みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのPOG
開幕して5ヶ月です。
指名馬を含めた出走馬を振り返ります

(コメントに関しては月曜日以降に追記します)

凡例:馬名の前に◎=管理人が指名
   馬名の前に△=他者がドラフト指名

・・・なお今週、私の指名馬
4頭も出走登録です。
黄菊賞はもちろん、未勝利・新馬ともに一つでも上の着順をもぎ取れ!
( ´艸`)   指名馬リストの8月末進捗はこちら

今年の指名リストはこちら

指名漏れの特集(前半)8月末の進捗はこちら
指名漏れの特集(後半)8月末進捗はこちら

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


 当ブログ主催の、特殊ルールPOG開催に向けて、現在計画を練っております。
 仕事の状況にもよりますが、募集は11月下旬→ドラフト会議は12月上旬を予定
 詳細決まりましたら正式にお知らせいたしますが、立案のページを作りました。by多幸 

→11/20募集開始予定
参加希望者は続報をお待ちください


【PR】あなた独自の戦略をバージョンアップ!



(出走予定)
11/13
阪神03R 未勝利 芝1400

阪神04R 新馬 ダ1800

阪神05R 新馬 芝1800

阪神11R GⅡ デイリー杯2歳S 芝1600


11/14
東京01R 未勝利 ダ1600

阪神01R 未勝利 ダ1400

阪神04R 未勝利 芝1800

東京05R 新馬 芝1800

阪神05R 新馬 芝1600
スタニングスター(3位指名)

阪神09R 1勝クラス 黄菊賞 芝2000
グランディア(8位指名)


(レース前後短評)
体系が父にも母にも似ておらず、絞れて来ない段階ではまったくお話にならなかったが、前走はバテた馬を交わしたとは言え4着と健闘。
勝ち馬からは1秒1離され、レース全体の上がり3F=35.0のところ自身は35.3と、差し馬として及第点が付けられないが、もう少し決め手を活かせるようになれば馬券圏内も夢ではなくなる。
末脚を磨いていく過程なので現時点でどれだけの成長があるか確認したい。まずは勝ち馬と1秒以内が目標。
※勝ち馬とは1秒以内、レース全体の上がり3F=36.4のところ自身は36.3で上がっており、ようやく差し馬としての力がついてきた。
クビ+クビ差の5着で2着とも0秒1差、しかも4角の加速時に一度ブレーキを踏む格好となったから、かなり惜しくて悔しい負け方だった。
常識に掛かる範囲まできた以上は、次走かその次ぐらいには未勝利卒業が見えて来るかも。距離はマイルぐらいまでは行けそうだが、1400mがベストかもしれない。
ダートに卸してきたが、三嶋牧場が誇る怪物系がいよいよ登場。
単なる気難しい・やんちゃな振舞いばかり目立つだけの馬なのか、本当の天才なのかはゲートが開けば解るはず。
坂路の時計は及第点だが決して目立っておらず、見るからに楽しみなタイムを叩き出したワケでは無い。
何せ絶不調のオルフェーヴル産駒じゃなかった、ヴィクトワールピサ産駒でしたね。
まずはスタート能力を確認して無事完走してもらえれば。
※スタートは下手で、反応も鈍い。道中何とかポジションを追い上げたが、3角で内側からモロにぶつけられてズルズルと後退し、最下位入線。
タイムオーバーの該当からは外れた模様だが、他の新馬戦に比べて2秒は早いレースだったとは言え、デビュー戦ではまだ鍛錬が足りないと判断するしかなさそう。
しばらくはダートで調教変わりに走ってもらうとしよう。


金子真人HDのセレクトセール2億4200万円落札馬、ディープインパクト産駒で母父がガリレオ、しかも社台ファーム。
母が違うが2016年に青葉賞を勝ったヴァンキッシュランや、2018年のローズステークスを勝ったカンタービレのような、先行して良さの出るタイプだろうか。
決して実績が無い訳ではないし調教の動きやタイムもまずまずの内容だが、金子馬の牡馬なのにタイ語ってのはどうなんだろう。名前は日曜日・太陽を意味するらしいが・・・
※スタートで出負けしたが先行勢の直後に付けて、直線もまずまず力強く伸びてきた。まだ持久力など成長途上で0秒2差の3着なら上々の内容。
レース全体のラップタイムで残り3F=12.0-10.9-12.0でも置いて行かれなかったのは、次戦が楽しみ。
終いが甘めになっていたのが課題だが、一回使われたことで変わってくるなら次走は勝ち負けになる。


デビュー戦が相手に恵まれたとは言え、1分34秒2で勝ち上がっているように少数頭の重賞なら勝つチャンスはある。
手塚貴久厩舎が昨シーズンに続き、クラシック候補を輩出するのかどうかにも注目。懸念事項があるとすれば馬場がタフになって居た場合と、ゲートを大きく出遅れるとか極端な不利を受けた場合。
既に重賞を勝っているセリフォスは強敵だが、引き締まった流れを経験している強みがあり逆転の可能性は十分。
※前後半が48.7-46.4と時計が掛かり始めた馬場だったのは大きなマイナスだったが、そんな馬場で上がりの勝負に持ち込まれてもヒケを取らず、勝ったセリフォス相手に良く健闘して2着。
終始芝が傷み始めた場所を通った差もあるし、輸送もこなした今回は内枠が仇になったと考えて良さそう。
デビュー戦は相手に恵まれていたのは事実でも、タイム自体は翌日の新潟2歳Sと0秒5差。道中のペースも前半4Fで0秒9早かったし、内容が濃いレースをしていたと考え方を改めたい。
次走は栗東滞在ならなお良いが、阪神JFなら中心に考えても良いかも。

▽うまカレドラフト 東京都立4位

現状では少なくともダート>芝だったようで、前走は中団から足を伸ばして2着確保。
ダートながら前後半48.7-50.2とかなりタフな流れをモノともせず、スタート直後の締まったペースでも焦らなかったのが結果として功を奏した。
シルクの募集馬で、まだ成長途上で無駄な動きがあったものの、上がり2位で最後まで粘り強さを見せていた。
未勝利卒業には相手が自滅してくれるアシストが欲しいところだが、これ以上ないほどスムーズなレースさえ出来れば、相手の自滅を待たなくても勝ち上がれる可能性はある。
成長度合いを見てみたい。
前走厳しい流れを体験した効果が大きく、実力を遺憾なく発揮して差し切り勝ち。
相手の自滅は確かにあったし、1勝クラスでだいぶ揉まれていく必要はありそうだが、最後までバテそうでバテずに追える強みが活かせるなら、案外良い勝負になるのかも。
ダートの1600~1900mがベター、成長に応じてスピードが上がって行くまでは1400mだと短い印象を受ける。
▽うまカレドラフト 早稲田7位

須貝尚介厩舎の調教番長とも言える猛時計で一躍有名になった、新種牡馬・ビッグアーサーの産駒。
2歳レコードとなる勝ちタイムだったが、それほど厳しいペースでは無いのに逃げられなかった上に、前との差を詰めようとして全く良いところが無く4着。
本質は1200m向きの馬では無さそうなので、ダート1400mに矛先を向けたのは致し方無い。ダートで息を吹き返せるだろうか。
※一度使ったあと休みを挟んで立て直した効果もあり、+16kgと馬体が増えて行きっぷりの良さがレースでも出るようになった。
直線に向いた時点では進路が無い厳しい展開だったが、一瞬前が開いたところから瞬時に伸びてきて快勝。レースのラスト1F=13.1だったが、正味この200mだけでケリをつけてしまった。
現状は芝よりダートなんだろうけど、このレースが出来るなら芝でも面白そう。
距離は1400mがベターだが首の上下動がそれほど大きくないし、マイルや1800mに伸ばしても良いのではないか。

▽うまカレドラフト 早稲田3位

ルーラーシップ産駒ならキセキやディアンドルが居るにしても、それで「エース」と付けられる根拠には乏しいはず。しかも杉山晴紀厩舎だから牡馬でクラシックは?が付く。
2019年の当歳セレクトセールで8,856万円付いたにしても、少し値段が吊り上がった印象を受ける。
デビュー戦は勝ち馬に前をカットされるなど、少し可哀想なレース内容だった。レースレベルが低めとは言え3着を確保していたが、今回は1800mに距離を詰めてきた。
掲示板は確保して欲しいものの、良馬場でこの馬のスピードが通用するかは半信半疑。使った上積みがどれほどなのかを測ってみたい。
※今回は0秒1差の2着だったが、走破タイムは1.49.2でだいぶ掛かった印象。大外枠で被されないようにうまく立ち回ったし、不利らしい不利も無ければこれだけやれることを確認できた。
スピードもまずまずあることは証明できたし、もう少し引き締まったペースでも対応できるようになれば、1800mでも戦える。一度使われた上積みが大きい。
本質は2000mがベターだが、前半からもう少し早い流れであっても、付いて行けるようになるかどうかを見守りたい。


スパイダーバローズ
バローズさんは何故かGI馬の兄弟が鳴かず飛ばず。ジンクスどおりに苦戦が続いている。
デビュー戦・前走ともに3着だが、勝ちに行って通用していなかった。スピードの絶対値が低いのに距離短縮は好感が持てないし、持久力勝負に持ち込まれてもメンタルがギブアップするのが早いのが難点。
展開の助けがあれば1800mもこなせるがそれなりに相手も揃っているし、今回は喰らい付いて掲示板なら御の字ではなかろうか。
※今回は勝ち馬から0秒5差の7着。終始芝が掘れていたインコースを通っており、消耗が大きくてこの着差であり、7着程大きく負けていない。
1800mは相手の自滅待ちで対応できるが、もう少しスピードを鍛えていかないと厳しい。

▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)1位


ソクラテス
デビュー前追い切りでは外を併せていた馬に気を散らしていたが、集中してからギアの入り方は見事。
さすがに半兄と比べたらスケールダウンは否めないし、体幹がシッカリしておらず首の使い方に無駄な動きが多いのが課題。
デビュー戦はスタート直後に内にもたれてロスがあったのも響いたし、コーナーで外を回すにしても内を締められなかった。
競り負けて4着だったが、相手に恵まれてもミスが多くてコレだから、勝ち上がるまでに時間を要すだろう。距離短縮は感心しないし、一度使われた上積みが顕著って感じでもない。
命名の時点でやっちまったんだけど、何回か使われて瞬発力勝負が出来る状態に持っていくしかなさそう。今回は掲示板に載れれば御の字。
※-16kgで絞れていたが、レース全体の上がり3F=34.7のところ自身は35.1と切れ味勝負でも完敗。
0秒7差の8着以上に負けた印象。
スタートも強調できる程良くなかったどころか、首を左右に振って集中するまで1秒ほどロスもあった。これで2番手まで位置を押し上げたのが、最後の粘りに響いた模様。
距離短縮はそのうちプラスになるかもしれないが、1800mを一度使ったことでメンタル面が引き締まる可能性はある。少なくとも1800mを使いたくなるだけの動きは見せていた。
▽うまカレドラフト 関東学院1位

G1レーシングで活躍したパララサルーの初仔、4,000万募集馬で国枝厩舎。昨シーズンはワンダフルタウンが重賞を勝つなどしたルーラーシップ産駒だが、年々成績は下降線をたどっている。
この馬が馬名の通りに「輝く」かどうかは不確定要素が多い。血統だけなら国枝厩舎でも悪くないんだけど、追分ファーム生産馬なのもあまり強気になれない。
※勝ち馬と3秒8差の最下位に敗退、立て直して2000m以上で見直したい。
▽うまカレドラフト 一橋4位

スタニングスター(3位指名)
全姉にソウルスターリングで、久しぶりのFrankel産駒。友道先生がどのように仕上げて、今後使って行くかにも興味がある。
問題は4月の時点で気難しい面があったこと、Frankel産駒は逃げ・先行で大成していて友道厩舎=差してナンボの路線とは正反対なこと。
全姉とは全く違うレースをするのか、それとも同じようなレースで伸びて来るのか。
主催者の先輩から強奪した分、しっかり走ってもらいたい。
※着順は9着と大きく負けたが、マイル戦で勝ち馬と0秒8差で留めたのはまだ救い。次戦は年明け以降になる予定で、闘争心にスピード、決め手をしっかり鍛え直してもらうしかない。
▽うまカレドラフト 山梨2位

グランディア(8位指名)
使って行くにつれてストライドが伸びてくるようになったし、気難しいところも表に出さず内容が伴ってきた。
前走は調教でも厩舎の先輩・グレナディアガーズを相手にCWで食い下がるような動きを見せ始め、加速して重心が沈み込むようにもなり、2戦目で勝ち上がり。
ラストまで真っ直ぐ走らせるようにしていたが、道中は少しフラフラするシーンもあった。
2000m続戦なのは当然だしローテーションは好感が持てる。人気でも主導権を握って抜け出し、ケリを付けに行って欲しい。最低でも馬券圏内は外さないようにしてもらいたい。
※何とか3着を確保し、勝ち馬と0秒2差に抑えたため馬券圏内は確保したが、ストライドの伸びが弱くなったのが気掛かり。
まだ成長途上なんだろうけど、1勝クラスで揉まれながら強くなれるだろうか。
唯一の明るい材料は走るフォームがかなり良い4着馬・サウンドクレアと競り合って、1/2馬身先着できたこと。
年内もう一戦はあるかどうかは分からないが、年明け以降なら1勝クラスで着順を良くしてくれそう。
加速が鈍いなりに、もう少しタイムも詰めて来るんじゃないだろうか。
▽うまカレドラフト 3大連合(早稲田・電通・東工)2位

ジャスティンパレス
デビュー戦は5頭立てのレースで、63.2-59.1の前後半を余裕たっぷりに後続を引き詰めて、相手の自滅も大いにアシストして先行抜け出しの快勝。
走破タイムこそ平凡だが、前半の無駄なローリングする動きが加速するにつれて収まり、最後の直線でも寄れずに比較的真っ直ぐ走れていたのは収穫。
2000m以上に絞って使って行くしかなさそうだが、スピードの絶対値がまだまだ揉まれていく段階にある。
母母にRoberto系が入っているように晩秋以降&冬場の手薄なメンバー相手が狙いどころではないだろうか。まだまだ成長途上の現状でどれだけやれるか、馬体重が増えているのかに注目したい。
※+6kgと馬体も増えていた。苦しくなってから前脚が右に向いてしまう癖、右鞭を打ったら左へヨロける癖も出ていたが、無駄な動きが抜けていないなりに良く走っていたし、展開も向いて連勝。
前に行って早めに仕掛けたのが功を奏したし、64.0-59.8とペースが落ち着いたのもアシストした。
距離ロスを最小限に抑えて、直線でスッと馬場の真ん中からやや内よりの進路を取れたあたりは見事だった。
だが、OPで引き締まったペースや瞬発力勝負に巻き込まれたらひとたまりも無いし、マイペースで先行が叶った時のみ好勝負なのが現状。
時計が掛かるタフな馬場や洋芝は向いていると判断して良いはず。




【PR】2022年あなたのお部屋に




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ