みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して4ヶ月半です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
1頭も出走登録です。
立て直した効果がちゃんと出るでしょうか

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 


【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!



(出走予定)
10/16
阪神01R 未勝利 ダ1800
東京03R 新馬 芝1600

阪神03R 未勝利 芝2000

東京05R 新馬 芝1800

10/17
阪神03R 未勝利 芝1800

東京04R 新馬 ダ1300

新潟05R 新馬 芝1200

阪神05R 新馬 芝1600
(レース前後短評)
松永幹夫厩舎でライオンレースホース2,600万募集馬、募集価格はかなり強気。ダートに矛先を向けてから2戦連続4着。勝ち馬とはさすがに差があるが、内容は徐々に伴ってきている。
ムラっ毛があって加速も重心が沈まない点はネックだけど、前走では良く追い上げて3角と4角では大外を捲って行く気持ちの強さを見せていた。最後まで実にしぶとかった。
脚の使い方ひとつで馬券圏内も考えられる。体力強化と距離延長が実を結ぶだろうか。
※スタート直後に外へ突進しかけたが、すぐに前を向いて持ち直すとスピードの違いでハナへ。
相手に恵まれたのは事実だし、主導権を握って最初の400m~600mでは1F=13.4とすぐに息が入ったのも功を奏した。
それにしても良馬場で簡単に抜け出せたし、最後まで余裕たっぷりに逃げ切って快勝したのはフロックでは無いはず。
もう少しきつい流れで同じようなしぶとさが出せるかが課題だが、今回はスピードの違いで逃げただけで合って、JRAの競馬場でダート1800m=1分52秒台前半を求められても、好位で足を貯めれば決して無理難題でもなさそう。初戦の内容を考えれば、目下成長著しい。

国枝厩舎のキンカメ牝馬、2020年セレクトセールで1億8,700万円と高額落札。
ルメール騎手が調教に跨って「良い馬」と言い、国枝センセイも「楽しみでしょうがない」なんて言うのは珍しいけど、麻布商事(三木オーナー)だからなぁ。
何が良いのか具体的に言わないあたりはリップサービスだと思うよ。本当にバケモノなのかどうかはゲートが開けば解るはず。
暫定版や虎の巻を作って居た時点では、2月3日生まれ+20-21シーズンでGI2着だったのがプラスにならなかった。仮に大惨敗しても育成手腕はもとより厩舎マッチングの問題と片づけられる。
※新馬戦特有のゆったりとしたペースも幸いし、相手関係も楽だったのは事実。それにしても余裕たっぷりに残り400mでルメール騎手が追いだす十八番の戦法で、抜け出し快勝。
貯めに貯めたとは言え、上がり3F=11.6-11.5-11.4を出せたのは及第点以上。ルメール騎手のレースプラン通りに勝てたのもプラス。
次走以降はゲートインをゴネずに、締まったペースにも付いて行けるなら軽視禁物となりそう。セレクトセール高額馬だけど、デビューの時点では確かに「良い馬」だった。


半姉はGI馬で全兄も重賞を勝ったが、ハーツクライ産駒だと母の軽いスピードが活かされてこないのが課題。
加えてバローズさんは、何故かGI馬の兄弟が鳴かず飛ばず。果たしてこのジンクスをぶち破れるかは今回の内容次第。
デビュー戦は出遅れながら良く追い上げるも、決め手の差で3着。勝ちに行く乗り方をしたが、コーナリングの加速がまだ弱いのがネック。
一度使われたことで早め先行・持久力勝負に強いところが出れば展望は開けるが・・・
※前後半が62.0-60.0と言う流れ。前走から2.5秒早い前半に脚を貯めて、残り1000mからはポジションを押し上げたがでロングスパートでスタミナを削がれてしまって、直線ではバテバテの3着。
持久力が足りておらず、先行してスタミナが削がれてしまうなど課題山積。やはりバローズさんの法則通り、ジンクス再適用になってしまったと考えて良さそう。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)1位

フェニックスループ(9位指名)
デビュー戦は6着だったが遠征した影響もあって、馬体重が446kgと細かった。中団から脚を貯めるまではスムーズなレースぶりで、末脚の決め手較べで劣っていたのが敗因。
フォームのぎこちなさが見られた6月頃は栗東坂路でラスト1Fだけ12秒台計測→ラスト2Fとも12秒台計測するようになった。トータルのタイムは変わっていないにしても内容が違ってきている。
まずは掲示板確保、相手の自滅待ちとは言え、最後の最後で追い込んで着順を上げられるか注目。
※馬体重は+12kgとなってくれたが、道中の前半5F=62.0に付いて行けず離れた最後方待機。
上がり最速の35.8では追い込んでくれたが、他がバテてくれたのに4着と内容はまだまだ。
一度使われた上積みは確かにあったが、まだ成長途上。距離延長もマイナスでは無いにしても決め手の弱さが直近の課題。年内は決め手を磨けるように成長を待つしかなさそう。

▽うまカレドラフト 近畿4位

シルクのエピファネイア産駒で、3,500万募集馬。牡馬としては決して高くないし期待されているのか?とも思ってしまう。美浦の宮田厩舎に入厩で人気していたようである。
調教動画を観ていると美浦の坂路ではストライドが伸びず、ディープインパクトっぽさは薄い。首も全身も上手く使えておらず、ルメール騎手を確保した割には中身がまだ出来上がっていない印象。
直線の平坦な部分では全然違った走りをしてくれることと、相手が自滅してくれたら馬券に絡む可能性はあるが、他がまともなら掲示板確保がやっとだろう。
※スタートダッシュが効かずに中団より後ろのポジション。ジッと我慢が出来ていたし、走破時計が遅いのも幸いした。
直線も最後まで希望の持てるステッキタイミングだったし、調教以上にレースで健闘して2着。
道中のペースが早くなる次走でも同じぐらいの内容は出してもらいたいし、その上で相手が自滅してくれれば未勝利卒業もすぐそこ。
一瞬の加速力だけはまだ成長途上で強みにならないので、1800mよりは2000mがベター。時計を詰められるように成長できるかに注目。
▽うまカレドラフト 同志社3位

サンセットクラウド
調教動画を観る限りは右へ左へふらつきながら栗東坂路を登っている。首が低く1800mよりも2000m以上がベターだし、時計勝負には今すぐ対応できる体制ではなさそう。
もともと矢作厩舎の好走命名法則から外れていて評価を下げたので、デビュー戦でマークされたらどんな走りを見せてくれるのかは楽しみ。まったくお話にならない内容かもしれないと一考。
夕焼け雲ってのは確かに綺麗だけど、商売ではなかなか名付けにくいよね。
※デビュー戦5着で、レース全体の上がり3F=34.2のところ、この馬自身が34.5。差し馬として初戦の内容は及第点に届かず。次走以降一度使われた上積みで克服してくるだろうか。
▽うまカレドラフト 宇都宮1位

重賞勝ちした半兄のクラージュゲリエと同じく5,000万円と相当強気な値段設定。
兄に比べてが西村厩舎が相当順調に函館に下ろせた点は評価できたが、エクラノーブルの作ったペースに完敗。
この馬に関してはエクラノーブル以外の2着馬以降に食い下がり、最後は良く追い上げて4着と健闘。決め手を活かすのかポジションを取りに行くのかが中途半端だったので、距離を延長して作戦を徹底できるかがカギ。
全兄・プロフェットと重苦しさは似ているが、相手なりに好走すれば馬券圏内はあり得る。
※スタートの出が悪かったのが全て。中団で足を貯めるが3角から外へ外へ張ろうとしており、4角出口では外へ流れてしまった。
稍重でレース全体の上がり3F=36.4のところ、自身が37.0で7着と歯が立っていなかった。
現状後ろから行く作戦はミスでしかなく、馬の後ろにつけることで嫌気が差してしまったのも戴けない。

▽うまカレドラフト 川崎医科5位

北海道トレーニングセールで3,300万円で落札。ダートで手堅く稼ぐ後輩が、母であるカシマフラワーのエーデルワイス賞勝ちを評価して指名した模様。
小手川厩舎がどんな風に管理していくのか、お手並み拝見と行きましょう。
※外枠ながらスタートはまずまず。少し行きたがって前に付けられたまでは良かったが、山田敬士騎手が賢明に制御して、どうにか内の馬へぶつかるのを回避するシーンがあった。
首の使い方が集中力を欠いており、差し馬に外から交わされて一気にやる気も削がれてしまった。勝ち馬と2秒0も離され8着だったが、見直せる余地はある。


美浦・稲垣厩舎のスクリーンヒーロー牝馬。キャロットが3,000万円で募集しており、母母がシーザリオと言う血統。
その割には体力不足が顕著で、1200mに下ろしてくると言う先行きの不安が募る使い方をしてきた。まだまだこの厩舎はPOG期間中の活躍は「頭と尾っぽはくれてやれ」で良いと思う。
※重馬場で見た目以上にスタミナをロスしたと思われるが、4角では加速したまま曲がれずに大外へロスが非常に痛かった。
今回は不利条件が全て揃っての14着も仕方ないが、距離を伸ばすか腹を決めて直線1000mに向かわせた方が良さそう。

▽うまカレドラフト 山梨5位

7月下旬にゲート試験に合格し、山元トレセンで秋デビューを目指して調整。ここまでは予定通りで、大きな頓挫も無く順調だった。
コース調教で良いタイムを出せるようになっている反面、坂路調教で苦戦しているのは社台F生産だからある程度は仕方ない。
持久力を問われる展開に持ち込まれた時にどれだけ踏ん張れるかがカギを握るが、相手なりにしぶとく粘って掲示板確保以上を目指して欲しい。
※スタートからスピードに乗らず最後方待機。追い出してからも前との差が全く詰まらず13着。上位人気を完全に裏切ってしまったし、闘争心に火が付くような場面も殆ど無かった。
ノーカウントは可能だけど、上積みが見られるまで少し時間を要しそう。




土曜日の予想


日曜日はたぶんできないです。


【PR】2022年あなたのお部屋に





POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ