みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。

仲間内で行っているドラフト会議がそろそろ行われます。
その前に備忘録も兼ねて、調教師に関する私見をまとめて起きます

※2021年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。


<美浦> →栗東(関西)編はこちら
・相沢郁 (調教助手)
愛弟子である石川裕紀人騎手と芝1800m重賞で鬼の居ぬ間に・・・が怖い。
2019年は浦河産馬で重賞2勝、来年以降下位で指名する隠し玉の供託先としてはアリ

・大竹正博 (調教助手・競馬関係者2世・麻布大学獣医学部)
萩原清厩舎時代にロジユニヴァースに付き添う。稲垣センセイよりもマターだったはず。
POG期間内は詰め切れない印象だが、3歳秋から4歳秋に掛けての活躍が目覚しい。体調管理に関しては美浦でも屈指のレベル。
下位指名で、期間後も活躍を追いかけたい!って言う思いがある指名馬なら、全く問題なし。

・奥村武 (調教助手)
中学生の頃は騎手を目指すも、身長が伸びたため騎手になることを諦めた経歴あり。
芝工大卒後にディアレストクラブで勤務経験。
2003年からは、国枝栄厩舎の調教助手でアパパネを担当。
これまでの重賞が一つだけ、フェアリーステークスのみ。金子馬はあまり預かっていない。

・尾関知人 (調教助手)
期間中の重賞勝ちもあるがGⅢ止まり。
スピードにモノを言わせる馬の管理はレッドファルクスで証明済。
兄や姉以上のスピードがある場合は十分検討の余地あり。

・加藤征弘 (調教助手)
ノンコノユメに代表されるように、ダート馬の育成はかなりのもの。
優秀調教師賞受賞経験アリ、POG期間に芝で過度な期待は如何なものか。

・菊沢隆徳 (騎手)
東京を始め関東圏の牝馬で強さを発揮。
NHKマイルカップをアエロリットで制するなど、社台系牧場生産馬で一考の余地。
鞍上に横山典弘騎手を確保しやすい点でも逃げ・先行タイプが理想。

・木村哲也 (調教助手)
期間内GIとなるとパンチ力不足でも、重賞をゴドルフィンで勝つようになってきた。
シルクとの相性もかなり良い。
差しを得意とするので逃げや先行の王道でねじ伏せるイメージがある馬は、良さが生きてこない可能性も含めて一旦順位を下げるのが賢明か。

・国枝栄 (調教助手)
アーモンドアイは勿論のこと、牝馬3冠を2度達成している名伯楽。
アパパネやピンクカメオ、ブラックホークなど金子馬との相性も抜群。
馬のメンタルに対してジャッジが的確。
気性面が「しっかりしてる」「扱いやすい」「性格が良い」「頭が良い」は一枚積み増し。

・久保田貴士 (調教助手)
今や明治大学馬術部主将時代の活躍は伝説とも言えるレベル
POG期間の結果が出て無いだけで、基本的には信頼して良い厩舎・・・と言いたいけど、下駄を履かしても現状はココまでしか言えないかな。
こんなもんじゃない感は、奥村・久保田・武井の美浦3羽カラス。

・黒岩陽一 (調教助手)
期間中重賞勝ちがあるが、実績はこれからか。
可能であれば牡馬が優勢で、名前に「ラ行(特にリ・ル)」のいずれかは欲しい。

・小島茂之 (調教助手)
牝馬でGI2勝も、POG期間内活躍はロードクエストに代表されるような、完成度でリードするタイプが理想的。
ブラックエンブレムの子供でだいぶ稼いだが、ミスプロのクロスが発生する種牡馬とは相性が良いのかも?

・斎藤誠 (調教助手)
今となっては懐かしい前田禎厩舎(2005年に引退)の調教助手。
もはや大きな地震と同じように、忘れた頃にやってくる。それにしても活躍が派手。
朝日杯FS1勝に、オークス1勝。
子息は2019年の最多勝利新人騎手を、当然のように受賞した齋藤新騎手。
父が美浦の調教師なのに、栗東(安田隆行厩舎)所属で獲るんだから、本当にレベルが違う。
「トンビが鷹を産む」訳では無いので、父親も虎視眈々狙ってると考えて良いはず。そろそろか。

・鹿戸雄一 (騎手)
重賞勝ちが一つだけ。
期間後のスクリーンヒーローによる快進撃は見事だったけど、POG期間中は思い出したように勝つぐらいしか、活路を見出せて無い。

・高木登 (調教助手)
ダートの活躍イメージが強いが、期間中の重賞勝ちもある。
狙うならオリンピックイヤー(偶数年)の重賞かも?ここまでは圧倒的に牡馬優勢。

・武井亮 (調教助手)
JRA重賞勝ちは無いが、全日本2歳優駿は勝っているようにスピードタイプの馬には実績あり。
長い距離を狙うよりもマイルのスペシャリストなら、今後量産しても不思議ではない

・手塚貴久 (調教助手・競馬関係者2世)
父は宇都宮競馬の元騎手・元調教師。
旬が短めにしても、朝日杯FS2勝に桜花賞1勝。
重賞も3歳春のトライアル完全燃焼で良ければ検討してOK。
ディープインパクトに依存しない傾向もあり。競り合いの強さが美浦ではかなり上位。
負荷の掛け方がレースを勝つための最短距離を描きつつある。

・萩原清 (調教助手)
ダービートレーナー・海外遠征の経験もあるし、一瞬の充実度は蜂の一刺しとばかりに強烈。
メンタル面のジャッジは国枝先生と良い勝負。
良く言えば職人気質で、マスコミ受けするような話し方では無い。
カンペキで無い仕上がりもちゃんと話すほどで、POG向きかと言われるとやや割引。

・藤沢和雄 (調教助手)
2020-2021が定年前最後のフルシーズン。
夏季オリンピックイヤーにデビューする馬は、なぜか「ン」の付かない馬が重賞を勝ちやすい。
だが、4年に3回は「ン」の付く重賞勝馬を量産。
馬のメンタル面も重視する明伯楽だが、名前や血統背景が不自然な馬を人気ゆえに預かることも。

・堀宣行 (調教助手)
エルコンドルパサーの居た二ノ宮敬宇厩舎出身。
ダービーにはこだわらない番組選択だったが、2018年ごろから徐々にダービーも狙っていくようなチョイスが見られる。
ミスプロ、ロベルト、何でも来いの万能屋。
距離は2000m以下がベストでマイル以上が主戦場だが、2200m以上も強い馬を徐々に育ててきている。



POG情報をもっと収集する