みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して4ヶ月半です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
1頭出走登録です。
酷い負け方をしてきた馬なので、
正直立て直せてないとしか思えず、全く期待できません。
ヽ(#`Д´)ノ →  指名馬リストの8月末進捗はこちら

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 

【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!



(出走予定)
10/23
東京01R 未勝利 ダ1600

東京03R 未勝利 芝1600

東京04R 新馬 芝1400

新潟05R 未勝利 芝1800
10/24
東京03R 未勝利 芝2000

阪神03R 未勝利 芝1400

阪神05R 新馬 芝1800


(レース前後短評)
全兄にアジアエクスプレスが居る、シルクの2,800万募集馬。
もちろん厩舎は全兄と同じ手塚先生だけど、GI馬の弟を初めてクラブ馬にしました!ってパターンでシルクの会員諸兄をガッカリさせるには十分の5着。
デビュー戦&芝だったことを差し引いても3角から4角にかけてスピードが上がらず、内から交わされてしまったようにコーナリングにも課題。
今回はダートに矛先を向けてきた。全兄同様にダートで息を吹き返すだろうか。
※現状では少なくともダート>芝だったようで、中団から足を伸ばして2着確保。
ダートながら前後半48.7-50.2とかなりタフな流れをモノともせず、スタート直後焦らずに芝のポケットからダートへ入ったのが結果として功を奏した。
まだ成長途上で無駄な動きがあったものの、上がり2位で最後まで粘り強さを見せていた。距離は芝でもダートでもマイル以上はあった方が良いはず。
今回の時点では未勝利卒業に相手が自滅するアシストが欲しいところ。
▽うまカレドラフト 早稲田7位

1億超えで麻布商事落札の安田隆行厩舎。デビュー戦は芝に卸して、思った以上に芝をこなしてくれたのは事実。
周りがモタモタしてくれたおかげで、川田将雅騎手十八番の2番手を確保。直線で粘るも持久力不足が最後に祟って3着敗退。
距離を200m伸ばしてマイルにしたのはまだしも、一度使われた上積みが無いとスピードの絶対値不足が補えない。相手なりに走って馬券に絡めれば御の字だが、デビュー戦で絶対的なアドバンテージがあるほどの内容では無かったのが気掛かり。
※走破タイムは地味だが、前走と同じく2番手を確保。タイミング良く抜け出して快勝で未勝利卒業。
まだ伸びしろもあるだろうけど、首の推進力が前へ前へと動き、その分上下方向には大きく動かないのが特徴。
これだとマイルよりも1800m以上がベターだろうし、操縦性の良さを活かすためには基礎体力も足りていないので、1勝クラスで少し揉まれる必要があるだろう。
時計勝負では無いレース展開なら、決め手を磨けばまだ伸びる余地あり。

半姉にマルターズディオサが居る手塚貴久厩舎-藤田オーナーのライン。距離に限界がある母なので、ロードカナロア産駒になってしまうとマイルが持つのか?が最大の懸念事項。
それさえこなせれば半姉に匹敵する活躍が見込めただけに、結構最後までリストの下位に載っていた。デビュー戦で素質の片鱗を見せてくるだろうか。
※スタートが遅く、後方から伸びず12着。
まだ身体全体を使えてないし、見どころが殆ど無かったデビュー戦だった。一度使われた上積みで馬が替わってくるのを待ちたい。


インプレス
前田幸治オーナー所有で社台ファーム生産のキズナ産駒。
同じ母からはほとんど牝馬が出てJRAで勝ち星なしと言う状況で、デビュー戦は前後半67.1-61.5と、重馬場を何とかこなして、ラスト2Fが11.6-11.7の展開で最後までしっかり伸びて2着確保は立派。
もっと道中のペースが引き締まる展開になって、終いにこの走りができるなら更に視界は開ける。一度使われた上積みは見込めるが、相手が少しは軽くなる新潟であっても距離が1800mになったのは、もしかしたらマイナスに働く可能性がある。
※前半5F=62.2と、芝1800mにしてはスローで貯めて行けるラッキーな展開も味方し、1番人気に応えて快勝。
道中のペースが引き締まらないのが好走の大前提になるとすれば、やはり2000m以上で見直したい1頭と考えて良さそう。
未勝利卒業はしたけれど、相手が自滅してくれたのも事実。直線ではスピードが出せない割には最後までフラフラと走っていたのもネック。
もう少し身体がシッカリするまで成長を待ちながら、1勝クラスで揉まれていく必要もある。

デビュー戦はスローで貯めて切れ負けたが、着差の割には相当頑張って5着。
前走は追い較べで負けてしまったが、一度使われた上積みは顕著の2着だった。
終いの1F=11.9で勝ち馬に突き放されてしまったのは戴けなかったにしても、2番手から抜け出して苦しくなってからも何とか伸びていたから、2000mに伸ばした方が良い内容になりそう。
良い脚を長く使えない弱点をどう克服してくるだろうか。相手次第でも今回は未勝利卒業のチャンス。
※スタート直後から蛇行してしまったり、尾を無駄に動かしたり、気難しくてコントロールするので精一杯の場面をこれでもかとばかりに作ってしまった。これでは前半400mで、もはや最後の追い較べには参加できない状態。
ここから半ば気持ちに任せるように前に行って、4角出口では一度先頭に躍り出すもスタミナ切れで交わされて、0秒4差の4着。
最後の直線では途中まで首を大きく使って良く加速出来ていたが、序盤のレースに参加できていないロスが体力を奪ってしまったのが響いた。
負けたなりに内容があり、克服すべき弱点は明確。矢作先生のところだから中1週で遠征させたハードローテでも、これだけ収穫があれば次走以降に向けた立て直しに道筋が出来た。
それでも未勝利卒業に向けては決め手不足なのが否めないので、成長を待ちながら集中力を上積みしていく地道な成長過程が必要になりそう。

▽うまカレドラフト 帯広畜産2位

今回は芝1400mへ距離を縮めてきたが、デビュー戦は力んで走って競馬にならず。前走も前半5F=62.3でもバテてしまい、距離が持たなかった。
そもそも体系が父にも母にも似ておらず、絞れて来ないのではまったくお話にならない。今回は無事完走で入着(8着以内)なら御の字。
おそらく前に行けないだろうし、前に行ってもレースを止めてしまうんじゃないだろうか。馬体が絞れて引き締まった上で、出たなりのポジションからダラダラと伸びてくれば、まだ見直せるんだけどねぇ。
※馬体重が-6kgでまだまだ成長過程ではあるが、スムーズでは無いレース内容にしてはバテた馬を交わして4着と、まだマシな内容にはしてくれた。
勝ち馬からは1秒1離され、レース全体の上がり3F=35.0のところ自身は35.3と、差し馬として及第点が付けられないのは苦しい。
今後もこのような追い込むレースをしながら末脚を磨いていくしかなさそうではあるが、この内容が続くようならマイルでも面白そう。


アルファヒディ
サンデーRで1億円の募集馬と言う時点でかなり割引く必要性はあったが、丸ごとPOGでは的確に「まだ少し動きに硬さがある」「精神面も幼く身体も大きくないのでじっくり進める」「いかにも奥手のハーツクライ」と、「あちゃーなコメント」の三拍子が揃った。
長い距離が合っているだろうけど、アルアインやシャフリヤールより全然スピードが無いのは十分理解できた。
ハーツクライよりも他に合わせる種牡馬居たんじゃなかろうかとすら思うし、まして池江泰寿厩舎に入厩しているんだもんなぁ。
この時期にデビューできたのは嬉しい誤算にしても、半兄たちほどの活躍をいきなり見込むのは無理がありそう。
1800mだとスピードの絶対値が不足していそうだけど、せめて掲示板確保ぐらいはしてもらいたい。
※道中は付いて行くのが精一杯になるほど無惨なレース内容。バテた馬を交わして5着も基礎体力がまだ足りない状況。
それでも上がり最速タイを叩き出すなど素質の片鱗は見せた。一度使って次走でもう少しレースに付いて行けるようなら一気の巻き返しは考えられる。

▽うまカレドラフト 明治2位

リアド
大塚オーナーと友道先生のライン。とりあえず給付金関連のゴタゴタは無かったことになっているようだが、この馬はどうだろうか。
半兄に古馬になってから重賞勝ちしたストロングタイタン、半姉にはアーリントンC2着&NHKマイルC3着のギルテッドミラーが居る。
姉は松永幹夫厩舎の飛び道具的な位置に居たので参考程度にするとしても、軽いスピードを持った血統との相性が良さそうな母だけに、実はとんでもないバケモノである可能性も。
1800mまでは兄や姉の実績を考えれば決して悪くないが、2000mを超えるとなれば血統面で限界がありそうな予感がする。
※デビュー戦快勝で、ラスト3Fを11.8-10.7-11.9。最後は流す余裕もあったが、早々に抜け出すレースセンスが光った。
現時点ではまだ器用さに欠けるような印象を受けたが、ペース耐性と決め手は十分OPクラスでもやれる内容だった。距離をどこまで伸ばせるかだが、今回の走りを見る限りでは2200mならどうにかこなしても不思議ではない感じがしてきた。

▽うまカレドラフト 青山学院2位




【PR】2022年あなたのお部屋に


POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ