みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

2021.5.30が日本ダービー予定日、
POGシーズンのドラフト会議までは(初回執筆時点で)残り約5ヶ月。

クラシック本番を前に、2020年内の2歳戦結果から、指名候補の一部を検証開始します。
もちろんヒトでPOGを戦うのですが、馬の要素を無視している訳ではありません。

3月・4月・5月で候補馬は追加されますが、早めの準備が勝負のカギを握ります。
なので、まずは大枠の考え方を中心に第一回目とします。
(その理由も書いておきます)

ぜひ、指名戦略の参考にしてください。

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


この企画のバックナンバーと続きもご覧ください
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(1)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(2)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(3)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(4)
POG戦略 馬主・厩舎 2021-2022暫定版
検討の結果→2021-2022 POG 指名リスト

お知らせ

POG本が発売間近ですね
間に合う方は発売当日にご自宅に届く、予約注文がご利用可能です

1秒でも早く取材情報を入手!


トレンド傾向予想

2014年 甲午 天生地
2015年 乙未 天剋地
2016年 丙申 天剋地
2017年 丁酉 天剋地
2018年 戊戌 比和
2019年 己亥 天剋地
2020年 庚子 天生地
2021年 辛丑 地生天
2022年 壬寅 天生地

2023年 癸卯 天生地

六十干支ではここ数年で、同じような流れが出来上がる過程にあると考えています。
ですが、どうしても2021年に関してはいつもと違う傾向が出やすくなり、そこから脱出したようにいつもの傾向に戻る(一過性で違う動きが出る)と観ています。

この流れを種牡馬のトレンドに置き換えると、20-21シーズンで
・クロフネ産駒(ソダシ)
・Frankel産駒(グレナディアガーズ)
・ジャスタウェイ産駒(ダノンザキッド)

これらが2歳GI制覇を果たしたのは、いつもと違う傾向が先に出たと考えています。
特にクロフネとFrankelは、父がノーザンダンサー系にまとめられます。
朝日杯FSで2着だったステラヴェローチェは、バゴ産駒。
こちらも父はノーザンダンサー系。

そうなると元に戻ると言うのは
・ハーツクライ産駒(またはジャスタウェイ産駒)のGI好走が増えて来る&成功のノウハウが積み重なる
・サンデーサイレンス系(特にディープインパクトや、ブラックタイドの子供)に復権
・ステイゴールド系(息子であるオルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーなど。フェノーメノも?)に流れが向いてくる
・キングマンボ系(キングカメハメハ、ロードカナロア、ドゥラメンテ産駒など)が苦戦するかもしれない。もしかしたら父方の母系にキングマンボ系・ミスタープロスペクター系が濃くある場合も?

と言う風に考えています。

昨年とは違った運勢になることにより、GI制覇はまだしも重賞制覇で良いなら割を食わないで浮上してくる、復活する種牡馬も出てくるのかも。
GI級の産駒を出しそうなダイワメジャーはもちろんのこと、すべてが噛み合えばスクリーンヒーローにもうひと花咲くようなシーンがありそうと観ています。

重賞制覇で良いのであれば、例えばマツリダゴッホ。
それからダノンシャンティも、条件次第では見直せそう。
出鼻をくじかれただけで、これから伸びてくる種牡馬も居そうです。
モーリスも、ダノンシャークも。
新種牡馬のイスラボニータとシルバーステートも、前評判以上の成績を残してくるんじゃないでしょうか。

もちろん、どこで生産されて、育成されて、どの厩舎に入厩して・・・は大事ですけどね。
すべてが噛み合った時のために10頭よりも、15頭ルールや20頭ルールで、
生産界全体の隆盛も見守って、いろんな競馬会に携わる人間を応援してほしいと思っています。


阪神ジュベナイルフィリーズ上位関連

さて、ここからは2020年の成績上位馬の弟妹を少しだけふれておきます。

・ソダシ
クロフネ産駒の全妹は鹿毛。金子馬なのかどうか、厩舎未定。
牝馬で白毛で無い点から割引したいし、2020-2021シーズンは違う傾向だったのでソダシが瞬間最大風速だった可能性も高い。
※D雑誌が出るころまで情報を待ちたいが、上積み要素が乏しい

・サトノレイナス
半妹でジャスタウェイ産駒はサンデーRにより4,000万で募集。
栗東:松下武士厩舎予定。
馬体がやや大きいのが難点だが、ダノンザキッドが520kg前後で走れているので、変な名前で無ければ上位指名検討。
命名法則では英語表記で「e」「o」が入っている事+母馬からも父馬からも連想されない名前。
※D命名前までは評価も、馬名が
ヴァラダムドラーと決まった模様。
母名から連想していないことにすればBだったのに、こういうところで竜神池に落ちるような行動をするのが、最近のサンデーRっぽい。


・ユーバーレーベン
半弟のオルフェーヴル産駒手塚厩舎ではなく、高橋祥泰厩舎へ入厩予定。
マイネルのラフィアンで募集、マイネルトルファンで登録する模様。
姉のユーバーレーベンが1,500万円のところ、牡馬で2,400万円。価格は適切だと思うが、ここまでの過程には食指が伸びにくい。
※Dこれが他の厩舎だったらCになっていただけに残念

・メイケイエール
遅生まれの半弟はジャスタウェイ産駒
シルクで2,000万円募集で、美浦:中川公成に入厩予定。
ダノンザキッドに似てる血統で、下位指名したくなる理由は理解できる。
ただし、厩舎が美浦で古馬になってからなのはかなりマイナス。
距離はせいぜいマイルまでで、重賞どまりでも良いなら。
※D姉の気性難に加えてPOG向きではない厩舎。ロマンだけで下位指名しても良いけど、高額ポイントは期待できそうにない。

・ヨカヨカ
半妹のカンパニー産駒はコウエイの伊東政清オーナーが落札しており、名前はコウエイヨカオゴで決定した模様。
入厩未定だが、食指が動く要素は現時点では見当たらない。
ヨカヨカがあまりにも瞬間最大風速だった可能性もあり、情報を待ちたい。
※D加点要素が出てこない。ヨカヨカが稀に見る成功例だったと考えた方が、腑に落ちやすい。



朝日杯フューチュリティステークス上位関連

・グレナディアガーズ
半妹はディープインパクトで、同じく中内田充正厩舎。
シルクが7,000万円で募集するが、種牡馬が変わったこと+ミスプロクロスがあってノーザンダンサー系と一緒に
Blushing Groomが薄くなっており、半兄とはタイプがかなり違うように感じる。
中内田充正厩舎&シルクのディープインパクトとなると、アウトブリードが望ましいと感じているので、この馬は単に利益確保するだけの存在なのかもしれない。慎重に見極めたい。
※D馬名:アストロフィライト と決まったようだ。母や兄と関係性が薄くなったので評価を下げる方向で良いだろう。私のような(一口馬主をしていない)外野からすると、そもそも値付けに違和感を覚える。

・ステラヴェローチェ
半妹のクロフネ産駒が、キャロットで2,000万円で募集。美浦の黒岩陽一厩舎。
実はその下の弟がバゴ産駒ではるかに魅力に写るのだが、父と同じ芦毛なのは気になるポイント。
割合としては1割強ぐらいだが、妹も全く侮れない・・・のかもしれない。
こればかりは情報を待ってみよう。
※D馬名:クレイドルに決定。母がオーマイベイビーだから連想したんだろうけど、食指が動く方向性から反れてしまった。やはりこんなものか。それよりも兄貴がGIで大暴れしてくれないものか。

・レッドベルオーブ
半弟のハーツクライ産駒が兄同様に東サラで7000万5600万募集。もちろん藤原英昭厩舎。
気性面がマシになるとは思うが、グレイソヴリンの6*8と薄いクロスが完成してしまう。
2歳戦で荒稼ぎ出来た兄と比べるのは酷になりそう。それとも兄以上の評価が出るか。
※D馬名:レッドベルアームに決まった模様。半兄が3,800万円で、この弟が5,600万円だったのか。雑誌が出てから判断してみよう。クラブはベタ褒めコメントばかりだしてるのが引っ掛かる。
(4/4追記:藤原英昭厩舎はハーツクライ産駒の預託実績が少ない上、期間内実績も無い。2021-2022に関しては良いように押し付けられた感のあるラインナップと判断し、雑誌が出る前に評価をC→Dに落とす)

・バスラットレオン
この世代は弟妹が居ない模様

・ブルースピリット
この世代は弟妹が居ない模様


ホープフルステークス上位関連

・ダノンザキッド
半弟のドゥラメンテ産駒は、サンデーRで4,000万の募集。
牡馬にしては随分たたき売り。

安田隆行厩舎は同じだが、兄に比べて爆発力のない配合。思わぬ掘り出し物の評価が出て来るまでは、他にくれてやれと言うスタンス。
※Dどうやら運用停止になった模様。ここから持ち直してもデビューできるかどうか。

・オーソクレース
募集終了。この世代は弟妹が競走馬登録しない模様。

・ヨーホーレイク
半弟のキングカメハメハ産駒は、やはり金子馬の模様。
やや高齢に差し掛かってきた母のクロウキャニオン。
久々のキングカメハメハだが、全兄はダートで活躍なんだよなぁ。
ロマンで他人が指名するのはありだけど、私は見送る予定。
ラニみたいにダートで3歳春アメリカに行くとも思えないし。
※D情報が出てこないので見送りが賢明そう

・タイトルホルダー
この世代は弟妹が居ない模様

・シュヴァリエローズ
半弟キタサンブラックが、1歳セレクトセールで2,750万円で落札。
ラキシスなどを所有する大島昌也氏がオーナーになる模様。
キタサンブラックはこれから数年はマッチしないと観ていますが、古典の日本発展血統も含んでおり、もしかしたらもしかするかも。ただ、この弟ではなさそう。
※D追加の情報が出てこないのは仕方ないか。


その他の重賞勝ち関連

・モントライゼ
ダイワメジャーの全妹はサンデーRから募集されているが、価格が1,600万円と随分なたたき売り。
脚の周りが細いのが難点。池上昌和厩舎に関しては強調加点は出来ないが、1勝するだけで良いならチャンスはある。
※D情報が出てこないし、上積みも薄そう。

・ワンダフルタウン
半妹がドレフォン産駒
スピードが足りない母だったが、父の良いところを引き出すとなれば話は別。
スプリントからマイルまで幅広くこなすようになるのではないか。
なにせワンダフルワンはノーザンファーム生産&庭先取引なのに、まるごとPOGにはリストにも全く掲載されないほど。
厩舎が栗東でGI制覇経験があれば、指名はアリ。今後の情報を待ちたい。
過剰な期待は出来ないが、情報次第では下位指名もあり。

・アランバローズ
こちらは全日本二歳優駿を勝利。
船橋の林正人厩舎からゴールドジュニア、それからハイセイコー記念も勝って5連勝で頂点へ。
半妹が同じようにスピードタイプのザファクター産駒。
クロスと父の適性によって、ダートだけでは無い活躍も考えられる。
あとは誰がオーナーで、どこに入厩するのか。
母はシルクで矢作厩舎だったし、まさかの・・・中央入りがあっても全く驚けない。
※D情報が出てこないのは困ったものだ。


注目馬主関連(今後の更新予定)

・サンデーR
少しの間苦戦が続くかもしれないが、21-22シーズンだけは・・・の可能性あり

・キャロットF
ここ数年の勢いに一旦陰りが出ると思っているが、ラインナップ次第で切り抜ける可能性はある。

・社台RH
巻き返す余地はあるがダービー制覇までは無理かと。
牝馬は1600m、牡馬は2000mまでを目安に。

・G1レーシング
極端な加速はしないが、思い出したように重賞級は輩出してくるとみている。
但し、19-20シーズンが本当に不振だった。少数精鋭から薄利多売に移り変わっている。
値段が高い募集馬・名門厩舎よりも、これからの期待値に賭けてみた方が面白そう。
例えばこんな馬とか。指名はバクチ感がビンビンの厩舎だが、下位指名なら破壊力はある。

・東サラ
前向きな改革があれば今後数年も検討の余地あり。
ラインナップと厩舎の選択肢を拡げられるか。手詰まり感をどう脱却するか。

・マイネル
好きなら指名すれば良い。しばらくは静観。

・ウイン
マイネルよりは見直せる余地がある。育成でメンタル面にも言及されれば、他の参加者を出し抜いて指名して行くべき。

・ノルマンディー
こちらはウインよりも見直せる余地があるが、母のスピードがOPでも通用するぐらいの実績は欲しい

・他のクラブ
栗東の厩舎でOP入りできる実績を残せているクラブは警戒。
例えば、グリーンファームやターファイト、広尾サラブレッドクラブ、ユニオンオーナーズクラブあたりはそろそろ期間内重賞での活躍があるかもしれない。
DMMバヌーシーも少しは持ち直してきそうだが、運営面の問題解決は図れるのだろうか。POGとしてはアリでも、実際の出資者に対応がグズグズだと馬が転厩する恐れだってある。


・個人馬主
栗東に預ける馬主を優先。
新規馬主も出てくるはずだが、お金を購入に注ぎ込むだけではGIは勝てない。
誰に預けて、どう育成させるのか。
そこに情熱を注げないオーナーの成績は、POG期間内だと悲惨だ。
不可抗力なオーナーも居るけどね。

※2021.03.04 情報更新と3月上旬時点のABCD評価追記
※2021.04.04 情報更新、C評価2頭をD評価に変更


POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ