シーズン前に、個人的見解を。

(新種牡馬)
・リオンディーズ
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
既にキンカメ×サンデーの配合があるので、母馬の質が限られてくるかと。
シーザリオを増幅させるパターン(例:デアリングタクトの母である、デアリングバードのような牝馬)があれば一考。血統の幅は、兄であるエピファネイアが数段上では無いかと。

・ラブリーデイ
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
やや遅めの成長曲線だったのがネックだが、仮にディープインパクト牝馬であっても条件次第で覚醒する可能性がある。
母母にトニービン、リアルシャダイと言ったスーパーファミコン時代のダビスタやりこんだ人にはおなじみの血統がズラリ。
これを薄めるためには父方にあるNureyevを上手く使えると良いんだけど、松永康利厩舎に入厩予定のアンジェリケのパターンではアカンように思う。

・ミッキーアイル
父:ディープインパクト
母:スターアイル
血統に関しては距離は持たなくても、将来性も言うことナシ。
ディープインパクト産駒と相性の良いNureyevがあって、Danzigもあるから母父としての活躍も楽しみ。
ドラフト前に亡くなってしまったアイルオブラブが、広尾ではなくてノーザン系クラブ馬だったら上位だったかも。
下位で良いなら、牧田厩舎のナムラシベラ
牧場での評価は高いけど、距離は持たないため重賞1個勝ち目標でOKならトレジャーアイル 

・ドゥラメンテ
・モーリス

堀厩舎の二丁拳銃。
実績だけならクラシック2冠のドゥラメンテだが、やっぱりラブリーデイと同じでトニービンがあるのが現代の超高速決着にはマイナス。
ただし、馬場が渋った時のパワーなら・・・キンカメの生き写しとばかりに力を発揮する可能性はあります。(父の母であるマンファスにはSex Appealと言う、パワー血統)

どうせ狙うなら、血統面でモーリス。
2400mを狙える馬は限られると思いますが、スタミナに関しては距離の壁をこなせてそうな背景があります。
母のメジロフランシスはメジロ牧場ゆかりの血統に、小岩井基礎牝系の第三フラストレート、第四フロリースカツプと2本集まるコテコテのステイヤー。
鈍重さをDanzigクロスや父のマイラー性で補えれば、十分戦えると観ています。

《POGではマイナスでも・・・》
もし、長い現役生活を馬主孝行してくれる・・・と考えるならば、100頭以内に抑えてくれたディスクリートキャット。
非サンデーサイレンスで、リボーにボールドルーラーとクロスが濃いのが特徴。
主戦場がアメリカのダートだった種牡馬なので、やはりダート向きの種牡馬なんでしょう。
だけど、スピードとスタミナを両立している点からも楽しみ。

初年度110頭で止まってくれたホッコータルマエ。
こちらはややスタミナが勝っているタイプですが、ダートの走りに関してはヴァーミリアンと良い勝負。体質と精神力が強いのが生きるようなら、こちらもトータルでプラスになる出資馬の選択肢としてあるでしょう。