みなさん、こんにちは
多幸@キシュランガイドです。
POG2021-2022シーズンも可能な限り
短信(レビュー)を行って振り返りをしたく思います。

それから、2022-2023シーズンに向けて
より戦略的な指名でPOGを楽しめるように、
ヒトの部分も定期的に観察し、策を練っていきます。

※2021年6月スタート、2022年の日本ダービー開催日までを期間とする、POGに参加する一個人の見解が記載されております。
未確定・未確認の事項もございますことを、あらかじめご承知おきください。



9月の2歳戦データ

今期から2歳戦の結果・データをPDFにてお配りいたします。

厩舎と騎手の勝ち星集計も公開していますので、ダウンロードして閲覧してください。

※二次製作の元データとしての使用はご遠慮ください。当方は一切の責任を持ちません。
※データはJRA-VANのTARGET frontier JVを使用して抽出しています

レース数
6月:29
7月:61(重賞1)
8月:68(重賞1)
9月:87(重賞2)
===============
合計:245(重賞4)


印象に残っているポイントのみ
重賞勝利
・札幌2歳ステークス(G3)
美浦・岩戸孝樹厩舎(木村哲也厩舎より一時転厩) ジオグリフ
道中のペースが結構引き締まっていたが、上がり最速の36.1を楽な手応えで出し、大外まくりで快勝。走破タイム以上に展開も向いてくれた。
岩戸孝樹厩舎としては久しぶりの2歳重賞制覇。木村哲也厩舎のくくりで考えても、ここは確勝級の相手だったし、デビュー戦の内容からしても重賞を一つ勝ったこと自体はなんら驚かない。
差しが決まる展開には滅法強いし、道中のペースがタイトになっても問題ないことが証明されたが、ゲート内でエキサイトするなど気性面でカッとなりやすい点が課題。
(そう言えば別の馬が放馬して、外ラチを超えて行ったよなぁ)
この点さえ自滅さえしなければ、マイルでは無い2000m以上のGIが狙いどころになってくるだろう。一応その方針らしいので、首尾よくホープフルSと弥生賞(またはスプリングS)、皐月賞の活躍を期待してみたい。

・小倉2歳ステークス(G3)
栗東・長谷川浩大厩舎 ナムラクレア
小雨が降る良馬場で走破タイム以上に中身の濃いレースだった。代打騎乗が父・ミッキーアイルの主戦騎手である浜中俊騎手だったのも大きくプラスに働いたと考える。
いずれ伸びて来るであろう予感を裏切って(?)、長谷川浩大厩舎が堂々の初重賞制覇。前半のハイラップも余裕で付いて行き、追い出しを我慢して大外を回す余裕がありながら、レースの上がり3Fを11.2-11.6-11.5の流れを最後までしっかり伸びていたのは大きな収穫。
1200mはもちろんの事、マイルまで距離が伸びても問題ないと勝手に思っている。貯めれば貯めただけ伸びるのも良いし、終いの1F=11.5だったのも秀逸。
ミッキーアイル産駒全体に言える「GIでも勝ち負けとなるか」については、この馬に関しては今後の成長次第でいよいよ突破する可能性も秘めている。


・伊藤圭三厩舎
ダートの鬼が月間&年間首位、JRA唯一の未勝利月ゼロ厩舎
月間4勝の最多勝利は伊藤圭三。昨シーズン以前から続くダートで4勝中3勝と、堅実に勝ち星を量産。
シーズン最初の1勝クラス特別戦となったヤマボウシ賞も、コンバスチョンで快勝。10月はダートの1勝クラスで更なる活躍を見せてくれるだろうか。
JRAの厩舎で21-22シーズン、未勝利月が無いのは伊藤圭三厩舎のみとなった。昨シーズンよりも混戦度合いが上がっており、各厩舎のエース級が出撃し始めるこれからが勝負どころだが、そう言ったレッドオーシャンとは殆ど関係なく安定した成績を残しているのは、獲得ポイントの少なさはさておいても「お見事」と言うしかない。


・武幸四郎厩舎
全国でも単独4位、関西1位へ躍り出る
18-19シーズンから9勝→10勝→10勝で、月間の勝利数も多くて2勝止まり。未勝利月は5~6カ月あり、昨シーズンも未勝利月が5ヶ月あったのが嘘のような急進ぶり。
札幌競馬場で圧倒的人気のドーブネで勝利すると、中山のダート・未勝利に中京の芝・新馬とPOG期間だけで合計3勝。これは開業後、初の快挙となった。
(2歳戦で2勝+3歳未勝利も合わせて3勝以上なら2度ありました)
特に芝では切れ味の鋭さに加えて、展開の読みも素晴らしく「満を持して追い出して」から馬の持ち味を存分に引き出したレースが目立った。
この勢いが10月以降も見られるか注目。


・友道康夫厩舎
月間3勝で、6月の出遅れを巻き返す
本来ならばもっと早くから上位を伺っても良かったほどだが、冬場を順調に使えた2歳馬が増えたからと言ってもPOG戦略を原点に戻すようなスタンスであることを再認識させてくれた。
シーズントータル&競走馬の一生を捉えると、重賞やGIを勝つような馬をわざわざ早期デビューさせる理由・メリットは薄めとって事も言えるだろう。
月間3勝で5位タイ迄上昇してきたが、9月は芝の1800mで1勝・2000mで2勝と、やはり2000m以上で持ち味が出やすい友道康夫厩舎らしい内容だった。


・田村康仁厩舎
3カ月勝利無しから月間3勝、やはり突騰ぶりは健在
15-16シーズンではメジャーエンブレムが大活躍した田村康仁厩舎。
18-19シーズンでもアネモネSをルガールカルムで制するなど、ノーザンファーム生産馬が1勝クラスの特別戦を勝ち上がる活躍を、忘れた頃に行っているのが特徴的。
牝馬だとホーリーエンブレム、ランズスルーイットが居るが、どちらも暫定版などで注目しないとジャッジしている。
そうなると18-19シーズンで葉牡丹賞をシークレットランで勝ったように、牡馬の活躍があるだろうか。
ゲート試験を受ける為に入厩して9月下旬に放牧に出されたスプレッドアウトと、ネイチャーセラピーが該当となる。
いつも活躍が突然やってくるのは取捨選択が悩ましいが、今期は育成手腕をこちらの気分など無視して存分に発揮してもらいたいものである。


【勝利数上位】
1位 9勝
伊藤圭三厩舎(9月4勝)

2位 8勝
岩戸孝樹厩舎(9月3勝)☆

3位タイ 6勝
武幸四郎厩舎(9月3勝)
手塚貴久厩舎

5位タイ 5勝
友道康夫厩舎(9月3勝)
藤原英昭厩舎(9月2勝)
杉山佳明厩舎(9月2勝)
清水久詞厩舎(9月1勝)
安田隆行厩舎

11位タイ 4勝
吉村圭司厩舎(9月2勝)
音無秀孝厩舎(9月2勝)
須貝尚介厩舎(9月1勝)
池上昌和厩舎(9月1勝)
武井亮厩舎(9月1勝)
栗田徹厩舎
清水英克厩舎

18位タイ 3勝
田村康仁厩舎(9月3勝)
斎藤誠厩舎(9月2勝)
田中博康厩舎(9月2勝)
国枝栄厩舎(9月2勝)
斉藤崇史厩舎(9月1勝)
加藤征弘厩舎(9月1勝)
矢作芳人厩舎(9月1勝)
林徹厩舎(9月1勝)
松永幹夫厩舎(9月1勝)
中内田充厩舎(9月1勝)☆
長谷川浩大厩舎(9月1勝)☆
奥村武厩舎
黒岩陽一厩舎
大橋勇樹厩舎☆
宮田敬介厩舎