みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

今年も「目が節穴」な筆者がPOGに特化した総評を、少しだけ行います。
【評価は>Dの5段階。C評価以上で指名検討】

懲りずに今回も週刊Gallop臨時増刊
丸ごとPOG2022-2023を参照しております。

今回は、各馬主やクラブ馬などの総評です。



※2022年6月スタート、2023年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



個人馬主

いつも取材を受けている前田幸治氏、里見治氏はいつも通り。

ノースヒルズに関しては、大山ヒルズで取り上げてます。

サトミホースカンパニーに関しては、今年は予算を少し増した模様。

サトノアダマス 牝 栗東・杉山晴
育成の段階で「まだ非力」なのはマイナス。厩舎が違えば・・・とも思うが480kgと馬格もあり、夏には栗東に入厩できそうなのはマシな部類。命名法則では唯一ギリギリセーフかなと言うレベル。
※2022.06.01 評価修正 C→D

サトノミネルヴァ 牝 美浦・国枝
「胴がゆったりしていて気性もカリカリしていない。距離はマイルまでじゃないかも。8~9月のデビュー予定で初戦からポンポンと行けそう」とコメント。命名法則では弱いけど、候補に入れておこう。
※2022.06.01 評価修正 C→D

それから佐々木主浩氏も取材受けていた。
突発的に出たり消えたりだから、ここはスルーで良いはず。
大活躍されたら諦めよう。昨年、命名で禁じ手使ってしまったんだし。



各牧場代表

社台ファーム
読んでいて思わず目に留まるようなコメントは無かった。


ノーザンファーム
こちらはサトノダイヤモンド産駒が抜群で「背中が長くクラシック向き」らしい。これはPOG向きなのか?の答えは少し時間が掛かりそう。

ナイトキャッスル 牡 栗東・音無
早い調教にへこたれ無いのはプラス。シルク+音無厩舎なのでBに上げるには余程の材料が無いと苦しいが、クラブのコメントは「走りがクリソベリル級」と最大限の賛辞。

スサーナトウショウの2020 牡 栗東・須貝
早い調教にへこたれ無いのはプラス。馬名は決まっていないが、ステラヴェローチェと同じ大野剛嗣氏&須貝厩舎と評価できる材料はある。
※2022.06.01 評価修正 C→D

追分ファーム
すでに紹介しているメリオルヴィータをべた褒め。
コメントで推せるのはこれだけ。



サンデーレーシング

最高価格が1億2000万円で1頭、2位が1億円で2頭。
他のクラブと比較したら随分羽振りが良く、募集価格の高い馬を中心に記事を作成してきた。

バトルハーデン、スワッグチェーン、ネアセリーニ、サスツルギ、イストロス。
スワッグチェーンはすでに入厩しているけど、他はまだ時間が掛かりそう。

既にノーザンファームで取り上げていた馬以外だと、6頭ほどピックアップしておきます。

コンエネルジア 牡 美浦・手塚
Frankel産駒らしいヤンチャな一面もあるようだが、すでにゲート試験も合格してNF天栄で調整中。余程の事が無い限り6月の東京開催デビュー、距離はマイルまでとの見立て。高額募集の中では唯一チェックしておきたい存在。
※2022.06.01 評価修正 C→D

シリンガバルガリス 牡 栗東・松永幹
確かに馬名の読みにくさはあるが、全姉のラッキーライラック並みに飛びも大きく雰囲気がある模様。それ以上に強調材料は無いけど、オルフェーヴル産駒はマークも薄いし一応マークしておこうか。
※2022.05.14 評価修正 C→D

エルダーサイン 牝 美浦・国枝
この兄弟は牡馬でこそなのかもしれないが、ハーツクライに変わって牝馬となれば再評価も検討。既にゲート試験も合格しており、480kg程度と姉と同じぐらい馬格もあって操縦性も良い。Cに近いB評価。
※2022.05.14 評価修正 B→C

アンガンダ 牡 美浦・木村
ドレフォン×キングカメハメハで二匹目のドジョウ、ただそれだけ。吉田勝己氏が「じっくりやる。3月になって馬体、動きとも良化してきた」とコメントあり。母は優秀、あとは怪我だけ。
※2022.06.01 評価修正 C→D

ダルエスサラーム 牝 栗東・高野友
予定通り入厩し栗東坂路で55秒を切り&終い1F=12.9をマークするなど早くも臨戦態勢。走るダイワメジャー産駒として評価して良いはず。この厩舎だけどスピードに優れた馬で結果は残しているし何とかなるかも。
※2022.06.01 評価修正 A→B

セレスティアリティ 牝 栗東・西村
サンデーRのバゴ産駒、しかも値段もソコソコするから注目して良いはず。既に栗東に入厩しゲート試験も合格済み。まだ成長の余地を残しながら、素質だけでトレーニングに付いていけてる点も良い。
※2022.05.14 評価修正 C→D




キャロットクラブ

最高価格8,000万円が3頭、7,000万円が2頭でだいぶコンパクトになった感はある。
ただ、ファンドとして着実な運営がなされている可能性もあり、募集金額に一時期の過熱感が無くなっているのは良い事なのかもしれない。

スティルディマーレ 牡 美浦・国枝
コメントでは「スピードの高さ、持続力はNo.1」と評価されている。6,000万募集と価格もまずまずだし、3月中にゲート試験も合格してNF天栄で調整中。順調さも加味して候補に入れておきたい。
※2022.05.14 評価修正 B→D

グランサバナ、ルクスグローリア、タスティエーラ、プレドミナルと順調な組も掲載されているが、目を引いたのはこちら。

ディオファントス 牡 栗東・斉藤崇
半兄のリブーストがかなり強い勝ち方で1勝クラス卒業をしており、父がモーリスに変わった&値段はサンデーRの兄より高いと言う点でも期待が膨らむ。既に栗東入厩、気性面の課題も出さずと順調。

プロトポロス 牡 栗東・西村
ダートで世界遠征も見込める素材らしいが、夏デビューして1200m重賞を狙う模様。馬名は先駆者、栗東入厩済でデビュー予定もまとまりつつある。もう少し具体的な情報があればCに上げられそう。

牝馬も名前が挙がっていて、ペリファーニア、テンペスト、レイクトロシュナ、フェブランシェ、ジャミーレは順調だけど推せるコメント内容に薄かった。

ラヴェル 牝 栗東・矢作
昨年春の時点で決定打に欠けていた半姉・ナミュールに比べて馬格があり、移動前なのに14秒台の時計を出せているように順調。母馬と私の相性が良くないから注目したことがマイナスにならなければ。



シルク・ホースクラブ

最高価格は1億円で1頭、2位タイが8,000万円で2頭。
価格設定にまだ過熱感は多少残っているように思う。

グラビア付きで掲載されているのがグラニットピーク、アンティーゾ、マローディープ、アルファインディ、ジュドー、オールマイデイズ。
2P目がポーラライツ、セラドナイト、ウォーターハウス、アイスグリーン、ピュアブラック。インクルードダイヤ、ナイトキャッスル、ペースセッティング。
順調にトレセンへ入厩している馬も居るが、掲載されている馬は牧場オーナーのコメント込みでナイトキャッスル以外、どことなく推す材料が弱い。
グラビアではない他の馬をあぶりだすとすると

オランジー 牝 美浦・青木
美浦に入厩してゲート試験に合格、13秒台の併せ馬も大柄な相手に怯まず行えているのはプラス。口向きの悪さを時折見せているようだが、1800万円の募集馬にしては十分すぎるほど孝行娘だろう。
※2022.06.01 評価修正 C→D

サスティーン 牝 美浦・武藤
イヤリングに着くのが遅かったので早期デビューは見込めず。まだ身体を作っている状況なのに大きな跳びで走りが軽くなってきたとのこと。あくまでもリストが切れたらC評価も検討、の位置づけ。

アルメリア 牝 美浦・木村
高くも安くもなく丁度良いところだがDに近いC評価。手術している分デビューは早くて年内も、術後の経過がまずまず良い。シルクは木村哲也厩舎が何とかしてくれるかどうかに掛かっているだろう。
※2022.06.01 評価修正 C→D



社台サラブレットクラブ

社台ファームでフォーカルフラワーとハーエクセレンシーは取り上げているけど、他は数字コメントがあったのが4頭。
桜花賞を制するとクラブ全体が少しお休み期間に入るような気もしなくはないが、その中で実践的な範疇に入るのが2頭。

ヒップホップソウル 牝 美浦・木村哲
3月下旬に社台Fの坂路コースで3F=42.2となかなかの時計。ここからさらにパワーアップも兼ねて上積みを狙い調教を重ねている。相当順調と考えて良いし、494kgと雄大な馬体に身が入れば楽しみ。
※2022.06.01 評価修正 C→D

ディナトセレーネ 牝 美浦・尾関
父:レッドファルクスを管理していた厩舎に、父そっくりの毛色をした牝馬。15秒ペースはこなせており、既に山元TCへ移動済み。馬体重も473kgと頃合いで、フォーム矯正の効果が維持できれば。
※2022.06.01 評価修正 C→D



その他のクラブ

とりあえず掲載順にサラッと解説していきます。




G1サラブレットクラブ
これまでの法則どおりなのか、それとも新境地を切り拓いて行くのだろうか。
追分ファームリリーバレーで特集済


ラフィアンターフマンクラブ
マイネルはこちらにも数字コメントが無い。
1頭ぐらいあげるとしたら

コーヒーブレイク 牝 栗東・西園
乗り込みながら馬体重も420kgまで増えてきた。「乗り出し当初からセンスがある」ようだがどこまでやれるだろうか。


ウインレーシングクラブ
コスモビューファームで特集済
こちらに数字コメントが無いので追記は無し


ノルマンディーオーナーズクラブ
数字コメントが無い。
さすがにデアリングタクトを凌ぐような存在は無理でも、募集価格2500万以下1000万以上の中に、少しはPOGに向く馬が居るかもしれない。

オルノア 牝 栗東・新谷
3月上旬に福島県のノルマンディーファーム小野へ移動済。半姉のホワイトターフに比べて馬格があり、これからしっかりトレーニングして身になればの話ではあるが、まだマシに思える。


ロードサラブレッドオーナーズ
ケイアイファームで特集済。
数字コメントはあったが、追加で推せるだけの内容では無かった。それでも例年よりはマシに映る。


ユニオンオーナーズクラブ
最高額は4,500万円と1頭だけ飛びぬけている。
その下が3,000万円1頭と、2,500万円3頭。時計コメントが無いので、あくまでも1頭追加だけ。

ダールフルート 牡 美浦・高木登
この母からは牡馬は2/2でデビュー勝ちしている。エピファネイア産駒なのに破格の募集価格なのと、コメントも少ないのは気になるが、手堅く期間中1勝クラス卒業を目指して欲しい。
※2022.06.01 評価修正 C→D


広尾サラブレッド倶楽部
13頭精鋭揃いと言う印象。吉澤ステーブルとシュウジデイファームで記載しており、追加はなし。


ターファイトクラブ
数字コメントがあったのはまだ救われる。気になる1頭だけ追加かな。

スマイリングウェイ 牝 美浦・大竹
13-13をこなせている順調さ、馬体重も走り込みながら徐々に増えて438kgと決して悪くない。心配なのは千代田牧場が生産したって事ぐらい。
※2022.06.01 評価修正 C→D


グリーンファーム
数字コメントが無い。それでいて最高額のハーツコンチェルトは、母:ナスノシベリウスから初めて牡馬が出て4800万。随分強気な価格設定だなぁと言う印象。


優駿ホースクラブ愛馬会
時計コメントはあったけど、追加情報が乏しくどうも食指が動かない。


ローレルクラブ
数字コメントはあった。
POGで貢献してくれる馬が居るかどうかは別だけど、強いて挙げるとしたら数字コメントがあるレスタメンテとレアマカナよりは、数字コメントが無いこの馬かと思ってます。

アンジェリカル 牝 栗東・武英智
全兄のギャラクシーナイトがダートで強さを発揮。既に栗東トレセン近くの牧場へ移動済みで、育成初期から運動能力の良さが光っていたと言う。あくまでもリストが切れたらC評価に繰り上げるかどうか。


YGGオーナーズクラブ
かつてのブルーインベスターズ(ブルーコンコルドなど輩出)からリニューアルして5年目。
ドライスタウトがJpnIを勝ったけど数字コメントが無いし、あくまでも栗東入厩の牡馬と言う観点だけでチョイス。

オールスティール 牡 栗東・高橋康之
ダートに進んでどうなのか?と言う疑問もあるけど、栗東に入厩するのはこの馬だけ。少し動向を追跡してみることにしよう。


インゼルレーシング
今期から2歳戦に参戦するクラブだが、シュバルツガイストはいきなり1億2500万円募集。
サンデーRの最高額超えちゃったよ・・・(^^;)
数字コメントが追加で無かったけど、1頭だけ追加。

クリダーム 牡 栗東・須貝
ハーツクライ産駒でまだまだ成長の余地を残しているが、スプリンターっぽい体型からマイル程度までは距離が持ちそうになってきた。ゲート試験合格済、須貝厩舎なので在厩でトレーニング。







【更新履歴】
2022.05.02 社台RH以外を記載して初版公開。
2022.05.03 社台RHを記載
2022.05.14 一部評価を改定
以降は情報が出次第、S~D評価を追記・書換の予定。
2022.06.01 一部評価を改定


【この企画】
POG戦略 指名候補馬 2022-2023暫定版(1)
POG戦略 指名候補馬 2022-2023暫定版(2)
POG戦略 指名候補馬 2022-2023暫定版(3)
POG戦略 指名候補馬 2022-2023暫定版(4)


POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

少しでも参考になった場合は、コメントが無くても良いので
拍手ボタンを押してくれると、やる気が出ます。嬉しいです。