、除外されたら東京開催と思っていたところ、運良く抽選突破。
相手に恵まれた感もあり早速デビュー勝ちを決めてもらいたいところだけど、スピードに乗る際の動きが芝でも再現できるかが唯一の懸念材料。
国枝厩舎だし、今回はタイムと内容は一旦置いておこう。
※3着とは僅差でも課題の多い敗戦となった。スタートがあまり早くなかったのは仕方ないが、2角でペースが落ち着いたのに前が塞がってポジションをあげられなかったのが響いた。
スピードに乗るのが遅かったため、3角から手を動かしたがだいぶズブい面を出してしまった。
残り100mぐらいで進路が狭くなったのもあり、能力で3着を確保できるはずが5着と、負け方が後ろ向き。
東京開催で仕切り直しにしても1800m以上の距離で見直したい。
マイルは忙しいだろうし、相手に恵まれないと苦しいはず。やはりカレンブーケドールと同じようにオークス狙いとなるだろう。

▽うまカレドラフト 宇都宮4位

シゲルイワイザケ(18位指名)
デビュー勝ちを決めた後、早くからサフラン賞に目標を定めていたので、福永祐一騎手を確保。
この体制で、現時点でどれだけマイルでやれるかを測ることは決して悪くない。
仮に2000m以上の馬って事であればオークスに向けた切替になるだろうし、マイルでも行けるとなれば渡辺薫彦厩舎が3年連続で重賞を獲りに行く強気のローテーションを組んでくるだろう。
相手が少し骨っぽいけど、この馬が主導権を握っていけるかにも注目。もしかしたらお得意の「差し馬転換」が始まるかもしれないが、エピファネイア産駒だしそれはそれで面白そう。
※前が止まらない馬場バイアスもあり、前後半49.6-46.2のスローペースで4~5番手の内を突いて、道中は無理せず。
終いの切れ味勝負に持ち込む不利な流れだったが、上がり3位(上り最速は2頭)で差してきて写真判定の末ハナ差凌ぎ切って3着。
将来は差し馬にしたいようなビジョンも見えたが、勝ちに行くよりも着実に賞金加算を狙ってきたような走りだった。
直線もなかなか進路を見出せず苦戦していたが、遜色無い戦いが出来たのは収穫だった。
マイルは少し短い印象ではあったが、成長次第では厳しいペースもこなして牝馬同士のマイル重賞も案外こなしてくるのかもしれない。
現状では1800m以上で見直したいところ。

▽うまカレドラフト 愛知学院3位

リアグラシア
今のところ気性面の課題を抑え込んでお利口さんではあるけど、気難しくカッとなりやすくスタート直後に行き脚が付きにくいのが姉同様にネックとなっている。
前走は前後半タイム48.4-46.9の稍重馬場を上がり3F=33.7の最速で見事に差し切って未勝利脱出。
最後まで何とかバテずに走れていたが、終いの1Fは12.0と掛かっていたようにマイルではかなり忙しい印象。
今回はマイルだと少し忙しい馬が相手なので、相手なりにどれだけやれるか。
展開のごっつぁんと他が自滅してくれれば馬券に絡める可能性もある。本質は姉同様に1800mや2000mの馬だと思われるが…マイル適性が突如覚醒するだろうか。
※前が止まらない馬場でスローペースと不利な条件だったが、最後は際どい着差の4着までよく追い込んで来た。
上がり3F=11.4-11.0-11.3とかなり苦しい流れを差してきて、最後は伸びなくなってしまったのは能力の限界だと思うが、未勝利を勝ち上がってからかなり成長を見せてきた。
走破タイムの速いレースでは姉同様に苦しいと思うが、距離を伸ばして差し脚の良さが出そうな能力をしっかり見せていた。
こうなると持ち味を活かすも殺すも木村哲也厩舎の匙加減次第。

▽うまカレドラフト 明治3位


・・・これらを踏まえて土曜日の予想
日曜日は出来るかどうかわかりません




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ