みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

2021.5.30が日本ダービー予定日、
POGシーズンのドラフト会議までは残り約1ヶ月少々。

クラシック本番を前に、これまでの傾向から、指名候補の一部を検証開始します。
もちろんヒトでPOGを戦うのですが、馬の要素を無視している訳ではありません。

4月末になればいよいよPOG雑誌が発売されるでしょうから、
その前に第三回目の考察をしておきます。

指名戦略の参考にしても、しなくてもどっちでも良いのですが
頭の中を整理して戦略を練るのに役立つなら、うれしいです。

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

【一応、この企画のバックナンバーもあります】
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(1)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(2)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(3)
POG戦略 指名候補馬 2021-2022暫定版(4)
POG戦略 馬主・厩舎 2021-2022暫定版
検討の結果→2021-2022 POG 指名リスト

お知らせ

POG本が発売間近ですね
間に合う方は発売当日にご自宅に届く、予約注文がご利用可能です

1秒でも早く取材情報を入手!



POG本が出る前に情報を載せてみます

諸般の事情で、掲載できなかった情報が含まれてます。
ですが、掲載しても差し支えなくなっ(てしまっ)たので、
雑誌や本が出る前に公開してしまいましょう。

Dランクに関して今回は大量に掲載しますが、
追加で推せる材料が出てこないだけです。
つまり、公開時点でDランクなだけです。

とは言え、Cより上をリストの下の方に加えておけば、来年の今頃まで色々と楽しめるんじゃないでしょうか?と私は勝手に思っています。

大切なのは情報をどう使うか、ですよ。



2021-2022シーズン
指名候補に追加していく予定の馬
=競合覚悟で上位候補
=中盤までに取りたい
=下位なら獲得を検討
D=検討は難しい、やめとこ

ミッキーアイル産駒

メイケイエールだけでなく、全日本2歳優駿を制したデュアリストも輩出。
父のスピードが活きやすいし、ノーザンファーム生産馬ならなお信頼度が上がる。


【ディンヒルorDanzigクロス+ノーザンダンサー系もう2本以上】
インラグジュアリーの2019 牝 SDW
この二頭は母父Frankelで血統としては文句なしだが、馬名やオーナー、入厩先の情報が出ない。
イル―シヴハピネスの2019に至ってはノーザンファーム生産なんだし、情報が出れば高確率でC以上。

カフェヒミコの2019 牡
カブリオレの2019 牡 HYP
ファシネイトの2019 牡 NUR
レーヌベルキスの2019 牡
4月中旬の時点で馬名やオーナー、入厩先の情報が出ない。牝馬ならまだしも牡馬なら割引が必要。

バンドゥーラの2019 牝
ミッキーポーチの2019 牝 NUR
4月中旬の時点で馬名やオーナー、入厩先の情報が出ない。牝馬ならまだCに上がる余地はある。
ミッキーポーチの2019に関しては、兄や姉・母を所有したオーナーの所有となっているかどうかも
情報が出てこない。これは不味いパターンかも。

アブソルートリーの2019 牝 音無厩舎?追加募集?
ここまでの情報少なすぎ、要調査。


【ディンヒルorDanzigのクロスが2本以上】
4月中旬の時点で馬名やオーナー、入厩先の情報が出ない。牝馬なのでCに上がる余地はあるが、母のスピード能力には疑問が残る。

【フォルリクロス】
ヴェストヴォーグ 牡 栗東・須貝 G1 2,000万
馬体が大きすぎる嫌いがある。牡馬にしてはかなり値踏みされており、母の良さが活きていない可能性が高い。須貝厩舎に期間中GIを何年も連続して好成績、ってのを求めては苦しいかも。
 
スリーパーダ 牝 栗東・斎藤崇 キャロット 3,000万
情報待ちだが、C→Dで良いはず。ノーザンファーム生産馬とは言え、厩舎の成功法則から外れる上に、母は超高齢出産。
さらに馬体重が増えないとなると、いくら牝馬でも指名には躊躇するレベルに下がった。

セイウンプラチナ 牡
西山オーナーの所有馬で間違いないと思うが、厩舎が未定。ノーザンファーム生産馬では無いが、命名法則としても悪くないし、情報が出てくれれば下位指名を検討。
 
サザンクロス 牝 美浦・矢野英 キャロット 1,600万
繋ぎが立ち過ぎているのがネックだが、2歳戦へ順調に使えるなら一考。厩舎が美浦なのが割引も、その分競合せずにチマチマと賞金を稼げる存在として、下位で獲れるのでは?

リンドラゴ 牡 栗東・高野友 シルク1,600万
この馬は限りなくDに近いCランク。値段も安いし、ストロングポイントが薄いのが難点。本当にリストをすべて使い果たしたら取るかもしれないレベル。

ケイティジェム 牝 栗東・杉山晴
NorthanDancer系のスピード配合に強い杉山(晴)厩舎と仮定すれば、Bに近いCランク。もともと入厩が早期に決まっていたのは厩舎実績があるからとは言えど、それなりに育て甲斐があると踏んだからじゃなかろうか。
雑誌で良い情報が出ればBに上げたい1頭。

ゼットランポ 牝
ダイワウィズミーの2019 牡 社台F
情報が足りない。出でこないかな。


バゴ産駒

バゴ産駒は極端な化け物は出さないけど、堅実に稼いでくれる産駒の傾向が出つつあるように思う。
馬場が渋ってもこなせてしまうのは精神力の賜物で、基本は良馬場で締まった流れのレース向きなのがPOG終盤に生きてきそう。
こちらもノーザンファーム生産馬なら俄然確度が上がるが、今年は該当なし。

ゴールデンフェザーの2019 牡 厩舎未定 セレクトセール330万
松田幸生オーナーが所有している模様。値段が上がらなかったところを見ると、D評価から上げるのは苦しいかも。

スモークウォーター  牡
SDW&NURと血統面は文句ないが、何せ情報が出てこない。

ラッキーダイスの2019 牝
ミスプロを持っていないことがマイナス材料。姉はジョーカナチャンだが、妹は全然情報が出てこない。NURとFORあり。

ペイシャワキアの2019  牡
NUR2本は良いんだが、こちらも情報が出てこない。

カガヤキホコレ 牝
ミスプロを持っていないことがマイナス材料。こちらは化物との噂はあるが、果たして?
※途中でD→Cに評価更新

エルデスペラード  牡 栗東・橋口
京都サラブレッドクラブで募集、ミスプロを持っていないし3月生まれと言うのも強調材料に欠ける。情報次第ではCに上がる余地はあるものの、極めて薄い。

ターントゥクリア 牝
ひょっとしたら大物の可能性を秘めたバゴ*ブラックタイド。名前が決定しているので、所属厩舎さえわかればCどころかBに上がる余地すらある。
ただし、ノーザンファーム生産馬ではない。

アルティヒ 牝 栗東・河内 ノースヒルズ
名前こそ先に決まっているが、全姉がさっぱり。厩舎で加点する要素も少ない。

マイムマイム 牝
SDWクロスはありがたいが、厩舎未定では加点するのが苦しい。

ボンドマシン 牡 厩舎未定
SDWがあるのは良いし、シュウジなどで有名な安原オーナーなのもプラス。但し、厩舎未定なのはC以上に上げるのが難しい。

パトリックハンサム 牡 美浦・菊沢
オーナーの実績を考えると決して食指は伸ばせないが、早くから菊沢厩舎に入厩予定で、馬名もかなり早く決まっている。
普通に考えたらDに落とすより、順調さでC以上をキープしてあげないといけない存在。まして母父ディープインパクトってだけでプラスなんだからさ。
重賞を勝つと言うより、期間内に1勝クラスを卒業と見込むなら、中山<東京の菊沢隆徳厩舎ですもの。十二分にチャンスはある。

ラクスクラインの2019 牡
情報が出てこないのは苦しいな。

ヴァンシャンテ 牝 厩舎未定 セレクト935万
キーファーズの松本さんが所有しているので、栗東で空きのある場合は森秀行厩舎とか、笹田和秀厩舎、武幸四郎厩舎あたりが候補になるだろうか。
過去実績だけを振り返ると小崎憲厩舎の可能性もあるが、石橋守厩舎の可能性も捨てきれない。いかにも桜花賞よりもオークス向きな血統背景。


ロードカナロア産駒

凄いんだか凄くないんだが、よくわからない種牡馬。アーモンドアイを輩出したのは事実だけど、もともとロードのクラブ馬。
下駄を履かせるにしても程々にしないとね。

マリーナドンナ 栗東・安田隆
素質は良いけど、くれてやれ。どうせ人気で早めに消えるんだし。
ロードカナロアより後の世代で安田隆行厩舎が成功する法則だと、キングマンボ系種牡馬*トニービンが5代血統表に欲しい。
それならばラニ*レッドスレッドのグレッチャーが理に適ってる。ダートで海外のポイントも加算されるなら一考。

オラヴェリタス 牡 栗東・寺島
比較的早い段階で馬名も決まり、入厩先も決まっていた。
厩舎実績から懸念材料として、マイルより長い距離で結果を残せないかもしれないが、下位で指名する分には面白そう。

ジレトール 牡 栗東・松永幹 キャロット8,000万
Kingmanboクロスがあり、母はサンビスタ。こりゃダート想定だろうか。
価格も随分下駄を履かされてる。

ルージュルミナス 牝 栗東・平田 東サラ2,800万
芝中距離で持ち味が活きそうな血統なのに、坂東牧場で育成されているそうな。それだと食指が引っ込んでしまうわ。

サブライムアンセム 牝 栗東・藤原英 サンデーR4,000万
芝マイル~中距離を想定、藤原英昭厩舎なので牝馬の期間中重賞では苦しいかもしれないが、藤沢和雄厩舎の予定がこちらへ。しかも4/8には栗東入厩とかなり順調。
※最終でB→Cに評価更新

ヒシハイドラ 牝 栗東・清水久 個人所有
早い段階で入厩先と馬名が決まっており、Nureyevのクロスがあるなど血統面でも十分すぎるほどの背景はある。もう少し情報が欲しいが、ここまでの順調さで指名しても良いと判断。

リュミエールノワル 牡 栗東・松永幹 G1 3,400万
馬体が小さいのだけがネックだが、比較的順調に進めらているクチ。限りなくDに近いCだが、あまり注目されないだろうし、ドラフトで少しだけ順位を上げても良いぐらいの血統ではある。

シンティレーション 牝 美浦・池上 シルク3,500万
クロスが薄いし美浦の厩舎でもあるが、着実に勝ちに行く厩舎なのでマイナス材料にはならない。ゲート試験も合格しており、順調なら北海道開催でデビュー予定。
仮にこの厩舎を嫌う理由があるとすれば、期間内の重賞で大きく稼げないことぐらいだろうが、それを打ち破って行けるだけの素質はある。レース選択が渋めでも怒っちゃいけない。

タイムラプス 牝 美浦・奥村武 HBU 2,000万
寒いのが苦手で気性面はピリッとしてこないのがネック。それが無ければ文句なしにCランクだったんだがなぁー。

グルアガッハ  牡 栗東・音無 8,000万
母が高齢気味もミッキーロケット以来の牡馬。3月迄は順調だったが、4月に喉なりが判明ではさすがに影響が大きいはず。
値段もキリが良いし、クラブの利益を確保するため下駄を履かせすぎた感がある。

カーペンタリア 牝 美浦・木村哲 シルク6,000万
気性面が激しく繊細なところもあり、良い血統だけど利益確保のために値段を釣り上げたかな?と思える過程が見え隠れする。

ラストファンタジー 牝 栗東・吉岡 ロード2,800万
ダート短距離を想定しているが、父も所属したロードHCでは不思議と飛ぶように売れているワケではない。つまりはそう言うこと。
ロードの牝馬にしては価格もずいぶん強気、これは下駄を履かせた感が満載。


エピファネイア産駒

デアリングタクトは輩出しているが、やっぱりロベルト系の種牡馬。
突然変異でなかなかすごい馬を出すにしても、それにしては種付け料がバブリー真っ只中。
母もキャロットのエピファネイア産駒がキャロットで募集してたら・・・なんて安易に考えたが、今年だけで6頭も居るのかよ。
こりゃ、エフフォーリアとオーソクレースで味を占めたな(苦笑)

アップデート 牡 栗東・杉山晴 
石川達絵オーナーなんだしCに上がる余地もあるが、ノーザンファーム生産馬でも無い。全兄が期間後に急上昇したのとDanzigの無い血統を考えると、食指は伸びにくい。

ミント 牝 栗東・友道 石川達絵 Danzigなし
こちらも石川達絵オーナーだがノーザンファーム生産馬だし、Danzigの無いマイナス材料を加味しても指名するならこちらだろうか。
薄いRobertのクロスが良い方に出れば、パワーと瞬発力を兼ね備えた馬になりそうではある。

キャッチザワールド 牝 美浦・田村 社台OC 1,800万
Danzigなしの牝馬だが、厩舎は美浦でもかなり良いところなので、お値打ち感がある。追分ファームが苦しい時期なので強気にはなれないが、限りなくCに近いD。情報を待ちたい。

ポケットチャーリーの2019  牝 
坂東牧場でオーナー情報も出なけりゃ、入厩先も不明。Danzigなしだし食指は伸びない。

クモリナキマナコ 牝
馬名が先に決まっているが、他の情報が出てこない。Danzigなしだし、良い方に捉えにくい。

アイスランドポピー  牝 美浦・中川 キャロット2,000万
母もキャロットなら、祖母もキャロット。こんな血統なのに、こんな低価格なのだからお察しくださいってことなんだろうか。Danzigなしなのもマイナス材料。

エルベレスの2019 牝
Danzigなしではあるが、もしオーラが違い過ぎていたらもう少し情報が出てきそうなもの。
谷川牧場のロマンを感じる配合なので、POGを別にして応援してみたいほどの一頭だが、リストに載せるのは抵抗感がある。

ブランショセット 牡 美浦・中川 社台OC 2,200万 
Danzigなしなのも困ったが、距離が伸びてようやく良さが出る感じ。白老Fが生産して値段が強気なあたり、近い評価のキャッチザワールドが4月中旬の時点では優位と判断。

サトノクラージュ 牡 セレクトセール7,560万
厩舎未定なのは正直困った。社台ファーム生産馬の中には山元トレセンへ移動するのが早まっているのも確かに居るが、幅員が狭いため多頭数と併せられない点でマイナス材料がある。

イエローブーケ  牝 美浦・武市
一時期まことしやかにささやかれた「エピファネイア産駒には、マルゼンスキーのクロスが合うのではないか?」理論で言えば、ドンピシャも良いところ。
でも、冷静に一歩引いて観たら個人馬主でダートの大好きな厩舎。しかも母父クロフネでは、芝よりダートに使ってくるんじゃないだろうか。
 
アルマーズビコーの2019   牡 おそらく中竹厩舎???
ナンチンノンなどを所有する加藤誠氏の所有馬。Danzigなしなのが痛い。
入厩先も未定だが、過去の傾向通りだとすると決して悪くない厩舎になる。
そうであればCに上がる余地はあるが、おいおい、馬名が決まっていないのか。

シゲルイワイザケ 牝 栗東・渡辺
少し前のシゲルピンクダイヤだけならまだしも、シゲルピンクルビーまでクラシックで権利取りをしてしまうんだから、渡辺薫彦厩舎おそるべし。
ただ、渡辺薫彦厩舎で成功してきた血統と、全く別ジャンルなのがAに出来ないジレンマ。
それでも4,290万とかなり奮発した森中薫オーナーの気概、評価しないといけないでしょう。20-21シーズンで指名した全姉だって、一瞬凄い脚は見せていたワケだし。

レアルタッド 牡 栗東・高橋康之 社台OC 2,000万
Danzigなしって言う時点で厳しいし、古馬になってから条件戦で回収してくる高橋康之厩舎が予定。
引退までロングスパンで見れば面白そうに感じる一頭だけど、POG向きではないのかな。

シュシュエラブル  牝
入厩先未定でDanzigなし、食指が動く要素が現時点で見当たらない

プロヴィデンシア  牝 栗東・杉山晴 ノルマンディー3,520万
個人的に祖母や母に思い入れのある血統ではあるが、それに託けてこんな値段を吹っ掛け・・・じゃなかった、強気な値段設定してくるようでは食指が伸びない。血統観てもDanzigだって無いのにさ。
ここまでくると杉山厩舎に対するご祝儀のような、ある意味有名税と思った方が良いのかも。

フォラブリューテ 牝 栗東・宮田 キャロット3,000万
Danzigなしなのは一旦横に置いておいて、仮にもキャロットクラブ出身の母と父。GIを制したブルーメンブラッドの繁殖成績が散々な中、遅生まれであることを差し引いても至極順調な調教過程。
これに加えて美浦では数少ない加点が出来る若手新鋭厩舎。かなりお値打ち感があるし、Bに評価を上げても遜色ない程。

トーセンリュタン 牝
エスティファーム生産で名前も決まった。入厩先はこうなると高確率で美浦になると思うが、Danzigなしの牝馬だから食指が動きづらいよね。

ナザレ 牝
馬名は決まっていて、チャンピオンファームで生産しているから成長曲線の傾向もボンヤリ把握できる。
しかし、入厩先や馬主のデータもなければ、牧場の写真も当歳時で止まってるのは流石に困った。Danzigなし牝馬だし、強調材料が欠けている。

デインティハート 牝 美浦・黒岩 GI1800万
下位なら指名もありかと思っていたが、牝馬で馬体重が540kgとなってしまってはダメ。

アルティマチャームの2019 牝
千葉セールに行く模様。仕上がりは悪くないんだろうけど、半兄がダートに卸されるほどなので、過大な期待は掛けない方が無難。

エクセレントジェム 牝 美浦・畠山吉 社台RH 2000万
治療で順調さを欠いているのはまだしも、牝馬クラシックで実績を殆ど残していない厩舎。せめて1つ下の弟もエピファネイア産駒だったら食指が伸びたんだが・・・

タガノフィナーレ 牝
厩舎が決まっていない事には推す材料がない。しかもフィナーレって・・・。

ショウナンナージャ 牝 栗東・池添兼雄
仮説を立てるとすると、厩舎はもちろん大事だが案外「エピファネイア産駒は毛色で実力が結構測れるのではないか?」と言う実験要素満載の候補。
青鹿毛でNijinsky持ちと血統と毛色に関しては文句が無いので、牝馬なら期間内GI制覇経験のある厩舎で一発を狙う、と言うのも面白そうと考えてる。


キズナ産駒

どちらかと言うと2歳の夏からガンガン稼ぐより、3歳になってからようやくエンジンが掛かってくる感じがする。
皐月賞やオークス、ダービーの結果にもよるが2000m以上で本来の良さが出る傾向があると思っている。マイラーとして育てようとする厩舎は避けた方が無難。

母方にNorthanDancer系3本以上+GI勝ち経験のある厩舎が理想
【牡】
ヴィンテージボンド 栗東・西園 サンデーR 3,200万
厩舎が1800m以上でガクッと成績を落としやすいのでC評価どまり。サンデーRにしては珍しい、何の捻りもない「父と母の名前を足しただけ」の馬名ってのが気になるところ。
それ以外は文句のつけようが無く、Bに上がる余地すらある程。

パラレルヴィジョン 美浦・国枝 キャロット5,000万
こちらもB評価になっても不思議ではない存在。ただし、国枝先生はクラブ馬(特にキャロット)との相性があまり良くない。
オークスは何回か制しているのに、ダービーではキンカメ産駒で3着が良いところ。やはりサンデーサイレンス系の牡馬では、上げてもここら辺が精一杯。
 
フタイテン 栗東・杉山晴 2020年 セレクトセール 7,480万
他の馬が評価を下げているので相対的に上がっているが、キズナ産駒でここまで値が張る+条件はクリアしているのだから興味津々。
厩舎としても非ノーザンファーム系に強いところに、付き合いのあるオーナーがセレクトセールで購入と言うのは何やら匂うね。
嵌ればデカいが、ものすごく豪快な空振りの可能性もある。

ヴァンガード 未定 ノースヒルズ
アクティブバイオ(2代目) 未定
ハピ 未定 ノースヒルズ
サトノギベオン 未定 サトミホースカンパニー
厩舎未定なのでこの4頭はCに上がる余地はあるけど、果たしてどうだろうか。


【牝】
プティアンジュ 美浦・田中剛 ユニオン 1,000万
キズナ産駒で長距離になってから持ち味が出て・・・となると、まずはロゴタイプでGIを勝っている田中剛厩舎のプティアンジュ。
価格が安いのが引っ掛かるし、母父のキンサシャノキセキがモロに出てしまうとマイルで止まってしまう可能性もある。

ムガ 栗東・大根田 北海道セプテンバーセール 1,045万円
2000mを超えると実績がガクっと落ちてしまうのが厩舎最大の難点も、カルストンライトオでGI制覇している大根田厩舎の育成力は実はかなりのもの。
POG向きか?で考えるとCだが、距離が伸びて良さそうな血統なのは間違いない。

スマートドラフト 石橋守
ベリーヴィーナス 鈴木孝
この2頭は厩舎力としては非常に惜しいところ。石橋守厩舎は手堅い稼ぎ方が身上なので、スマートドラフトはPOG向きでは無いかも。
ベリーヴィーナスはライオンレースホースなのがネック。この2頭で比較すると評価が低くなるのは仕方ないか。

フィロゾフ 未定
ミヤジネズコ 未定
リアンスカイ 未定
厩舎未定なのでこの5頭はCに上がる余地はある。ネズコはさておき、どれか1頭ぐらいオークスに出てきたりしてね。




あくまでも数字は数字。
過去は過去で、未来は別物です。

今回加点要素が無いと判断した部分が、汚名返上・名誉挽回の大活躍をされたら素直に白旗です
結論を5月末には一旦出さないといけませんので、
今このように考えていると、まとめてみました。

他にモーリス産駒やイスラボニータ産駒もそれなりには考えていますが、
拡げても確証が持てるほどの情報が出てこない以上、他の種牡馬に関しては次回以降(またはリスト確定時)にしておきます。

さて、雑誌が出たら目を皿のようにしながら、もう少し戦略を練りますか。

2020.5.30 最終評価更新



POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ