みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っている20頭ルールのドラフト会議が、ダービー当日に終了。

こちらのページでは指名リストに載せていたけど、
・他人に指名されてしまった馬
・20位で指名が完了し、取れなかった馬
・リストには載せていたけど、理由があって評価を下げた馬
に関する一覧を掲載いたします。つまり、見方によっては指名出来た馬、評価を上げても良かった馬たちです。

2021-2022の指名リストはコチラ

昨年のこのコーナーでは、ダービー馬やGI好走馬までも酷い扱いにしております(T_T)

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、
POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。

指名漏れ(前半)の3ヶ月目短信はこちら




上位回避で棄てた馬

コマンドライン 牡 美浦・国枝
最初のうちは良いと思っていたが、そもそもPC等で使うコマンドラインは動かす人・関わる人の人間性がモロに出る。
例えばスペルミスをすれば、エラーが出て止まったりするもの。名前の通りだとしたら誰かがやらかして、結果が出ないのは馬が悪い訳じゃない、って結末が想像できる。

ショウナンアデイブ 牡 栗東・高野友
セレクトセールの落札価格が5億超とあまりに高額過ぎる。ディープインパクト産駒が高野友和厩舎なのは○でも、マイルよりは2000m以上の厩舎。スピードに勝ったタイプはマッチしにくいと判断。


ダンテスヴュー 牡 栗東・友道
リアル・ウイニングポストの世界で、父・母両方とも金子馬。キングカメハメハ産駒なのに「ディープインパクトのようにも見える部分がある」と牧場が言えば、友道先生も「キンカメっぽくない」とジャッジ。
ダート専門では無いんだろうけど、芝のスピード能力に関してのコメントが無かったのがネック。兄もスピードを求められると白旗だったし、そこはお察ししてくださいって事なのかも?
2021年になって成長しているのは事実らしいが、調教の負荷を強めたらかなり引き締まった≒ハードトレーニングが堪えただけでは?とも考えられる。

トゥデイイズザデイ 牡 栗東・池江
名前自体はワンアンドオンリーに通じていて決して悪くないが、新馬勝ちの日だろうがダービー制覇の日だろうが、「今日が最高の一日」と言える詰めの甘さがあるのは事実。
もしも獲れたら獲りたかったぐらいに評価をしていたが、引き運の弱い先輩に直前で獲られたのも、なんだかプラス要素が溶けて行く感じ。
池江先生も「目指すはクラシック」のNGワードと「しなやか」のクリティカルワードを両方言っちゃった。さて結果は如何に?

レッドベルアーム 牡 栗東・藤原英
厩舎がダービーを制した反動もあるだろうし、半兄と違ってハーツクライ産駒。パワー兼用の父に代わったことで、兄弟が一番のウリにしていた持ち前のスピードが活かし切れないのでは?と判断。

ダノンフォーナイン 牡 栗東・音無
「For nine」かと思いきや99.99%を意味する「Four nine」。セール価格が税込2億円を少し切る高額落札で99.99%の意味が私にはしっくりこない。
1万分の1が世代の頂点って事だとすれば、事実99.99%の馬はダービーを勝てないどころか出走すらできない。敗者側に傾けられる馬名が強調材料にはなってくれないと判断。まして音無先生だしね。

キラーアビリティ 牡 栗東・斉藤崇
厩舎が違えばもっと評価を上げても良いんだが、斉藤崇史厩舎で好走してきた血が5代血統表には決定的に足りてない。1月生まれなのにデビューが開幕戦では無く宝塚記念週と言うのも強気ではない。


理由があって指名見送りにした馬

ダノンマイソウル 牡 栗東・矢作
ダノックスさんがアメフトで日本一になったことだし、馬主稼業ももう一度勢いは付くと思う。だが半姉のモンファボリ同様に気性面の課題があることが、丸ごとPOGの厩舎取材でコメントされていた。
野田さん自身(&ミッキーの野田みづきさん)も病院で余っていたCOV-19ワクチンを接種しただけで「優先的」とワイドショーで叩かれそうになっており、世間の風当たりが強くなったあとにどれだけスパンを空けて馬も活躍するのか?を見極めたい。

シャトンアンジュ 牝 栗東・池添学
もしこれまでの成功法則に合致していれば、既に虎の巻や毎月の短信で触れていたが、そうでも無かったと言うのが全て。
血統表にトニービンも無いし、名前に「イ」が入っていない。これで重賞で好走してくるようなら、新たな鉱脈を発見できるのと引き換えだし、仕方ないと割り切れる。

リアグラシア 牝 美浦・木村哲
半姉を指名したので当然気にはなっていたが、なんで木村哲也厩舎何だか。他の厩舎だったら良かったにしても、スピードが足りなくてマイルで通用せず&オークスだと距離が長いって結末になりそう。

ママコチャ 牝 栗東・池江泰
ソダシは突然変異ながら須貝厩舎のリズムにもガッチリあった。池江泰寿厩舎だってそろそろ活躍があってもおかしくないが、その兆候に合致する血統では無かった。ここ数年では無く10年スパンでの話。

ハイアムズビーチ 牝 美浦・萩原
シラユキヒメ牝系で言えばこちらも雑誌で注目されていたが、そもそもスピードを活かさなきゃいけない配合の欠点を差し置いて「パワーがすごい」と言うコメントはどうなのよ。

リーブズオブグラス 牝 栗東・寺島良
母がリープなのに、娘がリーブになっちゃってズッコケ。髪の毛でも増やすんだろうか(笑)。それはさておき、寺島厩舎はいずれ活躍すると思うが暦の上で参考にしたい19-20シーズンでも良いところなく、次の波を待った方が良さそう。

イヴィステラ 牝 栗東・友道
命名法則が日本航空123便並みの操縦不能に陥った大魔神所有馬。ローマ数字の4をイタリア語のクワルトと読ませず、5をクイントとも読ませず「イ+ヴィ」と読ませる禁じ手を施してきた。
牝馬GI完全制覇なら6つあるのに、なぜ4つの星なんだろうか?もしかしたらそう読める根拠があるのかもしれないが、名付けで運を掴んだ馬主なのにこんな強引な名付けをしたらイカンよ。


下位指名前に指名終了になった馬

ウインアウォード  栗東・杉山晴
父:スクリーンヒーロー
母:バラベルサイユ
今年のウインは、ノーザン系クラブと比較すると全体的にかなりゆっくり。その中でも一番気持ちのこもった強気の更新内容だったのがウインアウォード。
デアリングタクトで、ロベルト系に滅茶苦茶強い栗東版鹿戸雄一センセイ状態な厩舎であったら、と実験してみたくなった。

クロステック 牡 栗東・大久保龍
父:ロードカナロア
母:サプレザ
現実的にはここまでが上位の駆け引きに全敗して獲れるであろうメンツのラスト。コマンドラインの名前も決して嫌いじゃないが、同じような路線でクロステックなんて良い響きじゃないか。
この馬が活躍してくれなくてもクロステックは掃いて捨てるほど出てきて、きっと新しい世界を作り上げてくれるだろう。
20年前、スマホがこんなに便利になるとは思ってもみなかったよ。
そういう視線の大切さも再認識する意味で指名して、閉館する京急油壷マリンパークの元館長だった末広恭雄氏が作曲した学生歌の3番を、歌詞も含めて今一度嚙み締めろってことだな。

カガヤキホコレ 牝 栗東・辻野
父:バゴ
母:レースパイロット
ここまでリストを使うことになるとは思っていないが、使うとなっても問題はないラインナップをもう少し敷いておきました。
今年のバゴはこれだろうし、伸びてくる新鋭は四位洋文調教師で無いとすれば、チーム角居の屋台骨を担ってきた辻野さんだろう。

サンティエレーヌ 牝 栗東・高野友
父:ハーツクライ
母:エッグドロップ
高野友和厩舎の成功法則に合致する中でも、奥行きの深さと名前のブッコミ具合でこちらを上位に。
名前負けする可能性はもちろんあるけれども、同じ散るならたまにはこれぐらい清々しく夢を見てから大懺悔大会したいもんだ。

ポルテーニャ 牝 栗東・西村
父:ドゥラメンテ
母:サンタエヴィータ
さすがにここまでリストは来ないと思うが、仮に20頭指名の20位で獲るとしたらサンティエレーヌとポルテーニャのどちらが良い?となったら、名前の迫力に負けてポルテーニャは下になっただけ。

ウインルシファー 美浦・手塚
父:オルフェーヴル
母:コスモチェーロ
手塚先生がオークス勝っちゃったからなぁ。動きもウインアウォードに比べると少し見劣りする近況だしね。

タガノレヴェントンの2019 厩舎未定
父:キタサンブラック
母:タガノレヴェントン
厩舎決まったって情報なかったし、こればかりはしょうがないよ。決まってさえいたら、もっと上の順位で隠し玉としてぶっこむ予定だったのに。

スタニングローズ  高野友
父:キングカメハメハ
母:ローザブランカ
サンティエレーヌよりも数段順調で6月デビューも視野に入っているけど、薔薇を指名するほど所縁のある指名戦略はしてこなかったからなぁ。奥行きの深さに惚れてサンティエレーヌを上位にした迄。


強調材料に欠けた(と感じた)馬

暫定版で一旦はC評価以上にしたけど、そこから上積みが乏しかった馬。
見当違いな分析をしていた可能性も否定できませんが、それらを含めて定点観測。

ブロセリアンド 牡 栗東・高橋義
キタサンブラック*アメリ
厩舎の成功法則に合致も、父:キタサンブラックの適性に疑問

レヴァンジル 牡 美浦・堀
ドゥラメンテ*トゥリフォー
血統は好きなタイプだが、栗東の厩舎ならば指名してたかも

ヴァーンフリート 牡 美浦・手塚
リオンディーズ*ロスヴァイセ
馬名はドイツ語っぽくて◎も誕生日が2/18、手塚貴久厩舎がGIで大暴れした直後だしなぁ

カメハメハタイム 美浦・栗田徹
ドゥラメンテ*レツィーナ
平均的にコツコツから少数精鋭に切り替わりつつある栗田徹厩舎、特色がマッチしないかも

プルパレイ 牡 栗東・須貝
イスラボニータ*マイジェン
栗東坂路でガツンと来るタイムをなかなか出せず、父の新馬時と酷似していないのでマイナスと判断

ルナソル 牝 美浦・国枝
ロードカナロア*ピラミマ
この母は牡馬でこそ重賞級の活躍だが、牝馬だと下駄を履かせてもここが精一杯では?

ブルーグラス 牝 栗東・高橋義
ドレフォン*シーオブラブ
ドレフォンの芝適性もあるが、半兄が重賞を勝ったし牡馬でこその母だったりして?

シゲルユキミザケ 牝 栗東・渡辺薫
ラブリーデイ*チュウオーサーヤ
半兄のグァンチャーレを考えればかなり良い血統だが、母が牡馬でこそのタイプなのかも

アリアンロッド 牝 栗東・鮫島
ハーツクライ*ドリームジョブ
馬名自体は3代目、鮫島先生が定年間近なのが引っ掛かる

ポルトアレグレ 牡 美浦・木村哲
ロードカナロア*ポルトフィーノ
さぁこれから!と言う時に股関節に問題があるようで跛行、シルクの木村哲也厩舎だしなぁ・・・

グールドベルト 牡 美浦・高橋文雅
モーリス*アナンジュパス
時計を出し始めた頃は「おっ!」と思わせたが、そこが瞬間最大風速。忘れた頃に上ブレしたりしてね

コンフリクト 栗東・西村
ビッグアーサー*カルナヴァレ
父も短距離だし1400mが限界だろう。その路線の賞金額が上がらない事には食指が伸びにくい。

ショウナンナージャ 牝 栗東・池添兼
エピファネイア*ショウナンタイリン
実験をしても良かったが、エピファネイア産駒は難しいよ。毛色だけなら◎

コルレット 牝 栗東・吉岡
エピファネイア*ローザレーヌ
ノルマンディー産の進捗も少しゆっくり目だし、吉岡厩舎の負け方が惜敗ではなく惨敗なのがねぇ・・・

ヴァラダムドラー 牝 栗東・松下
ジャスタウェイ*バラダセール
最後まで悩ましかったけど、父の産駒であることを加味しても馬体重が重い。命名法則から外れる

ヴァランシエンヌ 牝 栗東・西村
ドレフォン*メリーウィドウ
牝馬のクラブ馬、昨シーズン指名してとんでもない目に合っているからパスしたくもなる

ソリタリオ 牡 栗東・西村
モーリス*サブトゥエンティ
ミスプロやNorthan Dancerの使い手である西村厩舎に、サンデーサイレンスのクロスはどこまで合うのか?


指名漏れ・見送りの続き
続きはこちら


気持ちを切り替えたい方は初夏を乗り切るアイテムをどうぞ。




POG情報をもっと収集する → にほんブログ村 競馬ブログ POGへ